座っていると股関節が痛い意外な原因とは?

5月 11, 2018


さ~て、今回ご紹介する症例は、

座っていると股関節が痛くなるという
平戸市在住の60代女性

が診察でお見えになる内容です。

気になっているあなたは
是非読んでくださいね!

座っていると股関節が痛い

こんにちは。

「家庭の医学 in 久留米」
を運営している
トータルケア太陽(福岡県久留米市)
心身療法士の中尾和人です。

さて、
今回の「家庭の医学 in 久留米」
「座っていると股関節が痛い」
というテーマでお届けいたしますね。

同じように座っていると股関節が痛い
という方のお役に立てると思います。

福岡県久留米市の整体師が診た!
【座っていると股関節が痛い原因】

問診自分

私:
「こんにちは。
今日はどうされましたか?」

座っていると股関節が痛い患者様:
「座っていると右の股関節が痛いのと
左の肩も上にあげると痛いんです。」

私:
「座っていると股関節が痛いのと
腕を上げると肩が痛いですね。
じゃあ、股関節に歩くときには
痛みはありますか?」

座っていると股関節が痛い患者様:
「歩くときですか?
いえ、歩くときにはそれほど痛みは
感じていない気がします。」

私:
「じゃあ股関節を曲げたりしたら
痛みは感じたりしますか?」

座っていると股関節が痛い患者様:
「いえ、曲げたりしたからといって
股関節に痛みが来るというわけでは
ないみたいなんです。」

私:
「ふ~ん。なるほど、じゃあ本当に
座っていると股関節に痛みを感じる
ということなんですね。」

座っていると股関節が痛い患者様:
「はい。別にレントゲンでも異常は
ないと言われています。」

私:
「あっ?
病院には行かれてるんですね。」

座っていると股関節が痛い患者様:
「はい。
色々と悪いものですから…。」

私:
「そうですよね。声も何かね?」

座っていると股関節が痛い患者様:
「えっ?わかりますか?」

私:
「あ~そうですね。」

座っていると股関節が痛い患者様:
「あんまり気付かれないんですけど
やっぱりすごいですね?」

私:
「いや、これが仕事ですからね。
何でそこは穴を開けることに?」

座っていると股関節が痛い患者様:
「あ~ガンが見つかったので
手術をしましたので、その時に。」

私:
「あ~それは心配でしたね。
でも、かなりいい感じで声が出てて
調子も良いようですね。」

座っていると股関節が痛い患者様:
「はい。
食事も普通に食べれますし。」

私:
「あ~そうなんですね。
話が脱線してすいませんね。」

座っていると股関節が痛い患者様:
「いえいえ…。」

私:
「あの~股関節なんですけど
今、お話を聞かせてもらった感じから
想像をすると、ちょっと面白い仮説が
浮かんだんですけど、いいですか?」

座っていると股関節が痛い患者様:
「えっ?なんでしょうか?」

私:
「いや~今、気管切開されていること
もあってか?呼吸が浅くなってるし
やっぱり病気のことが心配なことも
あって、身体がうつむき気味になって
いらっしゃるみたいなんです。」

座っていると股関節が痛い患者様:
「あ~確かにそうですね。」

私:
「それで、その身体の中の圧力が
座った時に骨盤のところの集中して
骨盤の形もあって、股関節に痛みが
出ているんじゃないか?と思う
んですよね。」

座っていると股関節が痛い患者様:
「あ~そういうことも…。」

私:
「例えるなら大道芸で犬とかうさぎ
とかを作ったりする時に使う風船が
あるじゃないですか?」

座っていると股関節が痛い患者様:
「あ~細長いやつですね?」

私:
「そうそう、あの風船は空気を入れて
いくと先の方がどんどん膨らんで
それから空気の入り口を絞っていくと
先の方に圧がかかって破裂します。
それと一緒のことが股関節で起こって
いるんじゃないか?と思うんです。」

座っていると股関節が痛い患者様:
「あ~なるほど。わかりやすい。」

私:
「本当かどうか、わかりませんよ。
でも、そういうこともあるんじゃない
かな~と思うんです。
とりあえず、診てみましょうか?」

座っていると股関節が痛い患者様:
「はい。お願いします。」

検査施術中

私:
「よし!起きて下さい。」

座っていると股関節が痛い患者様:
「起きる?はい。」

私:
「さっきみたいに座ってみて
股関節に痛みが出るか?確認を
してみてもらっていいですか?」

座っていると股関節が痛い患者様:
「あっ。はい。
あっ?かなりいいですね。」

私:
「ですよね?姿勢がいいですもん。
肩もこれが原因なんじゃないかと
思ったりするんですよ?
ちょっと腕を上げてみて下さい。」

座っていると股関節が痛い患者様:
「腕をですか?」

私:
「そう腕を上げると痛いんでしょ?」

座っていると股関節が痛い患者様:
「そうですけど…。
あら、何か上げやすくなったみたい
あっ?でも、ここまで上げると…。」

私:
「まあ、そこまで上げると確かに
まだ痛みはあるでしょうけどね。
それは別な調整が必要ですけど
根本はそのうつむき加減の姿勢が
原因になっていると思います。」

座っていると股関節が痛い患者様:
「そうなんですね。
全然違うところから来ているなんて
思いもしなかったわ~。」

私:
「そうですよね~。
これで呼吸も深くなりましたから
必然的に免疫力も上がりますから
心配してあることにもいいように
働くことですからね。」

座っていると股関節が痛い患者様:
「あ~そんなことまで気をかけて
くださってありがとうございます。」

私:
「いやいや、折角来てくださっている
から、色々と知っていることは
なるべくお伝えして元気になって
もらいたいからですね。」

座っていると股関節が痛い患者様:
「本当ありがとうございます。」

と、ここまでが、患者様と
私との問診のやり取りです。

レントゲンでも異常はない
歩いても痛くない
曲げても痛くない

こんな無いない尽くしの股関節の痛み

相当に困っていらっしゃいました。

これはただ股関節が痛い
というだけではないと思うんです。

ガンにもなり
股関節は痛くなり
肩までも痛くなり

しかも、原因までもわからない。

これは辛いです。

全てとは言いませんが、なにかしらの
症状を起こしている原因があるはずで
それがわからないと不安になります。

これでは毎日がこのことで
頭がいっぱいになってしまって
生きていることが辛くなってしまう
ことだってあるかもしれません。

この座っていると股関節が痛いという
症状には身体の中の圧力というのが
関係していました。

座っていると股関節が痛いなら
こういう観点からも診るのも必要で
ただ股関節が痛いから、股関節が悪い
では、なかなかたどり着けないと
根本原因だと思います。

原因がわからない時でも諦めないで
説明をできる人を探してください。

私ももっとお役に立てるように
頑張っていきます。

さて、
今回の「家庭の医学 in 久留米」
「座っていると股関節が痛い」
というテーマでお届けいたしました。

同じようなご経験でお悩みのあなた!
病院では治らない症状に対する対応力
を徹底的に高めた当院へご連絡下さい。

予約先

当院は、病院では治らない症状でお悩みのたくさんの方にご来院いただいております。身体の構造を解剖的観点から論理的にアプローチするのはもちろん、心が身体に及ぼしているものをセッションを通して、または栄養面から診たりと、その方にあったトータルケアをあらゆる方面から探り、健康へのアドバイスを行っております。もっと言うなら人生を生きる喜びを思い出して欲しいとそう思っております。

福岡県久留米市・筑後・八女・佐賀県鳥栖市にお住まいの方、東京都を初め関東近隣にお住いの方で病院でも治らず、もしくは病院に相談する内容でもないようなことでお困りの方は、4万人を超える臨床経験がありますので、安心してあなたのお悩みをお聞かせ下さい。

なお、電話、メール、コメントでの症状に関するご相談には応じておりませんので、ご理解のほどをよろしくお願い致します。

あなたと出会い、笑顔を取り戻してくださる日を心より楽しみにしております。