東京営業日バナー

東京営業日バナー

足の甲が腫れて痛いのを甘くみてはいけませんよ?

5月 11, 2018

さ~て、今回ご紹介する症例は、

履き慣れない靴で1時間くらい歩き
その後から足の甲が腫れてきて
歩くのも、じっとしていても痛みが
あるという50代女性

が診察でお見えになる内容です。

気になっているあなたは
是非読んでくださいね!

こんにちは。

「家庭の医学 in 久留米」
を運営している
福岡県久留米市と東京都中央区で
病院では治らない症状を改善しまくる
トータルケア太陽の中尾和人です。

さて、
今回の「家庭の医学 in 久留米」
「足の甲が腫れて痛い」
というテーマでお届けいたしますね。

同じように足の甲が腫れている方の
お役に立てるのではないか思います。

【足の甲が腫れて痛い時の対処法】

私:
「こんにちは。
今日はどんな事でお悩みですか?」

足の甲が腫れて痛い患者様:
「足の甲が痛くてですね。」

私:
「そうですよね。
相当、痛そうですもんね。」

足の甲が腫れて痛い患者様:
「はい。痛いです。」

私:
「何でそうなったとか?」

足の甲が腫れて痛い患者様:
「はい。ちょっと言い忘れたら
いけないのでメモしてきました。」

私:
「そうなんですね。
じゃあ、読みましょうか?」

足の甲が腫れて痛い患者様:
「メモなので自分にしか
わからないと思いますので
説明します。」

私:
「ああ~そうですか。はい。」

足の甲が腫れて痛い患者様:
「9月11日にちょっと出かける
用事がありましたので、普段は
スニーカーを履くのですが
その時は履き慣れない靴で
出かけたんです。」

私:
「履き慣れない靴ですね。」

足の甲が腫れて痛い患者様:
「はい。そしたらその後から
足の甲が痛くなってきたので
靴がいけなかったのかな?
と思って湿布を貼ってたら
治るかな?と思ってたんです。」

私:
「はい。そしたら?」

足の甲が腫れて痛い患者様:
「それが全然よくならなくて
足がつけないほど痛いものだから
これはいけないと思って整形外科に
行ってきたんです。」

私:
「はい。そしたら何て?」

足の甲が腫れて痛い患者様:
「いえ、レントゲンを撮ってから
骨には異常はないと言われて
安心したんですけど、一週間
経ってもよくならないから。」

私:
「骨に異常はないから
どうしろって言われたんですか?」

足の甲が腫れて痛い患者様:
「圧迫性筋膜炎?とか言われて
薬と湿布で様子を見てたら
大丈夫と簡単に言われたから
簡単に考えてましたけど…。」

私:
「簡単に考えていたけど
全然よくならないから
不安になって調べてから
受診されたわけですね?」

足の甲が腫れて痛い患者様:
「はい。10月には旅行とか
予定がたくさん入っていますし
とにかく早く治したいから」

私:
「そうですね。
どういう時が一番痛いですか?」

足の甲が腫れて痛い患者様:
「朝起きてすぐが一番痛いです。」

私:
「朝起きてが一番痛い?
どんな風に痛いですか?」

足の甲が腫れて痛い患者様:
「ズキズキする痛みですね。」

私:
「ズキズキとする?
それは足をついた時に感じる
痛みってことでいいですか?」

足の甲が腫れて痛い患者様:
「いえ、朝起きてすぐは
じっとしていてもズキズキと
痛みがあります。」

私:
「じっとしていても痛い…」

足の甲が腫れて痛い患者様:
「朝が一番痛みが強くて
昼とか夕方になると何とか
足をつけるというか
痛みが引いてくるというか…。」

私:
「ふ~ん。なるほど~。」

足の甲が腫れて痛い患者様:
「動いていると和らいでくるので
動けるんですけどね~。」

私:
「ふ~ん。心臓は悪いんですかね?
自分だけでなく、ご両親とかも
含めて心臓が悪い人は?」

足の甲が腫れて痛い患者様:
「えっ?母親が8月に心臓の方が
悪くて、緊急搬送されて絶対安静で
今、介護が必要な状態になって
実家まで通ってるんですけど…。」

私:
「あ~そうなんですね。」

足の甲が腫れて痛い患者様:
「左手首も虫に刺されてから
腫れ上がってから全然引かないし
何か母もああなるし、足の甲は
こんな風だし、何かいっぺんに
来た感じで…。」

私:
「まあ、とりあえず状態を
診てみてから説明をさせて
もらいますからいいですかね?」

足の甲が腫れて痛い患者様:
「はい。わかりました。」

検査中

私:
「あの~ブログはどんな記事を
読んできたんですかね?」

足の甲が腫れて痛い患者様:
「足の骨がズレているとかで
すぐに痛みが取れたみたいな…。」

私:
「そうなんですね~。残念ですが
これはそう簡単じゃないですね。」

足の甲が腫れて痛い患者様:
「そうですか?」

私:
「はい。もう完全に足の甲の処が
腫れている上に、熱がすごいです。
触ってもらっていいですか?
ここすごい熱いでしょう?」

足の甲が腫れて痛い患者様:
「あ~そうですね~。
湿布で冷やしてはいるんですけど?」

私:
「湿布は効いてないんでしょうね。
これ動かして痛みは?こうとか?」

足の甲が腫れて痛い患者様:
「あっ!?それは痛いです。」

私:
「あ~ごめんなさいね。
一回、私なりの見解を言います。」

足の甲が腫れて痛い患者様:
「はい。お願いします。」

私:
「足の甲の腫れがまずは引かないと
痛みは引かないと思います。」

足の甲が腫れて痛い患者様:
「そうなんですね。」

私:
「それが3週間位がかかるし
その間は何もしない事が必要です。
できれば松葉杖を借りてきても
いいくらいです。」

足の甲が腫れて痛い患者様:
「そんなにですか?」

私:
「そうですね。
こんなに腫れているのに
足をついて歩いていては
治るのも治りません。」

足の甲が腫れて痛い患者様:
「じゃあ、私、ヨガとかも
しているんですけど、それも?」

私:
「当然、ダメですよね。」

足の甲が腫れて痛い患者様:
「そうですか~。
歩いたり、ヨガしたり運動をして
いたのに、合わない靴を履いて
1時間歩いただけなのにですか?」

私:
「そうなんでしょうね。」

足の甲が腫れて痛い患者様:
「整形では筋膜炎だからと
簡単に言われたのに…。」

私:
「いや、それはそこの見解で
今、私は私の見解を言っただけで
それを選ぶのは自由ですから?」

足の甲が腫れて痛い患者様:
「そうですけど…。
27日からのシンガポールの旅行も
母の介護でキャンセルしたばかりで
10月も色々とあるのに…。」

私:
「そのまま放置というか、治療が
うまくいかないと腫れが引かない
どころか、骨が変形して足首が
動かなくなってくることもあるし
色々と影響が出てくるでしょうね。」

足の甲が腫れて痛い患者様:
「あ~そうですか~。」

私:
「一応、私はそういう見解を持って
ますので、一緒に治していくなら
これからやることについてお話を
していきます。」

足の甲が腫れて痛い患者様:
「はい。わかりました。
お願いします。」

と、ここまでが、患者様と
私との問診のやり取りです。

この足の甲の腫れて痛いという症状

合わない靴を履いた時だけでなく

スポーツとかで

妙に捻ったりした時とか

ぶつかったり、踏まれたりした時とか

そういう時にも症状は出ます。

先ほども触れた方に
この足の甲の腫れという症状が
悪化してしまうことがあります。

それを防ぐためには
まずは下記のようなポイントが
ないか?確認が必要です。

・足をつけないほどに
 足の甲に痛みがある事

・触ると他方に比べて
 熱く感じる足の甲が腫れている事

・骨が異常がないのに
 1週間以上も痛みが引かない事

簡単ですけど、
非常に重要な事になりますから
ぜひ足の甲の腫れがあって
痛みがある方は確認して下さい。

また同じように足の甲が腫れていても
むくみや痛風の場合は全く違うので
その点は注意が必要です。

さて、
今回の「家庭の医学 in 久留米」
「足の甲が腫れて痛みがある」
というテーマでお届けいたしました。

同じようなご経験でお悩みのあなた!
病院では治らない症状に対する対応力
を徹底的に高めた当院へお越し下さい。

予約先

当院は、病院では治らない症状でお悩みのたくさんの方にご来院いただいております。身体の構造を解剖的観点から論理的にアプローチするのはもちろん、心が身体に及ぼしているものをセッションを通して、または栄養面から診たりと、その方にあったトータルケアをあらゆる方面から探り、健康へのアドバイスを行っております。もっと言うなら人生を生きる喜びを思い出して欲しいとそう思っております。

福岡県久留米市・筑後・八女・佐賀県鳥栖市にお住まいの方、東京都を初め関東近隣にお住いの方で病院でも治らず、もしくは病院に相談する内容でもないようなことでお困りの方は、4万人を超える臨床経験がありますので、安心してあなたのお悩みをお聞かせ下さい。

なお、電話、メール、コメントでの症状に関するご相談には応じておりませんので、ご理解のほどをよろしくお願い致します。

あなたと出会い、笑顔を取り戻してくださる日を心より楽しみにしております。