膝が痛くて、歩くときに足が上がらない原因とは?

5月 11, 2018


さ~て、今回ご紹介する症例は、

膝が痛くて、歩くときに
足が上がらずに、足を引きずって
歩いている栃木県在住の60代女性

が診察でお見えになる内容です。

気になっているあなたは
是非読んでくださいね!

歩くときに足が上がらない

こんにちは。

「家庭の医学 in 久留米」
を運営している
トータルケア太陽(福岡県久留米市)
心身療法士の中尾和人です。

さて、
今回の「家庭の医学 in 久留米」
「歩くときに足が上がらない」
というテーマでお届けいたしますね。

同じように膝が痛くて歩くときに
足が上がらないで足をひきずっている
方のお役に立てるかもしれません。

福岡県久留米市の整体師が診た!
【歩くときに足が上がらない原因】

私:
「こんにちは。
今日はどうされましたかって
もうね。悪そうですね?」

歩くときに足が上がらない患者様:
「はい。もう膝が痛くて痛くて…」

私:
「確かに変形がひどいですね。」

歩くときに足が上がらない患者様:
「そう。変形もひどい。」

私:
「そうやってじっとしていても
膝に痛みはありますか?」

歩くときに足が上がらない患者様:
「いえ、こうやってじっと座ってる
ぶんには膝に痛みはないんです。
ただ、歩くときが…。」

私:
「歩くときが膝が痛いんですね?」

歩くときに足が上がらない患者様:
「そう!歩くときに膝が痛くて
足が返らないから引きずって歩く
から、ここまで来るのも…。」

私:
「確かによく来てくれましたね。
いつからそんなに痛いんですか?」

歩くときに足が上がらない患者様:
「もうこんなに痛み出したのは~?
10年くらいなるかな~?」

私:
「10年?長いですね~?」

歩くときに足が上がらない患者様:
「ん~。ヒアルロン酸やら?
何やら色々としてるけどね~。
全然…。はい。」

私:
「仕事かなんかしてるんですか?」

歩くときに足が上がらない患者様:
「中華料理屋やってます。」

私:
「へえ~?
何がおすすめなんですか?」

歩くときに足が上がらない患者様:
「やっぱりチャーハンかな?」

私:
「うわぁ?うまそうですね?」

歩くときに足が上がらない患者様:
「うん。おいしいよ。
栃木に来たら、寄ってください。」

私:
「いいですね?
じゃあ鍋振ってるんですか?」

歩くときに足が上がらない患者様:
「はい。もちろん。
私は2~3人前づつ作ればいのに
すぐ5人前とかいっぺんに作っちゃう
から、身体は無理してんだよね?」

私:
「どれくらいやってるんですか?」

歩くときに足が上がらない患者様:
「もう47~8年かな?」

私:
「長?すごい老舗ですね?」

歩くときに足が上がらない患者様:
「いや~個人商店は厳しいよ。
今までは良かったけどね~。」

私:
「あ~すいませんね。脱線して。
膝は10年も、こんなに引きずって
歩く位まで痛みがあるんですか?」

歩くときに足が上がらない患者様:
「いやいや10年前くらいから
少しづつ膝が痛くなってきて
こんなに痛くなったのは
そうだね~?2年前位からかな?」

私:
「2年前に痛みがひどくなった
何かきっかけがあるんですか?」

歩くときに足が上がらない患者様:
「いや、
お父さんを看取ったからね。」

私:
「あ~看病して、仕事して
ということですね。」

歩くときに足が上がらない患者様:
「そう!大変だったからね。」

私:
「なるほどですね。」

歩くときに足が上がらない患者様:
「私の膝はやっぱり変形しているから
悪いんだよね?病院行くと手術しろ?
手術しろって、言われるもんだから」

私:
「そうですね。手術が必要なくらいに
膝の変形がひどいですもんね。」

歩くときに足が上がらない患者様:
「でも、手術がしたくないんだわ。」

私:
「怖い?

歩くときに足が上がらない患者様:
「そう。両方の膝をいっぺんに
手術した方がいいって言われて
いるんだけどね。」

私:
「あ~両方いっぺんにですか?」

歩くときに足が上がらない患者様:
「そう。
でも、手術した人の話を聞くと
よくなっていない人もいたり
かえって悪い人もいるでしょ?」

私:
「まあ、なくはないですね。」

歩くときに足が上がらない患者様:
「それに両方の膝ををいっぺんに
してから、歩けなくなっちゃったら
大変なことになるからさ~。」

私:
「それは大変ですよね。」

歩くときに足が上がらない患者様:
「3月にお父さんのさ、
三回忌もしなきゃなんないで
手術をしたくないんだわ~。」

私:
「そうですよね~。
ちょっと状態としてはよくないけど
こんなに変形していても、膝の痛み
がなくて、歩いている人もいます
から、ちょっと診てみましょう?」

歩くときに足が上がらない患者様:
「そう。私みたいに変形しても
歩いている人がいるからさ~。
何とかなんないかね~。」

私:
「とりあえず診てみましょう?」

歩くときに足が上がらない患者様:
「あっ?はい。お願いします。」

検査中

私:
「こうやって曲げてもらう分には
膝に痛みはないんですね~?」

歩くときに足が上がらない患者様:
「曲げすぎると痛いけど
扱ってもらう分には全然大丈夫。
ただ足を返す時が痛い。」

私:
「ということは、痛い方の膝に
体重が乗っていない体勢の時に
膝の内側が痛いということですね?」

歩くときに足が上がらない患者様:
「ん?そうかな?
とにかく足を上げて、前に出そうと
すると膝の内側が痛いんです。」

私:
「わかったわかった。
これは膝の骨の問題ではない
と私は思います。」

歩くときに足が上がらない患者様:
「膝の骨の問題ではない?
こんなに膝が変形しているのに?」

私:
「そう。
膝の骨が変形していることは
あんまり関係がないみたいです。」

歩くときに足が上がらない患者様:
「へえ~。そうなの?」

私:
「簡単に言うと、
膝の関節を動かしている筋肉が
きちんと動いていない事が原因と
なっているみたいです。」

歩くときに足が上がらない患者様:
「筋肉が動いていない?」

私:
「そう!筋肉が正常に動かなくなる
原因はたくさんあるんですけどね。
お母さんの場合はある臓器から
それが来ているみたいなんです。」

歩くときに足が上がらない患者様:
「臓器?ガンか何かってこと?」

私:
「そうです。」

歩くときに足が上がらない患者様:
「えっ?そうなの?」

私:
「冗談ですよ。(笑)
ガンとかいう話ではなくて
ある臓器が弱っているから
その筋肉がうまく働いてない
というだけの話です。」

歩くときに足が上がらない患者様:
「そうなの?いやだわ~。ガンとかね。
姉ちゃんもガンだったからさ~。」

私:
「それはすいません。
冗談が過ぎましたね。
とにかくその臓器から診てみて
膝の具合を診てみましょう?」

歩くときに足が上がらない患者様:
「はい。よろしくお願いします。」

施術中

私:
「はい。歩いてみて下さい。
完全じゃないですけどね。」

歩くときに足が上がらない患者様:
「あっ?足が返る?痛みがない?」

私:
「だいぶ足が上がってますね?」

歩くときに足が上がらない患者様:
「そう!上がってる。
あっ?でも、振り返る時に痛い。」

私:
「それは一度に完璧には無理ですよ。
でも、痛みが楽になるってことは
少し道が見える気がしません?」

歩くときに足が上がらない患者様:
「する。します。
でも、何でその臓器が弱くなって
しまったのかね~?」

私:
「簡単に言うとストレスですよ。」

歩くときに足が上がらない患者様:
「ストレス?あ~。あるもんね~。」

私:
「お父さん10年前からでしょう?」

歩くときに足が上がらない患者様:
「そう!大変だったのよ~。」

私:
「今度の3月で
3回忌って言われていたでしょ?」

歩くときに足が上がらない患者様:
「そう!3回忌。」

私:
「それが終わったら、膝はおそらく
だいぶ楽になると思いますよ。」

歩くときに足が上がらない患者様:
「えっ?本当?」

私:
「はい。たぶん。
だって大変だったんですから。」

歩くときに足が上がらない患者様:
「だよね。」

私:
「とりあえず僕が言っていた
ことを毎日実践してみて下さい。
そして、また診せて下さい。」

歩くときに足が上がらない患者様:
「わかりました。そうします。
でも、不思議だよね~。」

私:
「こんな診方もあるんですよ。」

と、ここまでが、患者様と
私との問診のやり取りです。

膝が痛くて、歩くときに
足が上がらないで、足を引きずって
歩いているという方は多いですよね。

正直って全然
治療がうまくいっていません。

この方の歩くときに膝が痛くて
足が上がらない原因は臓器が
ストレスを受けたことで筋肉が
うまく動作していない事でした。

膝の痛みと一言でいっても
本当に様々な事が原因で痛みが
出てくるものなのです。

私の見解としては、三回忌が
終わると、だいぶ抱えていた
重みから解放されて膝の痛みは
楽になると思います。

とっても仕事をしてきた
たくましいいいお母さんでした。

早く春が来るといいですね。

さて、
今回の「家庭の医学 in 久留米」
「歩くときに足が上がらない」
というテーマでお届けいたしました。

同じように膝が痛くて、足が上がらず
足を引きずっている方は同じような
事が原因かもしれませんよ!

同じようなご経験でお悩みのあなた!
病院では治らない症状に対する対応力
を徹底的に高めた当院へお越し下さい。

予約先

当院は、病院では治らない症状でお悩みのたくさんの方にご来院いただいております。身体の構造を解剖的観点から論理的にアプローチするのはもちろん、心が身体に及ぼしているものをセッションを通して、または栄養面から診たりと、その方にあったトータルケアをあらゆる方面から探り、健康へのアドバイスを行っております。もっと言うなら人生を生きる喜びを思い出して欲しいとそう思っております。

福岡県久留米市・筑後・八女・佐賀県鳥栖市にお住まいの方、東京都を初め関東近隣にお住いの方で病院でも治らず、もしくは病院に相談する内容でもないようなことでお困りの方は、4万人を超える臨床経験がありますので、安心してあなたのお悩みをお聞かせ下さい。

なお、電話、メール、コメントでの症状に関するご相談には応じておりませんので、ご理解のほどをよろしくお願い致します。

あなたと出会い、笑顔を取り戻してくださる日を心より楽しみにしております。