マーチングバンドと肩こりと腰痛と呼吸との関係

6月 10, 2016


さ~て、今回ご紹介する症例は、

マーチングバンド部に入っていて、
部活の練習後に肩こりと腰痛で
お母さんに揉んでもらっている

女子高生が診察でお見えになる内容です。
気になっているあなたは是非読んでくださいね!

マーチングバンド

こんにちは。

「家庭の医学 in 久留米」を運営している
トータルケア太陽(福岡県久留米市)
心身療法士の中尾和人です。

さて、今回の「家庭の医学 in 久留米」
「マーチングと肩こりと腰痛と呼吸との関係」
というテーマでお届けいたしますね。

肩こりと腰痛があり、当院を受診された
【10代女性(佐賀県みやま市在住】
との問診でのやり取りです。

同じようにマーチングバンドや吹奏楽部を
やっている方が感じている悩みに対して
お役に立てるのではないか思います。

私が診た!
【肩こりと腰痛が出ている理由について】

問診自分

私:
「こんにちは。今日はどうしましたか?」

マーチングバンド部の女子高生と母親が目を合わせて

マーチングバンド部の女子高生の母親:
「うちの子が背中とか腰が痛いって言うんですよ。」

私:
「どこが?どんな時に痛いんですか?」

マーチングバンド部の女子高生の母親:
「腰とか背中とかここら辺が痛いっていうんです。」

私:
「どうすると痛いですか?」

マーチングバンド部の女子高生:
「いや~何もしていな・・・」

マーチングバンド部の女子高生の母親:
「あんた、部活から帰ってきてから、

いつもお母さんに揉んでっていうやんね~。」

マーチングバンド部の女子高生が母親の肩を叩く

私:
「揉んでもらっているんですか?」

マーチングバンド部の女子高生が
恥ずかしそうに黙って、コクリっと頭を下げて

私:
「ということは、部活の後に痛くなるってことですね。」

マーチングバンド部の女子高生の母親:
「はい。部活の後によく腰とか背中が痛いって言っています。」

私:
「大体、部活は何をしているんですか?」

マーチングバンド部の女子高生:
「マーチ・・・」

マーチングバンド部の女子高生の母親:
「マーチングバンドです。」

マーチングバンド部の女子高生が母親を見て・・・

マーチングバンド部の女子高生の母親:
「あっ?ごめん。お母さんがしゃべってから…」

私:
「マーチングバンドで何を担当してますか?」

マーチングバンド部の女子高生:
「トランペットです。」

私:
「うわ~かっこいいですね~。楽しいでしょうね。

うん。もうなんとなくわかりました。」

マーチングバンド部の女子高生の母親:
「えっ!?何かわかったんですか?」

また二人で目を合わせて、???
その後、練習時間などを詳しく聞きました。

私:
「さて、両手を横に開いて水平に挙げてみてください。」

ちょっとつらそうな顔をして・・・

私:
「肩がきついでしょう?

その辛さを覚えておいてくださいね。」

マーチングバンド部の女子高生も母親も
なんだか不思議そうな顔しています。

私:
「では、仰向けに寝て下さい。」

(触診中)

私:
「はい。息を大きく吸って~吐いて~吸って~吐いて~

はい。いいですよ~。楽にして~。やっぱりね。」

マーチングバンド部の女子高生の母親:
「娘はどこが悪いんですか?」

私:
「呼吸に問題があるようですね。」

マーチングバンド部の女子高生の母親:
「呼吸ですか?」

私:
「そうです。息苦しいでしょう?」

マーチングバンド部の女子高生:
「う~ん、そうでもないですけど…。」

私:
「あらそう?自覚していないみたいね。

じゃあちょっと呼吸が楽になるようにしてみるね。」

(施術中)

私:
「また息を大きく吸って~」

マーチングバンド部の女子高生の母親:
「あ~~~~~~。」

マーチングバンド部の女子高生(笑)

私:
「ねっ?さっきと全然違うでしょ?」

マーチングバンド部の女子高生:
「はい。えらい息がし易くなりました。」

という患者様と私との問診のやり取りの一部です。

このマーチングバンド部に所属する女子高生の
肩こりと腰痛は呼吸に問題があるからでした。

なぜ?呼吸かというと、

トランペットは音を出す時に
独特の口で息を出す吹き方をします。

この吹き方は相当に呼吸筋と首の所の筋肉を
使いますが、練習量も多いし、元々の持っている
肺活量や口の形などで筋肉の負担が変わります。

この吹き方の呼吸が上手だと、音が突き抜けたり
長く伸ばせたりといった比較的に演奏が
上手くなりやすいのは間違いありません。

逆に吹き方の呼吸がうまくないと、無理やり
息を押し出さなければいけなくなって
背中を丸めて、音を出すようになります。

そうやって音を出す時に背中を丸める癖が
ついてしまうと、どんどん呼吸が浅くなって
どんどん音が出しづらくなって、ますます
息を絞り出さなければいけなくなります。

そうして、呼吸は苦しくなり、
音も出しづらくなり、背中は猫背になるので
首、肩や腰まで痛みが出始めるわけです。

このようなメカニズムは意外と
教えてくれませんが非常に大事な事です。

肩こりや腰痛だけでなく、演奏にも
影響が出ていると薄々感じていた彼女は
とても喜んでいました。

肩こりや腰が痛いというのは症状であり
確かに苦しみや苦痛を伴うものですが、
このことで彼女自身にも呼吸に問題が
あるという大きな気付きがありました。

彼女の悩み、いや悩みではなく
望みは演奏がうまくなりたいことだったのです。

ちなみに彼女は両腕を水平に挙げた時の
辛さはこの呼吸筋が腕を挙げるのを邪魔していた
ためでしたので、施術後には楽に挙げれました。

つまり、
彼女の呼吸の調子は、それで自分で図れます。

体操は胸を開くという体操を指導しました。

さて、今回の「家庭の医学 in 久留米」
「マーチングと肩こりと腰痛と呼吸との関係」
というテーマでお届けいたしました。

マーチングバンドや吹奏楽、歌手などは呼吸が大事です。

この記事を読んで自分も呼吸に問題が?と感じたら
まずは鏡をみて、猫背になっていないか?
チェックしてみてくださいね。

猫背の場合や呼吸に問題があるかも?と思うなら
是非、痛みの原因発見と解決の当院へご連絡下さい。

予約先

当院は、カイロプラクティック、整体、カウンセリングなどを
融合させた徹底的に解剖学に基づいた独自の施術態勢を取って
おります。

福岡県久留米市・筑後・八女・佐賀県鳥栖市にお住まいの方で
病院でも治らず、いい整体・カイロプラクティックをお探しの方、
当院はその枠に留まらずにあなたの健康を支える方法を
アドバイスしております。

4万人の臨床経験をありますので、
安心してあなたのお悩みをお聞かせ下さい。