腱鞘炎の治療のせいで悪化した原因とは?

5月 11, 2018


さ~て、今回ご紹介する症例は、

ある治療院で治療をしてもらい
手首の痛みがひどくなった女性

が診察でお見えになる内容です。
気になっているあなたは是非読んでくださいね!

腱鞘炎

こんにちは。

「家庭の医学 in 久留米」を運営している
トータルケア太陽(福岡県久留米市)
心身療法士の中尾和人です。

さて、今回の「家庭の医学 in 久留米」
「腱鞘炎の治療で悪化した原因とは?」
というテーマでお届けいたしますね。

腱鞘炎で、当院を受診された
【50代女性(八女市在住】
との問診でのやり取りです。

同じように腱鞘炎の痛みを感じている方の
お役に立てるのではないか思います。

私が診た!
【腱鞘炎が悪化した理由について】

問診自分

私:
「こんにちは。今日はどんなふうにありますか?」

腱鞘炎が悪化した患者様:
「腱鞘炎で手首がめちゃくちゃ痛いです。」

私:
「手首のどこですか?」

腱鞘炎が悪化した患者様:
「こっち(右)のここのところ。」

私:
「何時から、何で痛くなったんですか?」

腱鞘炎が悪化した患者様:
「もともと少し痛かったけど

近場に治療院があるけん、
そこに行ってきたんですけどね。」

私:
「はい。それでどうしたんですか?」

腱鞘炎が悪化した患者様:
「いや、そこで、ここが固くなっているから

ほぐしておきましょうね~とか言って
ぐりぐり揉まれたんですよ~。

そしたら~もう、えらい痛くなってから!!!」

私:
「それは~いかんですね~。」

腱鞘炎が悪化した患者様:
「やっぱりね~いかんやったとやろ~。

お灸してくれたり、鍼をしてくれたりして
終いには、試供品のお灸までくれたんですけど
もう私には来るな~と言いたかったんやろ~。」

私:
「ははは。いや~それはいかんやったですね~。」

腱鞘炎が悪化した患者様:
「笑い事じゃないですよ~もう!?」

私:
「そうですね。笑い事じゃないですよね。

あの~、揉まれた時に痛かったでしょうに?
なんでその時に痛いです。大丈夫ですか?
って聞かなかったんですか?」

腱鞘炎が悪化した患者様:
「えっ?

だって一応看板挙げて治療院開いてあるから
それなりに信用するじゃないですか?」

私:
「いやいや!?

看板挙げていたって、なかったって
痛かったら、疑問を感じた言わないと駄目ですよ。
結果、こんなにも腫れあがってから…」

腱鞘炎が悪化した患者様:
「えっ!?やっぱり腫れてます?」

私:
「そうですよ。腫れてるし、えらい熱持ってます。

大体、炎症があるところを揉むとかあり得ない。
絶対に揉んだりしたら駄目ですよ。」

腱鞘炎が悪化した患者様:
「あ~近場で済ませようと思ったのが悪かったな~。」

私:
「そうですね。一回連絡してくれればよかったのに…。」

腱鞘炎が悪化した患者様:
「しようと思ったんやけどね~。

めちゃくちゃ仕事が忙しくてですね~。
あ~もう・・・。」

私:
「とりあえず、炎症を取るようにしていきましょう!

今日痛みが取れるとかないですからね~。
もうこれは打ち身に近いですから・・・」

腱鞘炎が悪化した患者様:
「はい。わかりました~。」

と、ここまでが、患者様と私との問診のやり取りです。

この方は、腱鞘炎で手首が痛くなって、
近くの治療院に行かれて、そこで治療をしてもらって
手首が腫れあがるほどに腱鞘炎が悪化していました。

腱鞘炎は炎症があるわけです。
炎症があるという事は、揉んだりしたら駄目です。

ですから腱鞘炎の治療で揉んだら、絶対に駄目です。

触ってみて、熱があるようなら冷やす事が必要です。

仕事で使うなら、
固定するサポーターも必要になる事でしょう。

また仕事での手首や指の使い方も工夫が必要になります。

腱鞘炎は癖や仕事の内容によっては
非常に治りにくい場合があります。

でも、考えてみて下さい。

同じ事をしていても腱鞘炎に
なっていない人もいるはずです。

ということは、
何か腱鞘炎を起こしている原因があるはずです。

ですから
腱鞘炎を改善させる糸口はあるはずですよ。

長くなりましたが
とりあえず、腱鞘炎の治療でやってはいけない事

それは「揉む事」です。

同じようなご経験でお悩みのあなた!
是非、痛みの原因発見と解決の当院へご連絡下さい。

予約先

当院は、病院では治らない症状でお悩みのたくさんの方にご来院いただいております。身体の構造を解剖的観点から論理的にアプローチするのはもちろん、心が身体に及ぼしているものをセッションを通して、または栄養面から診たりと、その方にあったトータルケアをあらゆる方面から探り、健康へのアドバイスを行っております。もっと言うなら人生を生きる喜びを思い出して欲しいとそう思っております。

福岡県久留米市・筑後・八女・佐賀県鳥栖市にお住まいの方、東京都を初め関東近隣にお住いの方で病院でも治らず、もしくは病院に相談する内容でもないようなことでお困りの方は、4万人を超える臨床経験がありますので、安心してあなたのお悩みをお聞かせ下さい。

なお、電話、メール、コメントでの症状に関するご相談には応じておりませんので、ご理解のほどをよろしくお願い致します。

あなたと出会い、笑顔を取り戻してくださる日を心より楽しみにしております。