大阪施術バナー

大阪施術バナー

自分を苦しめるだけの記憶なら消してしまえばいい!そしたら楽に生きれるかも?

5月 11, 2018

さ~て、今回ご紹介する症例は、

生理不順がひどく、卵巣まで腫れて
痛みで学校に行けなくなってきてる
4月から高校3年生になる女性

が診察でお見えになる内容です。

気になっているあなたは
是非読んでくださいね!

こんにちは。

「家庭の医学 in 久留米」
を運営している
福岡県久留米市と東京都中央区で
病院では治らない症状を改善しまくる
トータルケア太陽の中尾和人です。

さて、
今回の「家庭の医学 in 久留米」
「過去の記憶を消す」
というテーマでお届けいたしますね。

同じように過去の記憶に振り回されて
人生が生きるのが辛いという方の
お役に立てるのではないか思います。

【過去の記憶は消して素で生きる】

私:
「こんにちは。
今日はどんな風にありますか?」

過去の記憶を消して楽になる患者様:
「こんにちは。
一番は生理不順で困ってます。」

私:
「生理不順?」

過去の記憶を消して楽になる患者様:
「はい。なかなか定期的に来なくて
11月から来ていなくて、2月の後半
ようやくきたという感じなんです。」

私:
「へ?それはその時だけ?」

過去の記憶を消して楽になる患者様:
「いつもそんな感じなんです。」

私:
「それはちょっと不順ですね。」

過去の記憶を消して楽になる患者様:
「不順だけならまだしも
卵巣が腫れて来ているので
それがなんとかならないものか?
ということで…はい。」

私:
「ふ~ん。他に気になることは?」

過去の記憶を消して楽になる患者様:
「猫背とか腰痛とかあるけど
一番は生理不順で困ってます。」

私:
「そうなんですね。」

過去の記憶を消して楽になる患者様:
「この間はお腹が痛くて
学校に行けなくなってしまって
4月から3年生になるのにこれでは
入試もあるのにちょっと大変だな~
と思ったりして心配してます。」

私:
「なるほど。そうですよね。
了解ですこれは一応、病院には?」

過去の記憶を消して楽になる患者様:
「産婦人科にはかかってます。」

私:
「なるほど。なんて?」

過去の記憶を消して楽になる患者様:
「ピルとか勧められてるんですけど
まだそんなんじゃなくて、こちらで
診てもらってからにしようって
親と相談してからきました。」

私:
「了解。わかりました。
じゃあちょっと診ていこうかね?」

過去の記憶を消して楽になる患者様:
「はい。お願いします。」

検査中

私:
「こっちの卵巣が腫れたのかな?」

過去の記憶を消して楽になる患者様:
「はい。そうです。えっ?」

私:
「あっ?触れたら大体わかるから」

過去の記憶を消して楽になる患者様:
「えっ?そうなんですか?」

私:
「うん。これなんかあれなんかな?」

過去の記憶を消して楽になる患者様:
「あれってなんですか?」

私:
「いや、学校楽しい?」

過去の記憶を消して楽になる患者様:
「はい。楽しいですけど。」

私:
「楽しいけど?何?

過去の記憶を消して楽になる患者様:
「文化祭の時に男子がはしゃいでて
とっても楽しそうだったんです。」

私:
「一緒にはしゃいだらいいやん?」

過去の記憶を消して楽になる患者様:
「いや~そんなキャラじゃないし?」

私:
「そんなキャラって?」

過去の記憶を消して楽になる患者様:
「そんなはしゃぐキャラじゃない…」

私:
「そんなキャラじゃないって
誰が決めたの?」

過去の記憶を消して楽になる患者様:
「いや、昔から私はそうだったし。」

私:
「昔っていつから?」

過去の記憶を消して楽になる患者様:
「いや~昔って…。う~ん。」

私:
「あれね?
昔、いじめられたことはある?」

過去の記憶を消して楽になる患者様:
「あります。」

私:
「どんな風にいじめられた?」

過去の記憶を消して楽になる患者様:
「いや、靴を隠されたりとか
まあ良くある感じのいじめです。」

私:
「ふ~ん
頭に残っているやつとかある?」

過去の記憶を消して楽になる患者様:
「はい。あります。」

私:
「どんなやつ?」

過去の記憶を消して楽になる患者様:
「私、足が遅かったんですけど
その時に鬼ごっこで鬼役ばかり
させられて、私はいつも泣きながら
みんなのことを追いかけていて
それをみんなが笑ってるのが…。」

私:
「それが残ってる?」

過去の記憶を消して楽になる患者様:
「はい。残ってます。」

私:
「じゃあ、それ消そうか?」

過去の記憶を消して楽になる患者様:
「えっ?はあっ?」

私:
「いや、その記憶消そうか?」

過去の記憶を消して楽になる患者様:
「えっ?あっ?」

私:
「まあそうなるよね?
変なおじさんに会ったと思って
身を委ねてみたら?」

過去の記憶を消して楽になる患者様:
「はあ?まあ…。」

調整中

私:
「はい。
さっきのやつを思い出して?」

過去の記憶を消して楽になる患者様:
「・・・・・・。ん???」

私:
「思い出せる?」

過去の記憶を消して楽になる患者様:
「いや、あったのはわかるけど
ん?映像が思い出せないというか…」

私:
「ねっ?これでその時の記憶には
アクセス出来なくなりますから…」

過去の記憶を消して楽になる患者様:
「へえ~すごい!」

私:
「面白いでしょう?」

過去の記憶を消して楽になる患者様:
「うん。すごいです。」

私:
「これで色々と現実的に変わって
身体的にも変わってきますからね。」

過去の記憶を消して楽になる患者様:
「はい。ありがとうございます。」

私:
「今、どんなことをしたい?」

過去の記憶を消して楽になる患者様:
「えっおしゃれをしたいです。」

私:
「お~いいね~!」

と、ここまでが、患者様と
私との問診のやり取りです。

このように古い記憶に振り回されて
人生で生き辛さを感じている人は
たくさんいると思います。

このメカニズムを解説すると?

この子の場合は過去の記憶に
いじめられている時のイメージが
脳に残っています。

だから自分は弱くて
ダメな人間だと思い込んでいる。

発現をしたりするとまた叩かれる

否定されるというのが染みついてる

これは勿体ないです。

弱いイメージだから強くならなきゃ

そう思うが故に知らず知らずのうちに
自分の女性性を否定してしまっている

だから女性に関する臓器に問題が出る

これは身体から出る貴重なサイン

何かが間違っているよ?

重要な気づきが必要だよ?

そう教えてくれているのです。

今回のように記憶を消すことは
とても簡単です。

生きづらくしているものが
要らない記憶なら消してしまえばいい

いつまでもその要らない記憶に
振り回される必要はないんです。

記憶を扱う方法は色々とありますが
ひとつ大事な事があります。

それはその記憶から何か大切な
メッセージがあって、それに気づく
ことができていないと記憶を消せない
ということがあります。

すべてはその人に必要なことが
起こっているということです。

それをどうとらえるのか

それが人それぞれなんです。

この女性以外にも

車で人身事故を起こして

事故時にフロントガラスに
はねてしまった人が乗り上がって

その時にその人の顔が痛みと恐怖で
歪んでいる表情が目にこびりついて
いる人とか

両親から様々な押しつけや否定を
植え付けられてしまった人とか

色々な記憶を消すことが出来ています

消した後には色々と現実面でも
感情面でも変化していきます。

例えば人身事故を起こした時の
記憶が残っていた人はその後は

残っている記憶というのが

はねた人がフロントガラスで
悶絶している顔が出てきていた

それが変化して

はねてしまった人から後になって

「大丈夫だから気にしなくていい」

て、言ってくれたのを一番初めに
思い出すようになった

とか

両親の意見もひとつの意見として
モノの見方として受け入れられる
ようになってきたからいちいち
それに過剰な反応をしなくなった

とか

色々なことに変化が出てきます。

もし、要らない記憶に振り回されて
苦しんでいる人が居たら、記憶は
消すことが出来るんだよって…。

記憶が前提となって物事を決める
物差しになっているので、記憶が
変わってしまえば、あらゆる物事が
変化してしまうのです。

こういうのを知ってもらって
素の自分で生きてもらいたいです。。

さて、
今回の「家庭の医学 in 久留米」
「過去の記憶を消す」
というテーマでお届けいたしました。

同じように過去の記憶に振り回されて
生き辛いと言う方は記憶を消してたら
生きやすくなるかもしれませんよ!

同じようなご経験でお悩みのあなた!
病院では治らない症状に対する対応力
を徹底的に高めた当院へお越し下さい。

予約先

当院は、病院では治らない症状でお悩みのたくさんの方にご来院いただいております。身体の構造を解剖的観点から論理的にアプローチするのはもちろん、心が身体に及ぼしているものをセッションを通して、または栄養面から診たりと、その方にあったトータルケアをあらゆる方面から探り、健康へのアドバイスを行っております。もっと言うなら人生を生きる喜びを思い出して欲しいとそう思っております。

福岡県久留米市・筑後・八女・佐賀県鳥栖市にお住まいの方、東京都を初め関東近隣にお住いの方で病院でも治らず、もしくは病院に相談する内容でもないようなことでお困りの方は、4万人を超える臨床経験がありますので、安心してあなたのお悩みをお聞かせ下さい。

なお、電話、メール、コメントでの症状に関するご相談には応じておりませんので、ご理解のほどをよろしくお願い致します。

あなたと出会い、笑顔を取り戻してくださる日を心より楽しみにしております。