大阪施術バナー

大阪施術バナー

自分が嫌いになって死にたいと思った人は一度読んでおいてほしい。

5月 11, 2018

さ~て、今回ご紹介する症例は、

自分がいるだけで

みんなが肩が痛くなる
その場の空気が重くなる

自分なんかいなくなればいいのに?

そう思って悩む20代男性

が診察でお見えになる内容です。

気になっているあなたは
是非読んでくださいね!

こんにちは。

「家庭の医学 in 久留米」
を運営している
福岡県久留米市と東京都中央区で
病院では治らない症状を改善しまくる
トータルケア太陽の中尾和人です。

さて、
今回の「家庭の医学 in 久留米」
「自分が嫌いの裏にある心理」
というテーマでお届けいたしますね。

同じように自分が嫌いで悩んでいる方の
お役に立てるのではないか思います。

【自分が嫌いになる理由】

私:
「こんにちは。どうしましたか?」

自分のことが嫌いな患者様:
「あ~なんか肩と首とか重たくて」

私:
「へえ~なんかしたんですか?」

自分のことが嫌いな患者様:
「いや~別にしてないんですけど」

私:
「動かして痛いんですか?」

自分のことが嫌いな患者様:
「そういうのじゃないんですけど」

私:
「じゃ、どうすると痛いですか?」

自分のことが嫌いな患者様:
「どうするとって言うかなんか
肩が痛いのって移るんですかね?」

私:
「えっ?移る?どういう意味?」

自分のことが嫌いな患者様:
「いや、あくびみたいに
肩とか首が痛いのって移るのかな?
って思ってですね。」

私:
「あ~なくはないけど何で?」

自分のことが嫌いな患者様:
「いや~僕が居るとみんな肩が痛い
って言い始めるんですよね~。
そしたら、やっぱりそうか~って
なってきて…。」

私:
「みんなって、誰が言うの?
最後はいつあったの?」

自分のことが嫌いな患者様:
「さっきドラモリに行ったんですけど
レジに近づいたら、レジの女の人が
急に肩が痛そうにして、首回したり
し始めたから、やっぱりか?って?」

私:
「他にはどんな場面でそう感じる?」

自分のことが嫌いな患者様:
「仕事で現場に移動する時に車に
三人で乗るんですけど、その時に
自分と乗ったら、肩とか首が痛え
って、言いだすんですよね~?」

私:
「それ聞いた?確認した?」

自分のことが嫌いな患者様:
「えっ?何をですか?」

私:
「いや、僕が居るから肩とか
首が痛いんですよね?って
確認をしたのって?」

自分のことが嫌いな患者様:
「いや聞いてないっすよ?」

私:
「なんで聞かないの?」

自分のことが嫌いな患者様:
「何で聞かないの?って
そんなこと聞いたら
頭おかしい人じゃないですか?」

私:
「いや、僕からしたら自分がいるから
肩とか首が痛いとか言ってる人が
頭おかしいと思うんだけど?」

自分のことが嫌いな患者様:
「えっ?」

私:
「だって、確認してないんでしょ?」

自分のことが嫌いな患者様:
「あっ。はい…。」

私:
「じゃあなんで、レジの女の人が
自分が見た時に、首回してたら
自分が近づいたからなの?

たまたまかもしれないし、
いつも肩こりひどくて悩んでいる
かもしれないでしょ?」

自分のことが嫌いな患者様:
「あ~。まあ、確かに。」

私:
「職場の人だって、力仕事だから
肩とか首とか痛いかもしれないし

仕事行く前に仕事したくないから
出てくる口癖かもしれないし

話すことがないから
あ~肩が痛え~ってつぶやいてる
だけかもしれないでしょう?」

自分のことが嫌いな患者様:
「あ、まあそうかもしれないです。」

私:
「大体、自意識過剰過ぎ。
自分のこと嫌いなんでしょ?」

自分のことが嫌いな患者様:
「あっ、はい。そう思ってます。」

私:
「死にたいとか思ってるんでしょ?」

自分のことが嫌いな患者様:
「あっ、はあ~…。」

私:
「何でそうなった?いつから?」

自分のことが嫌いな患者様:
「ん~。なんで~???」

私:
「5年くらい前は
どんなやつだった?」

自分のことが嫌いな患者様:
「あ~何か自分。社会の仕組みとか
陰謀論みたいなやつにハマってて
そしたら、みんなバカばっかりで
世の中、おかしいんじゃないかって
思うようになって…。」

私:
「そしたら?」

自分のことが嫌いな患者様:
「なんか周りのこと見下す様になって
そういうのが積み重なってって
いつの間か周りに人が居なくなって」

私:
「居なくなって?」

自分のことが嫌いな患者様:
「こんな感じになってました。」

私:
「社会の仕組みを知った時に
どういうふうにしたいと思ったの?」

自分のことが嫌いな患者様:
「こんなおかしい世の中なんか
俺が変えてやるって思ってました。」

私:
「思ってましたって?」

自分のことが嫌いな患者様:
「今はそんな元気ないです。」

私:
「なんで良くしたかったの?」

自分のことが嫌いな患者様:
「おかしいのはダメですよ?
一部の人だけお金儲けて
税金を不当に払わされて」

私:
「彼女いるんだっけ?」

自分のことが嫌いな患者様:
「えっ?彼女?はい。います。」

私:
「周りに人がいないって
言ってたけど?いるじゃん?」

自分のことが嫌いな患者様:
「いや、まあ彼女は別に…。」

私:
「彼女は別にって?どういうこと?
遊びなの?セフレ?」

自分のことが嫌いな患者様:
「いや、そんなんじゃないですよ?
ちゃんと付き合ってますよ。」

私:
「えっ?彼女のこと好きなの?」

自分のことが嫌いな患者様:
「えっ?何でですか?」

私:
「いや彼女のこと好きなのか?って」

自分のことが嫌いな患者様:
「いや好きですよ。別に…。」

私:
「おお~いいね~?」

自分のことが嫌いな患者様:
「なんなんですか?」

私:
「いやいや、じゃあ自分のことは?」

自分のことが嫌いな患者様:
「自分のことはっ?て何ですか?」

私:
「いや、自分のことは好きかって?」

自分のことが嫌いな患者様:
「はあ?自分のことは好きかって?」

私:
「俺は俺のことが好きだ!って
言ってみて?」

自分のことが嫌いな患者様:
「ん?・・・・・・・。」

私:
「口にしてみて?」

自分のことが嫌いな患者様:
「ん?・・・・・。」

私:
「ほら?俺は俺のことが好きだって?」

自分のことが嫌いな患者様:
「ん?言えないです。」

私:
「ほお~言えない?なんで?」

自分のことが嫌いな患者様:
「言えないです。恥ずかしい。」

私:
「恥ずかしい?なるほど。
なんで自分のことが嫌いに
なったのかわかる?」

自分のことが嫌いな患者様:
「いや~…。わかりません。」

私:
「簡単だよ。
自分のことが好きだから」

自分のことが嫌いな患者様:
「えっ?・・・・・。」

・・・・・・

私:
「そうなんだよ。
自分のことが好きだから
自分のことが大好きだから
自分のことが好きすぎて
自分のことが嫌いになっちゃった
というわけ。」

自分のことが嫌いな患者様:
「ん?・・・・・・。」

私:
「思い出してみて?
世の中のことを知って
変えてやろうとしてた時
自分にしかこの世界を変える
ことはできないって?」

自分のことが嫌いな患者様:
「あ~思ってました…。」

私:
「もう自分にしかできないと
思って自信に満ち溢れていた。」

自分のことが嫌いな患者様:
「あ~そうです。
何でも来い!みたいな感じで
威張ってました。」

私:
「その頃、自分のことが
好きだったでしょう?」

自分のことが嫌いな患者様:
「あ~そうでしたね。確かに。」

私:
「おっ?きたね?
じゃあ、俺は俺のことが好きだ!
って言ってみて?」

自分のことが嫌いな患者様:
「えっ?言うんですか?」

私:
「そう言うの?早く!」

自分のことが嫌いな患者様:
「えっ?・・・・・。言えない。」

私:
「言えるよ!言って?」

自分のことが嫌いな患者様:
「いや、恥ずかしい。」

私:
「言って、俺は?」

自分のことが嫌いな患者様:
「えっ?俺は~・・・
俺は~俺のことが~好き!」

私:
「もう一回!」

自分のことが嫌いな患者様:
「俺は~俺のことが好き!」

私:
「もう一回!」

自分のことが嫌いな患者様:
「俺は俺のことが好き!」

私:
「もっと大きな声で!」

自分のことが嫌いな患者様:
「俺は俺のことが好きだ~!」

私:
「言えたやん?」

自分のことが嫌いな患者様:
「あ~言えた。
初め全然言える気がしなかった。
でも、言えた~。

そっか~俺は
俺のことが好きだった~。

好きだった~。」

私:
「そうやろ?肩の痛みは?」

自分のことが嫌いな患者様:
「いやなんかないです。
なんか全部スッキリしました。」

私:
「(笑)単純やね。」

と、ここまでが、患者様と
私との問診のやり取りです。

自分ことが嫌いになる理由は単純。

自分のことが好きだから。

もうこれだけ。

自分のことが好きなのに

理想の自分と認識している自分に
ズレがある場合に、自分が嫌いに
なる場合があります。

また理想の自分はこうなのに

親とか自分ではない周りの人から
色々と言われたことで、自分の
認識を作っていくとそうなります。

自分という認識は自分で作るもの

人から見られた言われた自分は
その言った人の見た自分のある
側面だけを捉えた ただの感想。

自分という認識を自分で持つ

人には左右されなくて結構。

自分が嫌いとか、死にたいとか
言ってる人はこの事を思いだして
欲しいな~と思う。

自分が好きだという感覚を
思い出すと、自分が如何に
愛されていたのかに気づく

理想の自分には
少しづつ歩んでいけばいい

誰と争うこともない

焦らず、ゆっくり着実に歩めばいい

なぜならば

自分だけの自分のための人生だから

最後に私は私のことが大好きだ!

って言ってみて?

内側から力が湧いてきますよ!

ちなみに、この彼は帰り際に
言って?とも言ってないのに

急に大きな声で

「俺は俺のことが好きだ~」

と、最後に叫んで帰りました。(笑)

さて、
今回の「家庭の医学 in 久留米」
「自分のことが嫌い」
というテーマでお届けいたしました。

同じようなご経験でお悩みのあなた!
病院では治らない症状に対する対応力
を徹底的に高めた当院へお越し下さい。

予約先

当院は、病院では治らない症状でお悩みのたくさんの方にご来院いただいております。身体の構造を解剖的観点から論理的にアプローチするのはもちろん、心が身体に及ぼしているものをセッションを通して、または栄養面から診たりと、その方にあったトータルケアをあらゆる方面から探り、健康へのアドバイスを行っております。もっと言うなら人生を生きる喜びを思い出して欲しいとそう思っております。

福岡県久留米市・筑後・八女・佐賀県鳥栖市にお住まいの方、東京都を初め関東近隣にお住いの方で病院でも治らず、もしくは病院に相談する内容でもないようなことでお困りの方は、4万人を超える臨床経験がありますので、安心してあなたのお悩みをお聞かせ下さい。

なお、電話、メール、コメントでの症状に関するご相談には応じておりませんので、ご理解のほどをよろしくお願い致します。

あなたと出会い、笑顔を取り戻してくださる日を心より楽しみにしております。