腱板断裂(肩の筋肉が切れた)の後が重要!

5月 11, 2018


さ~て、今回ご紹介する症例は、

病院で腱板断裂と診断を受けて
病院での治療に疑問を感じている女性

が診察でお見えになる内容です。
気になっているあなたは是非読んでくださいね!

腱板断裂

こんにちは。

「家庭の医学 in 久留米」を運営している
トータルケア太陽(福岡県久留米市)
心身療法士の中尾和人です。

さて、今回の「家庭の医学 in 久留米」
「腱板断裂(肩の筋肉が切れた)の後が重要!」
というテーマでお届けいたしますね。

腱板断裂と診断を受けた
【80代女性(筑後市在住】の方
との問診でのやり取りです。

同じように腱板断裂でお悩み方に
お役に立てるのではないか思います。

私が診た!
【腱板断裂後の治療で大事な事】

※この女性は一度、当院を受診されています。
その際に、筋肉が切れているかもしれないから
病院に検査に行ってもらった後の話です。

私:
「こんにちは。どうでした?」

腱板断裂の患者様:
「はい、病院行ってきました。」

私:
「腱板かどこか切れてました?」

腱板断裂の患者様:
「エコーで見たら、切れてるそうです。」

私:
「ありゃりゃ…いかんですね。」

腱板断裂の患者様:
「それがですね。痛み止めやヒアルロン酸の注射を
してもらったんですけど、あれはしてもいいですかね~?」

私:
「よくなったなら、いいと思いますけど…。」

腱板断裂の患者様:
「病院でも聞かれたんですけど、

全然、変わらないので止めたんですよ。」

私:
「効いていないなら止めていいと思いますよ。

他には何かしてもらってないんですか?」

腱板断裂の患者様:
「リハビリで離れた所から電気を当ててますけど

こんなので本当に治るのかな?と思ってますよ。」

私:
「あ~。あれは意味がないに近いですもんね。」

腱板断裂の患者様:
「あ~やっぱりそうですか~。

110円の通りにしているという感じですかね。」

私:
「・・・。他には何か教えてもらったりは?」

腱板断裂の患者様:
「こんな運動をしなさいって言われました。」

腱板強化運動


「腱板強化運動ですね。
手術に関しては何か言われました?」

腱板断裂の患者様:
「はい。私の場合は年齢が年齢だし、他の筋肉で

なんとかカバーしていけるようになるみたいだし
私も手術はちょっとですね~。」

私:
「なるほど大体、そんな感じですかね?」

腱板断裂の患者様:
「どうしたらいいですかね?」

私:
「では、今の状態を確認していきましょうか?」

(触診検査中)

私:
「腕が挙がらないのはまあまあとしてですね。

こんな風に仰向けで寝ていて、私が動かして
万歳できないということは、少し問題なんですよ。」

腱板断裂の患者様:
「え~?本当ですか?」

私:
「腕を挙げようとしても挙がらないから
洗濯物を干す時とか、お一人だから大変ですよ。」

腱板断裂の患者様:
「あ~すでにもう大変なんですよ。」

私:
「そうでしょうね。
今は痛いからあんまり動かしていないですよね?」

腱板断裂の患者様:
「はい。あんまり動かさないようにって言われましたから。」

私:
「初めはそうなんですが、痛みが出てから

今はもう2ヶ月くらいなりますよね?」

腱板断裂の患者様:
「はい。そうですね。それくらいなります。」

私:
「だったら、動かしていかないと関節が固くなって

ますます腕を挙げる事が難しくなってきます。
腕を挙げる筋肉がますます弱くなりますからね。
こんな風になっていきますよ。」

腱板断裂後腕が挙がらない

腱板断裂の患者様:
「あら~それは困ります。」

私:
「でしょ?だから、肩が固くならないように

段階を踏みながら、今からやっていく必要のある
体操を教えますからやっていきませんか?」

腱板断裂の患者様:
「はい。ぜひ!お願いします。」

私:
「こんな体操をまずしてください。」

私:
「これがある程度、できるようになったら

次にやるべきことを教えていきますからね。」

腱板断裂の患者様:
「わかりました。やってみます!」

と、ここまでが、患者様と私との問診のやり取りです。

腱板断裂後の患者様にはよくあることです。

挙がらなくなるから反対の腕ばかりを使って
反対の肩や腕が痛くなる悪循環に陥ります。

同じようなご経験でお悩みなら早めの対処を!
是非、痛みの原因発見と解決の当院へご連絡下さい。

予約先

当院は、病院では治らない症状でお悩みのたくさんの方にご来院いただいております。身体の構造を解剖的観点から論理的にアプローチするのはもちろん、心が身体に及ぼしているものをセッションを通して、または栄養面から診たりと、その方にあったトータルケアをあらゆる方面から探り、健康へのアドバイスを行っております。もっと言うなら人生を生きる喜びを思い出して欲しいとそう思っております。

福岡県久留米市・筑後・八女・佐賀県鳥栖市にお住まいの方、東京都を初め関東近隣にお住いの方で病院でも治らず、もしくは病院に相談する内容でもないようなことでお困りの方は、4万人を超える臨床経験がありますので、安心してあなたのお悩みをお聞かせ下さい。

なお、電話、メール、コメントでの症状に関するご相談には応じておりませんので、ご理解のほどをよろしくお願い致します。

あなたと出会い、笑顔を取り戻してくださる日を心より楽しみにしております。