野球肘の原因となる筋肉とストレッチを教えます!

5月 11, 2018


さ~て、今回ご紹介する症例は、

選抜高校野球の真っ最中!
投球動作の時に肘と肩が痛い高校球児
が診察でお見えになる内容です。

気になっているあなたは是非読んでくださいね!

野球肘

こんにちは。

「家庭の医学 in 久留米」を運営している
トータルケア太陽(福岡県久留米市)
心身療法士の中尾和人です。

さて、今回の「家庭の医学 in 久留米」
「野球肘の原因となる筋肉とストレッチを教えます!」
というテーマでお届けいたしますね。

肘に痛みがあり、当院を受診された
八女市在住10代男性との問診でのやり取りです。

同じように肘に痛みを感じている方の
お役に立てるのではないか思います。

福岡県久留米市の整体師が診た!
【野球肘の原因となる筋肉とストレッチについて】

問診自分

私:
「こんにちは。どうしましたか?」

野球肘の患者様:
「肘と肩が痛くてですね。」

福岡県久留米市の整体師:
「肘と肩が痛い。どんな時に痛いですか?」

野球肘の患者様:
「投げる時に痛いです。」

福岡県久留米市の整体師:
「もっと投げる時にどう痛いか?詳しく教えて下さい。」

野球肘の患者様:
「振りかぶった時に肩が痛くて
投げる瞬間に肘が痛いです。」

福岡県久留米市の整体師:
「肩は大体見当がつきますね。
肘はどの部分に痛みがありますか?」

野球肘の患者様:
「ここです。」

野球肘の痛む場所

福岡県久留米市の整体師:
「ここですね。では、パーにして下さい。
一つ一つ指を押さえていきますから
痛い時は教えて下さいね。」

野球肘の患者様:
「あっ?この指の時に肘に痛みがきますね。」

福岡県久留米市の整体師:
「この指だとこの筋肉が影響しているようですね。」

野球肘の筋肉

福岡県久留米市の整体師:
「この筋肉をこんな風にストレッチしてあげると~?」

野球肘のストレッチ

野球肘の患者様:
「あ~全然違います。」

福岡県久留米市の整体師:
「これを準備体操と整理体操の両方でするように
すると痛みは楽になるでしょう。」

野球肘の患者様:
「あ~よかったです。ありがとうございます。」

と、ここまでが、患者様と私との問診のやり取りです。

この野球肘というのは、
基本的にストレッチ不足、ウォームアップ不足から
なってしまう事が多いようです。

野球肘だけではなく、ストレッチやっているようでも
きちんと出来ていない事も原因の一つのようです。

この野球肘に関係のある筋肉は、
ボールを掴む時に使う筋肉で、当然負担がかかります。

ですから、この筋肉をよくストレッチしてあげないと
最悪の場合は、内側側副靭帯を痛めてしまいます。

よく野球選手がこの手術をしたなんて聞きますよね。
そうなってしまうと一年から二年は復帰できません。

そうならないためにも日頃のストレッチが大事です。

このストレッチを押さえて下さいね。

・肘をきちんと伸ばしておくこと
・無理やり伸ばすのではなく、伸びを感じる事
・90秒ほど継続して行う事
・毎日運動前後には行う事

高校球児の夢である甲子園は連続に次ぐ連続の試合

故障なく、完全燃焼できるようにしてくださいね。

もちろんこの筋肉だけが野球肘の原因とは限りません。
この患者様の場合はこれで効き目がありましたことを
了承の上でストレッチはお試しください。

さて、今回の「家庭の医学 in 久留米」
「野球肘の原因となる筋肉とストレッチを教えます!」
というテーマでお届けいたしました。

同じように野球肘で痛みを感じている方は
この筋肉が原因なのかもしれませんよ。

同じようなご経験でお悩みのあなた!
是非、痛みの原因発見と解決の当院へご連絡下さい。

予約先

当院は、病院では治らない症状でお悩みのたくさんの方にご来院いただいております。身体の構造を解剖的観点から論理的にアプローチするのはもちろん、心が身体に及ぼしているものをセッションを通して、または栄養面から診たりと、その方にあったトータルケアをあらゆる方面から探り、健康へのアドバイスを行っております。もっと言うなら人生を生きる喜びを思い出して欲しいとそう思っております。

福岡県久留米市・筑後・八女・佐賀県鳥栖市にお住まいの方、東京都を初め関東近隣にお住いの方で病院でも治らず、もしくは病院に相談する内容でもないようなことでお困りの方は、4万人を超える臨床経験がありますので、安心してあなたのお悩みをお聞かせ下さい。

なお、電話、メール、コメントでの症状に関するご相談には応じておりませんので、ご理解のほどをよろしくお願い致します。

あなたと出会い、笑顔を取り戻してくださる日を心より楽しみにしております。