肩の筋が痛いのを本当に治すためには?

4月 29, 2015


さ~て、今回ご紹介する症例は、

じっとしていても肩の筋が痛いという
太宰府市に在住の80代女性

が診察でお見えになる内容です。

気になっているあなたは是非読んでくださいね!

肩の筋が痛い

こんにちは。

「家庭の医学 in 久留米」を運営している
トータルケア太陽(福岡県久留米市)
心身療法士の中尾和人です。

さて、今回の「家庭の医学 in 久留米」
「肩の筋が痛い」
というテーマでお届けいたしますね。

同じように肩の筋が痛いという方の
お役に立てるのではないか思います。

福岡県久留米市の整体師が診た!
【肩の筋が痛い原因と治療法について】

肩の筋が痛みを診る私:
「こんにちは。今日はどんな風にありますか?」

肩の筋が痛い患者様:
「肩の筋が痛くてですね。」

肩の筋が痛みを診る私:
「肩の筋が痛いんですね。
例えばどんな時に肩の筋が痛いですか?」

肩の筋が痛い患者様:
「もうこうやってじっとしていても
肩の筋が痛いんです。」

肩の筋が痛みを診る私:
「じっとしていても、肩の筋が痛い?
病院には行ったんですか?」

肩の筋が痛い患者様:
「行きました。もう肩の筋が痛いから
診てもらったんです。」

肩の筋が痛みを診る私:
「じっとしていても、肩の筋が痛いと
言われていますが、肩に石はありませんでした?」

肩の筋が痛い患者様:
「肩に石ですか?何でしょうか?それは?」

肩の筋が痛みを診る私:
「肩のレントゲンは?」

肩の筋が痛い患者様:
「取りました。」

肩の筋が痛みを診る私:
「その時に肩に石があるとかは?」

肩の筋が痛い患者様:
「いえ、そんなことは言われていません。」

肩の筋が痛みを診る私:
「じっとしていても肩の筋が痛いけど
肩に石はないということですね。」

肩の筋が痛い患者様:
「あの~病院ではなるべく動かして
筋肉をつけなさいと言われて肩を動かす
運動なんかをしているんです。」

肩の筋が痛みを診る私:
「それをして肩の筋が痛いのは
どうなっていますか?いいですか?」

肩の筋が痛い患者様:
「それがちっともよくなくて、あまりに
肩の筋が痛いから、ペインクリニックという
ところで注射をしてもらったんです。」

肩の筋が痛みを診る私:
「そしたら肩の筋が痛いのはどうなりますか?」

肩の筋が痛い患者様:
「それがあまりすると、肩の筋を注射の針で傷つけて
しまうから注射が5回までしかできないみたいで…。」

肩の筋が痛みを診る私:
「そしたら、肩の筋が痛いのはどうするように…?」

肩の筋が痛い患者様:
「肩の筋のところにゴミが溜まっているから
それを掃除したら、少しは肩の筋の痛みは
楽になるだろうけど、私は手術ができない
みたいで、どうしたらいいのか…。」

肩の筋が痛みを診る私:
「なるほど、動かすと肩の筋が痛いんでしょうけど」
どれくらいまで肩は動かせるんですか?

肩の筋が痛い患者様:
「横はこれくらい、上はこれくらいですかね~。」

肩の筋が痛みを診る私:
「ていうか、かなり肩の筋が痛そうですね。
あんまり無理して動かさなくてもいいですよ。」

肩の筋が痛い患者様:
「でも、動かさないといけないと言われたものですから。」

肩の筋が痛みを診る私:
「ちょっと肩の筋のところを触ってもいいですか?」

肩の筋が痛い患者様:
「はい。いいですけど…。」

触診中

肩の筋が痛い患者様:
「いたた…。あいたた…。つぅ~。」

肩の筋が痛みを診る私:
「触っただけで肩の筋が痛いんですね~。」

肩の筋が痛い患者様:
「触られただけでも肩の筋は痛いですね。」

肩の筋が痛みを診る私:
「こう動かすと~肩の筋の痛みは~?」

肩の筋が痛い患者様:
「あ~痛い!肩の筋が痛いです。」

肩の筋が痛みを診る私:
「う~ん。この肩の筋の痛みは少し厄介ですね。」

肩の筋が痛い患者様:
「そうでしょう?こんなにも肩の筋が痛いですもの。」

肩の筋が痛みを診る私:
「いや~これ日によって肩の筋が痛い時と
肩の筋の痛みがないことはないにしても
軽くなったりする日がありませんか?」

肩の筋が痛い患者様:
「そうなんです。不思議と肩の筋がそんなに
痛くない日というのがあるんです。」

肩の筋が痛みを診る私:
「そうでしょう?この方の筋の痛みは一つは
肩のところの上腕二頭筋という筋肉が
溝から外れていることが原因です。

図を見ると、内側の方に溝があって
蓋がされていないのがわかるでしょう?」

上腕二頭筋

肩の筋が痛い患者様:
「あ~本当ですね。」

肩の筋が痛みを診る私:
「肩の筋が痛いのは、この溝から筋が外れて
しまっているからなんです。これが厄介なことに
溝にハマったり、外れたりしているんです。」

肩の筋が痛い患者様:
「あ~そんなことがあるんですね。」

肩の筋が痛みを診る私:
「そう、そして、もうひとつ肩の筋が痛い原因が
この外側の蓋がされている方の筋が無理やり
動かし続けているから、切れかかっているようです。」

肩の筋が痛い患者様:
「筋が切れかかっている?どうしてですか?」

肩の筋が痛みを診る私:
「だから肩の筋が痛いのに無理やり動かてるからです。」

肩の筋が痛い患者様:
「でも、病院では動かして
肩の筋肉をつけなさいって言われたから
痛いのを我慢して、動かしていたんですよ。」

肩の筋が痛みを診る私:
「でも、それでは全然、肩の筋が痛いのは
治らなかったんでしょう?」

肩の筋が痛い患者様:
「そうです。この通り、肩の筋は痛いままです。」

肩の筋が痛みを診る私:
「でしょう?だから私は逆を言います。」

肩の筋が痛い患者様:
「逆というと?どういうことですか?」

肩の筋が痛みを診る私:
「肩の筋が痛いのを治すために3週間は
こちらの腕を吊っておいてください。
要は動かすな!ということです。」

肩の筋が痛い患者様:
「3週間もですか?でも、動かさないと生活が?」

肩の筋が痛みを診る私:
「でも、切れかかっている筋が治る期間が必要です。」

肩の筋が痛い患者様:
「私は一人暮らしだからですね。」

肩の筋が痛みを診る私:
「じゃあ、なるべく使わないようにして下さい。」

肩の筋が痛い患者様:
「ああ~それならなんとか…。」

肩の筋が痛みを診る私:
「それから外れている筋を元に戻しておきます。
これはおそらく夜になると疼くので、冷やして
おいてください。一晩経つと疼きは取れます。」

肩の筋が痛い患者様:
「冷やしておけばいいんですね。わかりました。」

肩の筋が痛みを診る私:
「とにかく使わないことです。辛いでしょうけど。」

肩の筋が痛い患者様:
「はい。なるべくそうします。」

と、ここまでが、患者様と私との問診のやり取りです。

この肩の筋が痛い患者様は、動かすことが治る方法だと
教えられて、それを素直に実行していました。

ですが、肩の筋の痛みは実際には悪化するばかり。

できるだけ使わないようにして、過ごしてもらい
一週間後に再来院した際には、何もしていない状態での
肩の筋の痛みは無くなりました。

ただ夜に寝る時になると、肩の筋が痛いということを
訴えていました。

それは背中が丸くなっていて、寝た状態だと腕自体が
重力で下に持っていかれてしまうために、肩の筋が
伸ばされてしまうために、肩の筋に痛みが出ていました。

それを防ぐには、肩の筋が痛い方の腕の下に
毛布などを挟んで、腕自体が下がらないように
してあげることで肩の筋の痛みはなくなります。

そうやって色々と肩の筋に痛みが出ないようにして
回復する時間を作ってあげることがとても大切です。

肩の筋が痛いから筋肉不足とか、
動かせばいいとか単純なものではないのです。

3か月くらいしても、痛みが楽にならない場合は
それはその治療方法が間違っていると思った方が
いいのかもしれません。

さて、今回の「家庭の医学 in 久留米」
「肩の筋が痛い」
というテーマでお届けいたしました。

同じように肩の筋が痛いという方は
同じようなことが原因かもしれませんよ!

同じようなご経験でお悩みのあなた!
是非、痛みの原因発見と解決の当院へご連絡下さい。

予約先

当院は、カイロプラクティック、整体、カウンセリングなどを
融合させた徹底的に解剖学に基づいた独自の施術態勢を取って
おります。

福岡県久留米市・筑後・八女・佐賀県鳥栖市にお住まいの方で
病院でも治らず、いい整体・カイロプラクティックをお探しの方、
当院はその枠に留まらずにあなたの健康を支える方法を
アドバイスしております。

4万人の臨床経験をありますので、
安心してあなたのお悩みをお聞かせ下さい。