人が初めてトラウマを経験するのは?

6月 10, 2016


こんにちは。

「家庭の医学 in 久留米」を運営している
トータルケア太陽(福岡県久留米市)
心身療法士の中尾和人です。

さて、今回の「家庭の医学 in 久留米」
「人が初めてトラウマを経験するのは?」
というテーマでお届けいたしますね。

妊娠中のお腹

健康というのは永遠のテーマ。

より健康になりたいと願う人は、
普通は見逃されている、より深く層にあり、
違った観点に原因があることに気付き始めています。

検査や問診では見逃されているものがあります。

それはトラウマです。

そのトラウマが病気と健康を
二分する鍵になっていることをご存知でしょうか?

生命力がブロックされると、呼吸が全身に巡らずに
健康状態を全体的に低下させてしまいます。

その主な原因がトラウマです。

トラウマとはここでは、
過去に経験した物理的・心理的な損傷を言います。

多くの人にとって、最初に経験するトラウマは
産まれてくる時、つまり出生時に経験します。

出産は複雑極まる自然の営みそのものです。

胎児は産道を通過してくる時に、頭をぎゅうっと
圧迫されて、ねじれ、つぶれたようになります。

出産時のトラウマ
画像:妊娠初期症状より

そして、産声をきっかけにして、小さく縮んだ
姿勢か緩み、全身の骨組がリセットされます。

普通に産まれてきても、相当な圧力を受けて
生まれてくるのに、頭を吸引されたり、鉗子分娩
頭が挟まってしまったりしている場合には
ほぼ何らかのトラウマを経験しています。

先日も早産しそうだったので、寝たまま過ごして
無事に生まれてきたという方の頭を触った時に
頭が両サイドから押されたようになっていて
山のような形の頭をしている事に気付きました。

この方は首猫背で首に後ろに常に張りを感じていて
首だけの問題ではなく、出産時のトラウマが影響を
しているということに気付きました。

簡単にいうと、流産しそうだったのを子宮を縛り
子供が流れないようにしていたようなんです。

その時に頭が挟まったままになっていた
その形状が今まで残っていました。

そのトラウマが原因で、常に頭を押さえられている
ような状態になってしまって、首猫背になって
首の張りの原因にもなっていたようです。

このように姿勢などに影響を与えるばかりではなく
トラウマは呼吸にも大きな影響を与えます。

呼吸は命をつなぐ鍵です。

多くの場合にトラウマを経験した時に
呼吸は正常なリズムを失ってしまいます。

トラウマを受けて、呼吸のリズムが狂うと
浅くて不規則な呼吸になり、子供においては
発達・発育に大きな影響を与える事になります。

子供は落ち着きのないものですが、
人の話を聞けない、異常な程に動き回る子供は
出生時の初めの呼吸を失敗したまま人生を
歩み始めてしまっている可能性が高いです。

だから、妊婦さんはしっかりと骨盤周辺など
きちんと診てもらう必要があります。

ズレているから悪いという話ではありません。

この場合は骨盤矯正と言うよりも、
骨盤周りの動きをよくすることが大事です。

お産をし易くするためにも気にしてみて下さい。

また、出産時にトラウマを受けた赤ちゃんの頭は
産まれてすぐは
ゼリーのように柔らかくて、簡単に
出生時のトラウマを取り除く事ができます。

その後の発達成長のためにもぜひ
トラウマを取り除いてあげて下さい。

トラウマは色々なものがありますが
今回の「家庭の医学 in 久留米」
「人が初めてトラウマを経験するのは? 」
というテーマで書いていきました。

少しでもお役にたてれば幸いです。

同じように出生時にトラウマがあるのでは?
ピンと来られたあなた!
是非、痛みの原因発見と解決の当院へご連絡下さい。

予約先

当院は、カイロプラクティック、整体、カウンセリングなどを
融合させた徹底的に解剖学に基づいた独自の施術態勢を取って
おります。

福岡県久留米市・筑後・八女・佐賀県鳥栖市にお住まいの方で
病院でも治らず、いい整体・カイロプラクティックをお探しの方、
当院はその枠に留まらずにあなたの健康を支える方法を
アドバイスしております。

4万人の臨床経験をありますので、
安心してあなたのお悩みをお聞かせ下さい。