膝の外側が痛いのは、浮指が原因だった!?

6月 10, 2016


さ~て、今回ご紹介する症例は、

何もしていないけど、なぜか?段々と悪くなり
歩けないほどに膝の外側が痛いという
春日市在住70代女性

が診察でお見えになる内容です。

気になっているあなたは是非読んでくださいね!

膝の外側が痛い
こんにちは。

「家庭の医学 in 久留米」を運営している
トータルケア太陽(福岡県久留米市)
心身療法士の中尾和人です。

さて、今回の「家庭の医学 in 久留米」
「膝の外側が痛い」
というテーマでお届けいたしますね。

同じように膝の外側が痛いという方の
お役に立てるのではないか思います。

福岡県久留米市の整体師が診た!
【膝の外側が痛い原因と治療法について】

膝の外側の痛みを診る私:
「こんにちは。今日はどうされましたか?」

膝の外側が痛い患者様:
「膝の外側が痛いんです。」

膝の外側の痛みを診る私:
「膝の外側が痛いがですか?いつから?」

膝の外側が痛い患者様:
「こんな風に歩けないほどに
膝の外側が痛くなったのは
ここ一週間くらいなんです。」

膝の外側の痛みを診る私:
「膝の外側が痛いと感じたのは
どれくらい前なんですか?」

膝の外側が痛い患者様:
「それが膝の外側が痛くなったのが
いつというのがよくわからないんです。」

膝の外側の痛みを診る私:
「じゃあ膝の外側が痛くなるような
きっかけとか心当たりはありませんか?」

膝の外側が痛い患者様:
「それもないんです。ただ段々と
膝の外側が痛いと感じ始めたようですけど…。」

膝の外側の痛みを診る私:
「段々と膝の外側が痛いですね~。」

膝の外側が痛い患者様:
「それが右の膝が悪いから反対の膝が
悪くならないといいけどね~と心配は
していたんですけど、やっぱり…。」

膝の外側の痛みを診る私:
「そうですよね。かばいますからね。」

膝の外側が痛い患者様:
「そう出来るだけ気を付けてはいたのですけどね。」

膝の外側の痛みを診る私:
「何をしたわけでもなく、段々と膝の外側が痛い
とは言っても、膝の外側が痛くなったのは
何か原因があるはずですからね。」

膝の外側が痛い患者様:
「何が原因なんでしょうかね~?」

膝の外側の痛みを診る私:
「靴の中敷きはしていますか?」

膝の外側が痛い患者様:
「靴の中敷きなんてものはしていませんよ。」

膝の外側の痛みを診る私:
「どうすると膝の外側が痛いと感じますか?」

膝の外側が痛い患者様:
「歩くときはもちろん、膝を曲げると
耐えられないくらいに膝の外側が痛いです。」

膝の外側の痛みを診る私:
「どれくらいで膝の外側が痛いのか?
曲げてみてもらってもいいですか?」

膝の外側が痛い患者様:
「あ~これくらいですね。(90度)」

膝の外側の痛みを診る私:
「あ~結構、痛そうですね。
とりあえず、検査をしていきましょうね?」

膝の外側が痛い患者様:
「はい。お願いします。」

膝の外側の痛みを診る私:
「仰向けに寝てみて下さい。」

検査中

膝の外側の痛みを診る私:
「あの~この親指はなんか力を入れているんですか?」

膝の外側が痛い患者様:
「いえ、何にも力なんか入れてませんけど?」

膝の外側の痛みを診る私:
「親指を動かしてみてください。」

膝の外側が痛い患者様:
「親指をですか?こうですかね?」

膝の外側の痛みを診る私:
「あの~自分の親指を見て下さい。」

膝の外側が痛い患者様:
「何ですか?」

膝の外側の痛みを診る私:
「こんな感じで全然、動かせていないんです。」

膝の外側が痛い患者様:
「あら?本当ね?自分では気づかないわ~。」

膝の外側の痛みを診る私:
「これが膝の外側が痛い原因になっているようです。」

膝の外側が痛い患者様:
「どういうことでしょうか?
どうして膝の外側が痛いのと親指が?」

膝の外側の痛みを診る私:
「こんな風に足の指が浮いているということは
歩くときに親指側には体重が乗せられていません。

ということは足の外側ばかりに体重を
かけて歩いている状態になっています。

すると、ここの骨が上に押し上げられる
圧力が歩くたびにかかっているんです。

すると、じわじわとここの骨がズレて
結果、膝の外側が痛いということになったわけです。」

膝の外側が痛い患者様:
「あ~そういうことですか~?
自分では全然、気づけていないわ~。」

膝の外側の痛みを診る私私:
「大体、段々と膝の外側が痛いと言われていますけど
ここの部分が初めは痛かったはずですよ?」

膝の外側が痛い患者様:
「あ~そうそう、初めはそこが痛かったの!」

膝の外側の痛みを診る私:
「ほうら?ちゃんと前兆があるじゃないですか?」

膝の外側が痛い患者様:
「でも、そんなこと思いもしないもの。」

膝の外側の痛みを診る私:
「まあそういうことですから、調整しておきます。」

膝の外側が痛い患者様:
「はい。よろしくお願いします。」

と、ここまでが、患者様と私との問診のやり取りです。

この患者様の膝の外側が痛い原因は
足の親指が浮いてしまっていることでした。

膝の外側が痛い原因は色々とありますが
このように回りまわって、膝の外側に痛みが
出るということもあります。

今回のように浮足の場合には
この親指を動かしている神経を活性化させること

目で親指を見ながら、動かす訓練を
してもらい必要があります。

もちろん骨のズレを元に位置にしてから
というのは、言わずもがなですよ。

ちなみにこの膝の外側が痛い患者様は
完璧ではないですが、かなり一度目で
膝の外側の痛みは楽になりました。

さて、今回の「家庭の医学 in 久留米」
「膝の外側が痛い」
というテーマでお届けいたしました。

同じように膝の外側が痛い方は、
同じようなことが原因かもしれませんよ!

同じようなご経験でお悩みのあなた!
是非、痛みの原因発見と解決の当院へご連絡下さい。

 

予約先

当院は、カイロプラクティック、整体、カウンセリングなどを
融合させた徹底的に解剖学に基づいた独自の施術態勢を取って
おります。

福岡県久留米市・筑後・八女・佐賀県鳥栖市にお住まいの方で
病院でも治らず、いい整体・カイロプラクティックをお探しの方、
当院はその枠に留まらずにあなたの健康を支える方法を
アドバイスしております。

4万人の臨床経験をありますので、
安心してあなたのお悩みをお聞かせ下さい。