大阪施術バナー

大阪施術バナー

腱鞘炎の究極的な治し方とは?

5月 11, 2018


こんにちは。

「家庭の医学 in 久留米」を運営している
トータルケア太陽(福岡県久留米市)
心身療法士の中尾和人です。

さて、今回の「家庭の医学 in 久留米」
「腱鞘炎の究極的な治し方とは?」
というテーマでお届けいたしますね。

腱鞘炎

まずは全体像がわかるように見出しから

-----------------------
◆治りにくい腱鞘炎の究極的な治し方

◆腱鞘炎が治ってしまったこんな実例

◆腱鞘炎が治りにくい理由

----------------------

では、詳しく書いていきます。

-----------------------
◆治りにくい腱鞘炎の究極的な治し方
-----------------------

手を使う事が多い仕事をしている方

子供が小さくて抱っこ育児中のお母さん

そんなあなたは腱鞘炎になってしまった
という経験はありませんか?

腱鞘炎って、本当に治りにくいですよね?

人からあそこがいいよ、ここがいいよ
と耳にするものの、どこにいけばいいのか?
行っても、効果が実感できずに
痛いまま放置している事が多いようです。

さて、見出しにある
腱鞘炎の究極的な治し方とは何だと思いますか?

それは簡単です。

「手を使わない事です。」

当り前、馬鹿じゃないの?それでも治療家か?
という声が聞こえてきそうですが

残念ながら、これが本当の事なんですけど
これは実用的ではないんですよね。

これから
今の腱鞘炎の治療に対する疑問
2番目に有効な腱鞘炎の治療方法
について書いていきますね。

でも、腱鞘炎が手を使わない事が
如何に有効なのか?をまずは
知っていただきたいと思います。

-----------------------
◆腱鞘炎が治ってしまったこんな実例
-----------------------

ある方が長年、
腱鞘炎で悩まされていました。

色々な治療院を渡り歩いても
腱鞘炎からは解放されません。

ある時、がんになり
手術を受けて、しばらく入院していました。

それから、無事に退院して
仕事に復帰した時には
腱鞘炎が治っていたのです。

しかも、本人は腱鞘炎だった事を
忘れていて、同僚から腱鞘炎だった事を
聞かれて、そういえば…と思い出しました。

究極的に手を使わない状況になったから
腱鞘炎は治ったわけです。

-----------------------
◆腱鞘炎が治りにくい理由
-----------------------

この実例は病気したから休めただけで
仕事も休めないし、子供も待ってくれないから、
手を使わない状況なんて作れるわけないですね。

そうですよね?だから腱鞘炎は治りにくいんです。

腱鞘炎になっても、なったからと言っても
手を使わないで過ごす事なんて無理なんです。

だから腱鞘炎は治りにくいんです。

それなのに、
腱鞘炎を治療する方法があまりに陳腐で、
患者さんにいい顔するためなのか?
その時だけの良ければいいのか?

本当に情けないくらい腱鞘炎について
きちんと情報を伝えていないんですよね。

注射、薬、鍼、指圧、電気、湿布
なんかで治るとは思えないんです。

では、腱鞘炎は治療しなくていいのか?

そんなことはありません!!!

腱鞘炎になったからといって
手を使わずに生きていくことなんて
出来ないんですよね?

だから、腱鞘炎でも生きていける方法を
見つけるのが2番目に有効な治療法と思うんです。

手に負担をかけない身体の使い方を考えること

腱鞘炎になるのは、腱鞘炎になるような
身体の使い方に問題があるわけです。

痛くなるような身体の使い方の癖を直して
サポーターを使ったりして、なるべく
痛い所に負担をかけないようにして
腱鞘炎を徐々に回復させていけます。

薬や注射や湿布なんかで治るわけないんです。

身体の使い方が如何に大事かを
理解できるこんな話があります。

ある患者さんが
手首にサポーターを付けたら、
肩こりがひどくなってきた感じがする
と言われていました。

本人は手首をサポーターを付けて
動き方を変えただけで、こんなところに
影響するなんて思いもしなかったそうです。

私の指導を受けていたから
あ~これが言っていたやつなのか~
と、身体で体感したそうです。

体が繋がっていて、身体の使い方一つで
身体の至る所に影響し合っているいい例です。

腱鞘炎は本当に治りにくいです。

その一番の治療法は使わない事です。

でも、それが許されないから
腱鞘炎の手に負担をかけないように
考えて工夫するということが本当の治療法

自分の身体の使い方の癖は
自分ではなかなか気付けないから
サポートしてもらった方がいいでしょう?

そんな方はぜひ、当院にご相談下さい。

すぐには効果は出ませんが、
きっと結果的にはいい方向にいくはずです。

さて、今回の「家庭の医学 in 久留米」
「腱鞘炎の究極的な治し方とは?」
というテーマで書いていきました。

少しでもお役にたてれば幸いです。

同じような腱鞘炎の痛みでお悩みのあなた!
是非、痛みの原因発見と解決の当院へご連絡下さい。

予約先

当院は、病院では治らない症状でお悩みのたくさんの方にご来院いただいております。身体の構造を解剖的観点から論理的にアプローチするのはもちろん、心が身体に及ぼしているものをセッションを通して、または栄養面から診たりと、その方にあったトータルケアをあらゆる方面から探り、健康へのアドバイスを行っております。もっと言うなら人生を生きる喜びを思い出して欲しいとそう思っております。

福岡県久留米市・筑後・八女・佐賀県鳥栖市にお住まいの方、東京都を初め関東近隣にお住いの方で病院でも治らず、もしくは病院に相談する内容でもないようなことでお困りの方は、4万人を超える臨床経験がありますので、安心してあなたのお悩みをお聞かせ下さい。

なお、電話、メール、コメントでの症状に関するご相談には応じておりませんので、ご理解のほどをよろしくお願い致します。

あなたと出会い、笑顔を取り戻してくださる日を心より楽しみにしております。