大阪施術バナー

大阪施術バナー

朝起きると腰が痛いのは寝相が原因だった?

5月 11, 2018


さ~て、今回ご紹介する症例は、

朝起きると腰が痛くて、起きてから動いていると
腰の痛みがなくなるけど、また朝に腰が痛くなる
という女性が診察でお見えになる内容です。

気になっているあなたは是非読んでくださいね!

朝起きると腰が痛い婦人

こんにちは。

「家庭の医学 in 久留米」を運営している
トータルケア太陽(福岡県久留米市)
心身療法士の中尾和人です。

さて、今回の「家庭の医学 in 久留米」
「朝起きると腰が痛いのは寝相が原因だった?」
というテーマでお届けいたしますね。

朝起きると腰に痛みがあって、当院を受診された
広川町在住30代女性との問診でのやり取りです。

同じように朝起きると腰に痛みを感じている方の
お役に立てるのではないか思います。

福岡県久留米市の整体師が診た!
【朝起きると腰が痛い理由について】

問診自分

福岡県久留米市の整体師:
「こんにちは。今日はどこが気になりますか?」

朝起きると腰が痛い患者様:
「腰が痛いんです。」

福岡県久留米市の整体師:
「どうすると腰が痛いですか?」

朝起きると腰が痛い患者様:
「どうすると痛いって、今は痛くないんですよ。
朝起きた時に腰が痛くて、起きるのが辛いんです。」

福岡県久留米市の整体師:
「なるほど、それは毎日ですか?」

朝起きると腰が痛い患者様:
「そうですね。大体、毎日朝起きると腰が痛いですね。」

福岡県久留米市の整体師:
「でっ朝起きて、ずっと痛いんですか?」

朝起きると腰が痛い患者様:
「いやずっとではなくて、動いていると昼くらいには
腰の痛みも無くなってくるという感じなんです。」

福岡県久留米市の整体師:
「動いていると腰の痛みは無くなってくるんですね~。
家ではどうやって寝ているんですか?ベット?床?」

朝起きると腰が痛い患者様:
「床ですね。」

福岡県久留米市の整体師:
「寝る時はどんな恰好ですか?」

朝起きると腰が痛い患者様:
「私は仰向けでは寝れないので、大体横向きで寝ます。」

福岡県久留米市の整体師:
「横向き?どんな格好ですか?診せて下さい。」

朝起きると腰が痛い患者様:
「こんな感じですけど・・・。」

福岡県久留米市の整体師:
「えっ?脚はそんな風に伸ばして寝ているんですか?」

朝起きると腰が痛い患者様:
「はい。昔からこうやって寝ています。」

福岡県久留米市の整体師:
「あ~それは腰が痛くなりますね~。」

朝起きると腰が痛い患者様:
「えっ?この寝方が原因ですか?」

福岡県久留米市の整体師:
「おそらくそうなると思います。
僕がそうやって寝ますから、腰の筋肉を触って下さい。
ぼら?ここの筋肉?」

朝起きると腰が痛い患者様:
「あ~張ったみたいになってますね~。」

福岡県久留米市の整体師:
「じゃあ膝を曲げますよ~。触って~。」

朝起きると腰が痛い患者様:
「あら、張りが無くなった?」

福岡県久留米市の整体師:
「ね?寝ている間に、こうやってその筋肉を
使い続けているから、朝起きると腰が痛いんです。
確かにずっとこの恰好ではないけど、寝相の好みって
かなりしつこい癖みたいなものですからね。」

朝起きると腰が痛い患者様:
「そうなんだ。それで朝起きると腰が痛いんだ~。」

福岡県久留米市の整体師:
「だから膝を曲げて寝てみて下さい。」

朝起きると腰が痛い患者様:
「はい。わかりました。」

と、ここまでが、患者様と私との問診のやり取りです。

朝起きると腰が痛いという方は、
妙な寝相の癖を持っている事がよくあります。

自分では普通と思っている寝相が
人からしたらおかしなこととは思いもしない事でしょう?

でも、その寝相が原因だとしたら
早めにその癖を見つけて、対応した方が楽になりますよ。

さて、今回の「家庭の医学 in 久留米」
「朝起きると腰が痛いのは寝相が原因だった?」
というテーマでお届けいたしました。

同じように朝起きると腰が痛いと感じている方は
寝相が原因なのかもしれませんよ。

同じようなご経験でお悩みのあなた!
是非、痛みの原因発見と解決の当院へご連絡下さい。

予約先

当院は、病院では治らない症状でお悩みのたくさんの方にご来院いただいております。身体の構造を解剖的観点から論理的にアプローチするのはもちろん、心が身体に及ぼしているものをセッションを通して、または栄養面から診たりと、その方にあったトータルケアをあらゆる方面から探り、健康へのアドバイスを行っております。もっと言うなら人生を生きる喜びを思い出して欲しいとそう思っております。

福岡県久留米市・筑後・八女・佐賀県鳥栖市にお住まいの方、東京都を初め関東近隣にお住いの方で病院でも治らず、もしくは病院に相談する内容でもないようなことでお困りの方は、4万人を超える臨床経験がありますので、安心してあなたのお悩みをお聞かせ下さい。

なお、電話、メール、コメントでの症状に関するご相談には応じておりませんので、ご理解のほどをよろしくお願い致します。

あなたと出会い、笑顔を取り戻してくださる日を心より楽しみにしております。