大阪施術バナー

大阪施術バナー

腕が上がらないのは、肩の関節の隙間の問題です。

6月 10, 2016


さ~て、今回ご紹介する症例は、

両腕が上がらなくなって、仕事ができないし
生活に困ってしまった久留米市在住の50代男性

が診察でお見えになる内容です。

気になっているあなたは是非読んでくださいね!

腕が上がらない

こんにちは。

「家庭の医学 in 久留米」を運営している
トータルケア太陽(福岡県久留米市)
心身療法士の中尾和人です。

さて、今回の「家庭の医学 in 久留米」
「腕が上がらない」
というテーマでお届けいたしますね。

同じように腕が上がらないでお困りの方の
お役に立てるのではないか思います。

福岡県久留米市の整体師が診た!
【腕が上がらない原因について】

腕が上がらない原因を探る私:
「こんにちは。今日はどうされましたか?」

腕が上がらない患者様:
「腕が上がらなくて、困っています。」

腕が上がらない原因を探る私:
「腕が上がらないって、どんな風に?」

腕が上がらない患者様:
「いや、本当にこんな感じで全く腕が上がらないんです。」

腕が上がらない原因を探る私:
「あらら?なんで腕が上がらなくなったんですか?」

腕が上がらない患者様:
「親戚の引っ越しの手伝いをしたんですけど
その時に結構重たいものを担いだりして
その時はよかったんですけど、次の日から
こんな感じで腕が上がらなくなってですね。」

腕が上がらない原因を探る私:
「なるほど、それだけ腕が上がらないだけでなく
全く腕を動かせていないみたいですけど、
ブチッとか音はしませんでしたか?」

腕が上がらない患者様:
「いや~音がしたかもしれません…。」

腕が上がらない原因を探る私:
「もし、音がしているのなら上腕二頭筋という
筋肉が切れているかもしれませんから
その場合は、残念ですが、病院に行って、
固定してもらうしかありません。

3週間くらいした後に、硬くなった関節筋肉を
動かして、腕が上がるようにリハビリをしないと
いけません。」

腕が上がらない患者様:
「腕が上がらないのを何とかできないですかね~?」

腕が上がらない原因を探る私:
「腕が上がらないと、辛いですもんね。」

腕が上がらない患者様:
「初めは左の腕が上がらない状態だったんです。
それをかばって、右腕ばかりで仕事していたら
両方の腕が上がらないようになったんです。」

腕が上がらない原因を探る私:
「仕事はなんですか?」

腕が上がらない患者様:
「自動車の整備をしています。叩く作業とか
かなり腕を使うことが多いんですよね。」

腕が上がらない原因を探る私:
「なるほどですね。わかりました。
ちょっと検査してみましょうかね?」

腕が上がらない患者様:
「はい。お願いします。」

検査中

腕が上がらない原因を探る私:
「右の腕の筋肉は切れていないと思いますので
腕が上がるようになると思います。」

腕が上がらない患者様:
「そうですか。よかった~。」

腕が上がらない原因を探る私:
「でも、左の腕はちょっと微妙ですね。」

腕が上がらない患者様:
「切れていますか?」

腕が上がらない原因を探る私:
「う~ん。断言はできませんけど」

腕が上がらない患者様:
「何で切れるんですかね?」

腕が上がらない原因を探る私:
「腕の筋肉が切れる原因は鎖骨と肩甲骨のところを
筋肉が通っているんですけど、そこの隙間が狭く
なっていて、動かす時に挟まって擦り切れるんです。」

腕が上がらない患者様:
「あ~狭くなっているって、病院で言われました。」

腕が上がらない原因を探る私:
「そうでしょうね。そうなっていますから。
腕が上がらないのも挟まっていたいからです。」

腕が上がらない患者様:
「そうなんですね。どうにかなりますか?」

腕が上がらない原因を探る私:
「どちらにしても、腕の関節の隙間が狭いと
また腕の筋肉が回復しても、同じように
痛みが出て、繰り返しますから、そこを
何とか隙間を広くしておく必要があります。」

腕が上がらない患者様:
「していただけますか?」

腕が上がらない原因を探る私:
「もちろんやってみます。」

腕が上がらない患者様:
「お願いします。」

施術中

腕が上がらない原因を探る私:
「よし!右腕はだいぶ隙間ができたみたいですね。
腕を上げたりして、腕を動かしてもらえますか?」

腕が上がらない患者様:
「あ~動く、腕が上がります。腕が上がります。」

腕が上がらない原因を探る私:
「お~かなり腕が上がるようになりましたね。左は?」

腕が上がらない患者様:
「左はまだ少し腕が上がらない感じですね。」

腕が上がらない原因を探る私:
「左は検査に一回行ってもらった方がいいですね。」

腕が上がらない患者様:
「レントゲンは撮ったんですけどね。」

腕が上がらない原因を探る私:
「いやもっと正確にMRIで診てもらってください。」

腕が上がらない患者様:
「わかりました。病院に行きます。」

と、ここまでが、患者様と私との問診のやり取りです。

この腕が上がらないという患者様は
この後に病院に行きましたが、肩の専門の
医師が不在だったために診断を聞けずに
二度目の来院をされました。

二回目にお見えになった際に、
ほぼ痛みなく腕が上がるようになりました。

腕が上がらない原因は、このように鎖骨と
肩甲骨の間が狭くなっていて、筋肉が挟まって
いるために腕が上がらなくなります。

上腕二頭筋腱炎という症状もありますが
今回は肩の関節の隙間の問題でした。

治療しているし、時間も経過しているのに
なかなか腕が上がらないというのは、
この隙間の問題である可能性があります。

もしそうなら、きっと腕が上がるように
なると思いますので、診せてみてください。

さて、今回の「家庭の医学 in 久留米」
「腕が上がらない」
というテーマでお届けいたしました。

同じように腕が上がらない方は、
同じようなことが原因かもしれませんよ!

同じようなご経験でお悩みのあなた!
是非、痛みの原因発見と解決の当院へご連絡下さい。

予約先

当院は、カイロプラクティック、整体、カウンセリングなどを
融合させた徹底的に解剖学に基づいた独自の施術態勢を取って
おります。

福岡県久留米市・筑後・八女・佐賀県鳥栖市にお住まいの方で
病院でも治らず、いい整体・カイロプラクティックをお探しの方、
当院はその枠に留まらずにあなたの健康を支える方法を
アドバイスしております。

4万人の臨床経験をありますので、
安心してあなたのお悩みをお聞かせ下さい。