上を向くと腕が痛い原因はこんな感じかも?

さ~て、今回ご紹介する症例は、

首のヘルニアと言われて
昔から首や腕に痛みがあったのが
急にひどくなってしまって
上を向くと腕に痛みが出ているし
常に痛みがあって辛い50代男性

が診察でお見えになる内容です。

気になっているあなたは
是非読んでくださいね!

こんにちは。

「家庭の医学 in 久留米」
を運営している
福岡県久留米市と東京や大阪でも
病院では治らない症状を改善しまくる
トータルケア太陽の中尾和人です。

さて、
今回の「家庭の医学 in 久留米」
「上を向くと腕が痛い」
というテーマでお届けいたしますね。

同じように上を向くと腕が痛い方の
お役に立てるのではないか思います。

【上を向くと腕が痛い原因について】

私:
「こんにちは。
今日はどんな事でお悩みですか?」

上を向くと腕が痛い患者様:
「首から腕が痛いんです。」

私:
「どんな感じに痛みますか?」

上を向くと腕が痛い患者様:
「ヘルニアとか言うやつみたいで
上を向けないんですよ。」

私:
「上を向けないというと?」

上を向くと腕が痛い患者様:
「上を向くと腕がしびれる。」

私:
「どっちの腕が?」

上を向くと腕が痛い患者様:
「右腕。」

私:
「どこらへんが?」

上を向くと腕が痛い患者様:
「どこら辺って?腕全部。」

私:
「右左に顔を向ける事は?」

上を向くと腕が痛い患者様:
「顔は~左側は向けるけど
右向くとしびれてダメです。」

私:
「上を向くと腕が痛いのは
いつからそうなったんですか?」

上を向くと腕が痛い患者様:
「これは去年の初めくらいです。」

私:
「あ~結構長いですね。」

上を向くと腕が痛い患者様:
「そうなんです。
大体何年か前から3~4月には
痛くはなっていたんですよ。」

私:
「何年も前からですか?」

上を向くと腕が痛い患者様:
「そう。でも、こんなに痛くはないし
何にもしてない時は痛くなかったから
こんなにひどくなるとはね~。」

私:
「仕事はどうしてるんですか?」

上を向くと腕が痛い患者様:
「いや~なるべく上を向かないで
いいように人にやってもらったりして
なんとかやってますけどね。」

私:
「治療は何かしてますか?」

上を向くと腕が痛い患者様:
「知り合いに紹介してもらった処で
熊本の処に行ったり、大分の中津に
行ったりしたんですけね~。」

私:
「あんまりって感じですかね?」

上を向くと腕が痛い患者様:
「う~ん。痛いって言ったら
それ以上はしなくなったりするし
それ以上の進歩がなかったですね。」

私:
「薬とかは?」

上を向くと腕が痛い患者様:
「だから今は薬を飲んでます。
薬を飲んでしばらくは痛みはないけど
顔が浮腫んできたりしてるって
周りが言うもんだからね。」

私:
「なるほどですね。
あの~気になったんですけどね。
腰がだいぶ悪いみたいですけど
何でそんなに悪いままなんですか?」

上を向くと腕が痛い患者様:
「腰ですか?腰は悪いね~。
もうずっとこんな感じだから。
色々と行くけど、変わらないもんで
もうそのままにしてますよ。」

私:
「でも、その腰が悪さが影響をして
今回の上を向くと腕が痛いという
症状を作り出しているみたいなん
ですけどね~。」

上を向くと腕が痛い患者様:
「そうですか?」

私:
「首が悪いから?ヘルニアだから?
首の骨の2~3番が狭窄している?
そんなのはあんまり関係なくて」

上を向くと腕が痛い患者様:
「そうですか?」

私:
「神経が狭窄に弱いという説に
現代医学は囚われすぎていて
神経は狭窄ではなくて、引張りに
弱いというのが本当なんです。」

上を向くと腕が痛い患者様:
「はあ~。」

私:
「何が言いたいか?というと
腰の動きが悪いから首だけで
色々と見ようとするから使い過ぎて
そういう症状が出ているわけです。」

上を向くと腕が痛い患者様:
「ふ~ん。ようわからんけど…。」

私:
「右を見る時も腰から捻って
見た方が見やすいのに、腰は捻らず
首だけ右を向くとかしてるって
ことをやってるわけです。」

上を向くと腕が痛い患者様:
「あ~そうしてますね。楽だから。」

私:
「そういうのが悪いわけです。
だから首が痛いから首をいきなり
触っていくとかじゃないかもしれない
それでもいいですか?」

上を向くと腕が痛い患者様:
「それは治るなら何でもいいです。」

私:
「それから急に治るものでもないし
毎回首が上を向けるようになったか?
みたいな確認はしませんから。」

上を向くと腕が痛い患者様:
「ん?」

私:
「施術でこんなに向けるようになった
とか、そういう確認はしません。
上を向くのは自然となっていきます。
あ~そう言えばって感じで。」

上を向くと腕が痛い患者様:
「あ~それはいいですね~。」

私:
「だから自分でも上を向けるかな?
とか確認するのも止めて下さいね。」

上を向くと腕が痛い患者様:
「あ~わかりました。」

私:
「じゃあ詳しく診ていきますね。」

上を向くと腕が痛い患者様:
「はい。お願いします。」

と、ここまでが、患者様と
私との問診のやり取りです。

この上を向くと腕が痛いという症状

非常に厄介ですね。

首とか胸郭出口症候群とか
その近辺に原因を探るのも大切ですが
もっと土台から探るのもありでは?

私はそう思います。

背骨は全部で24個あります。

横から見ると

喉のところで前に出て
背中で後ろに出ていき
お腹のところで上に出る

図で見るとこんな感じに曲がっている

この曲がりが身体への負担を軽くして
いて、この背骨のそれぞれスムーズに
動けることが大切なことなんです。

この方のように長年大工仕事をして
腰の痛みが出ていて、腰を動かさない
ようにしていたり、使いづらい状態で
放っておくと、当然のように他の処に
その代償作用は起きるはずです。

下の骨盤がきちんと動きだせば
それに伴い、上半身も動きだす

そうして動いてなかった筋肉が
動きだしていくことで症状は
知らない間に消えていくもの

日常の動きの中で、生活の中で
自然に自然に整えていくのです。

私はそんな風に身体を診ています。

実際、その方が症状の改善率もいいし
予後もその方がいいものなのです。

上を向くと腕が痛いという方には
そういう診方もあるということを
ぜひとも知っておいてほしいと
私は思います。

さて、
今回の「家庭の医学 in 久留米」
「上を向くと腕が痛い」
というテーマでお届けいたしました。

同じようなご経験でお悩みのあなた!
病院では治らない症状に対する対応力
を徹底的に高めた当院へお越し下さい。

当院は、病気になってしまう脳の使い方、言葉の選び方を書き換える言語療法と、脳の周波数を変えるアースオブブレインセラピーと、健康になる身体作りとして、カイロプラクティック、整体、カウンセリングなどを融合させた病院では治らない症状の対応力を徹底的に高めた神心仁整体メソッドを独自に開発、技術向上を日々、図っております。

福岡県久留米市・筑後・八女・佐賀県鳥栖市にお住まいの方、東京都を初め関東近隣にお住いの方で病院でも治らず、お困りの方は4万人の臨床経験をありますので、安心してあなたのお悩みをお聞かせ下さい。