肘の外側の痛みが長く続いているのなら?

さ~て、今回ご紹介する症例は、

奥まで手が届きにくい場所の植木を
無理に腕を伸ばしたままの状態で
剪定をしていて肘の外側を痛めて
なかなか治らない平戸市60代男性

が診察でお見えになる内容です。

気になっているあなたは
是非読んでくださいね!

こんにちは。

「家庭の医学 in 久留米」
を運営している
福岡県久留米市と東京都や大阪府で
病院では治らない症状を改善しまくる
トータルケア太陽の中尾和人です。

さて、
今回の「家庭の医学 in 久留米」
「肘の外側の痛み」
というテーマでお届けいたしますね。

同じように肘の外側の痛みで
お困りの方には参考になると思います

【肘の外側の痛みの原因】

私:
「こんにちは。
今日はどんな事でお悩みですか?」

肘の外側が痛い患者様:
「右側の肘の外が痛くてですね。」

私:
「肘の外側ですか?」

肘の外側が痛い患者様:
「はい。ここら辺がですね?」

私:
「そこらへんですね。
どんな風に痛いんですか?」

肘の外側が痛い患者様:
「触るも、捻るのも痛いです。」

私:
「物を持った時は?」

肘の外側が痛い患者様:
「それもありますね。
何さま、捻ると痛いですね。」

私:
「何かしたとかあるんですか?」

肘の外側が痛い患者様:
「一応、病院には行きました。」

私:
「いや、そういうのじゃなくて
痛くなる前に何をしたとか?
心当たりはありませんか?」

肘の外側が痛い患者様:
「あっ、それはですね。
植え木の剪定をしたんですけど
その後から痛みが出たので…。」

私:
「どんな感じでしたんですか?」

肘の外側が痛い患者様:
「ヘッジトリマーってやつがあって
あの~バリカンみたいに刈るやつ?」

私:
「あ~はいはい。」

肘の外側が痛い患者様:
「それで手が届かないところを
無理やり腕を伸ばして刈り込んだのが
よくなかったんだろうと思います。」

私:
「どんな状態でやってたんですか?」

肘の外側が痛い患者様:
「んっ?こんな状態ですよ?」

私:
「あ~なるほど。わかりました。
なら、診てみましょうかね?」

肘の外側が痛い患者様:
「はい。お願いします。」

検査中

私:
「これは治りづらかったでしょうね。
というのも、骨が完全にズレてるし
筋肉がアンバランスすぎますね?」

肘の外側が痛い患者様:
「骨?筋肉?アンバランス?」

私:
「まず、骨なんですけどね。
こういう体勢でやってたんでしょ?
骨がこっちのほうに引っ張られて
そのままになっちゃってるんです。」

肘の外側が痛い患者様:
「あ~そうですか?」

私:
「触ってみて下さい。
こっちが出てるでしょ?ほら?」

肘の外側が痛い患者様:
「あっ?本当だ?えっ?」

私:
「まずはこれが一つ目の原因。
そして、さらにダメなのが筋肉
こっちの筋肉はこんなに張ってる
でも、裏の筋肉はテロンテロン。」

肘の外側が痛い患者様:
「あっ?本当だ?あれ?」

私:
「これ急になったんじゃなくて
もうなるべくしてなってるんです。
こんだけ筋肉がアンバランスだから
急にはなりませんからね?」

肘の外側が痛い患者様:
「気づかなかったな~?」

私:
「そりゃそうでしょ?
気づいてたらなってないもん。」

肘の外側が痛い患者様:
「そうですよね。(笑)」

私:
「骨のズレは僕が整えますから
筋肉トレーニングは自分でして
少しづつ状態は変わると思います。」

肘の外側が痛い患者様:
「はい。わかりました。」

と、ここまでが、患者様と
私との問診のやり取りです。

肘の外側の痛みは長引くことは
よくあることだと思います。

テニスとか野球とかバレーボール
スポーツとかでもよくありますね。

そんな肘の外側が痛い状態の場合
チェックするポイントがあります。

その前に、まずNGなのことを
お伝えしておかねばなりません。

よくしようと思って肘の押さえて
痛い部分を揉んで柔らかくすれば
いいという思い込みがNGです。

そこを揉んでもよくなりません。

反って悪影響です。

肘の外側が痛い時には、まずは
左右の手首を比べてみて下さい。

この部分ですね?

どうですか?どちらかが不自然に
出ていると感じられませんか?

もし、そうであるのなら
その骨を元に戻してあげて下さい。

やり方は戻すだけなんですけど
でも、初めはそれをしてくれる処に
行って習うのがいいと思います。

それからふたつ目です。

二の腕といえばわかるでしょうか?

この部分の力こぶが出来るところと
よく女性では振袖とか言われる部分
裏側のところを触ってみて下さい?

裏側が妙にテロンテロンになったり
してはいませんか?なってるのなら
それは肘の外側の痛みの原因です。

強化方法はこんな感じです。

肘の外側の痛みはこんな感じで
診ていくと意外と簡単に取れます。

よかったら、参考にして下さい。

さて、
今回の「家庭の医学 in 久留米」
「肘の外側の痛み」
というテーマでお届けいたしました。

同じようなご経験でお悩みのあなた!
病院では治らない症状に対する対応力
を徹底的に高めた当院へお越し下さい。

当院は、病院では治らない症状でお悩みのたくさんの方にご来院いただいております。身体の構造を解剖的観点から論理的にアプローチするのはもちろん、心が身体に及ぼしているものをセッションを通して、または栄養面から診たりと、その方にあったトータルケアをあらゆる方面から探り、健康へのアドバイスを行っております。もっと言うなら人生を生きる喜びを思い出して欲しいとそう思っております。

福岡県久留米市・筑後・八女・佐賀県鳥栖市にお住まいの方、東京都を初め関東近隣にお住いの方で病院でも治らず、もしくは病院に相談する内容でもないようなことでお困りの方は、4万人を超える臨床経験がありますので、安心してあなたのお悩みをお聞かせ下さい。

なお、電話、メール、コメントでの症状に関するご相談には応じておりませんので、ご理解のほどをよろしくお願い致します。

あなたと出会い、笑顔を取り戻してくださる日を心より楽しみにしております。