歩くと足の指が痛い理由とは?

5月 11, 2018


さ~て、今回ご紹介する症例は、

歩くと足の指が痛くなるというウォーキングを
頑張る女性が診察でお見えになる内容です。

気になっているあなたは是非読んでくださいね!

歩くと足の指が痛い

こんにちは。

「家庭の医学 in 久留米」を運営している
トータルケア太陽(福岡県久留米市)
心身療法士の中尾和人です。

さて、今回の「家庭の医学 in 久留米」
「歩くと足の指が痛い理由とは?」
というテーマでお届けいたしますね。

歩くと足の指が痛くて、当院を受診された
久留米市在住30代女性との問診でのやり取りです。

同じように歩くと足の指に痛みを感じている方の
お役に立てるのではないか思います。

福岡県久留米市の整体師が診た!
【歩くと足の指が痛くなる理由について】

問診自分

福岡県久留米市の整体師:
「こんにちは。今日はどのようになさいましたか?」

歩くと足の指が痛くなる患者様:
「私、毎日歩くようにしているんですけど、
歩くと足の指が痛くなり出してですね。」

福岡県久留米市の整体師:
「あらら?どこら辺が痛いですか?」

歩くと足の指が痛くなる患者様:
「人差し指って言えばいいんですか?
そこの付け根の部分に我慢できなくはないんですけど
歩く時に痛みが気になってですね。」

福岡県久留米市の整体師:
「足の指は最近、痛みだしたんですか?」

歩くと足の指が痛くなる患者様:
「足の指が痛くなったのは、ほんの2~3日前からです。」

福岡県久留米市の整体師:
「足の指を曲げたりしてもらっていいですか?」

歩くと足の指が痛くなる患者様:
「こうですか?」

福岡県久留米市の整体師:
「動かして足の指に痛みはありますか?」

歩くと足の指が痛くなる患者様:
「いやこうしたくらいでは足の指は痛くありません。」

福岡県久留米市の整体師:
「じゃあ、本当に歩いた時に痛みがあるという事ですね。」

歩くと足の指が痛くなる患者様:
「はい。歩いてしばらくしてから痛みが出てきます。」

福岡県久留米市の整体師:
「足の指を触らせて下さいね。」

歩くと足の指が痛くなる患者様:
「はい。どうぞ。」

(触診中)

福岡県久留米市の整体師:
「なるほど。歩く時に履いている靴は今日のやつですか?」

歩くと足の指が痛くなる患者様:
「あ?はい。いつもあれで歩いています。」

福岡県久留米市の整体師:
「ちょっと見せて下さいね。」

歩くと足の指が痛くなる患者様:
「はい。どうぞ。」

福岡県久留米市の整体師:
「靴の底を見てみると、外側がよく削げてますね。」

歩くと足の指が痛くなる患者様:
「あ?そうなんですよ。外側がいつもそうなるんです。」

福岡県久留米市の整体師:
「靴下は今日履いているやつですか?」

歩くと足の指が痛くなる患者様:
「いや歩く時はむくみ防止になって歩きやすいとかいう
ちょっと締め付けるようなタイプを履いてます。」

福岡県久留米市の整体師:
「締め付けるですね~。
なるほどですね~。大体わかりました。」

歩くと足の指が痛くなる患者様:
「私の足の指は外反母趾とかですか?」

福岡県久留米市の整体師:
「いや外反母趾というわけではないんですけどね。
ひとつは靴下がよくないみたいです。」

歩くと足の指が痛くなる患者様:
「靴下がですか?」

福岡県久留米市の整体師:
「そうです。靴下のせいで、足の裏と足の指に均等に
体重が分散されないといけないのに、今、痛みを感じて
いる足の指に体重が集中してかかっています。

それで、今、痛みが出ている足の指の骨に負担が
かかってしまって痛みが出ているようです。」

歩くと足の指が痛くなる患者様:
「そうですか。どうすればいいんですか?」

福岡県久留米市の整体師:
「まずはせめて歩く時だけでも
靴下を5本指ソックスに変えて下さい。」

歩くと足の指が痛くなる患者様:
「あ~5本指のやつですね。あれはいいんですか?」

福岡県久留米市の整体師:
「いいですよ。今の靴下は足の指全体を包んでいて
足の指が真ん中に寄せられるような作りになって
いるから、今のような痛みが出やすくなるんですよ。」

歩くと足の指が痛くなる患者様:
「あ~そうなんですね~。」

福岡県久留米市の整体師:
「後は、足の指の骨がズレているようなので
その部分を調整しておきますので、それで様子を
みてもらうようにしていきましょう!」

歩くと足の指が痛くなる患者様:
「はい。わかりました。お願いします。」

と、ここまでが、患者様と私との問診のやり取りです。

この女性は足のむくみが気になるために
かなり締め付けの強い靴下を履いていました。

この締め付けの強い靴下は非常に身体によくない事が
多いという事実を知らない方が多いのは残念な事です。

この締め付けたまま歩くという事は
常に加圧トレーニングをしているようなものなのです。

するとふくろはぎの筋肉が柔軟性が失われてしまい
余計に足がむくむようになってしまいます。

そして、さらに問題なのは歩く時に
足の指が締め付けられ、体重が分散されずに
足の骨が変形してしまうことです。

リュウマチではないか?と間違える方も多いのですが
多くの場合、足の指が痛くなる理由は靴であり
靴下に原因があることが多いです。

歩く時に足の指が痛くなるという方は
靴下や靴を変えてみると良いかもしれませんよ。

さて、今回の「家庭の医学 in 久留米」
「歩くと足の指が痛い理由とは?」
というテーマでお届けいたしました。

少しでもお役にたてれば幸いです。

同じようなご経験でお悩みのあなた!
是非、痛みの原因発見と解決の当院へご連絡下さい。

予約先

当院は、病院では治らない症状でお悩みのたくさんの方にご来院いただいております。身体の構造を解剖的観点から論理的にアプローチするのはもちろん、心が身体に及ぼしているものをセッションを通して、または栄養面から診たりと、その方にあったトータルケアをあらゆる方面から探り、健康へのアドバイスを行っております。もっと言うなら人生を生きる喜びを思い出して欲しいとそう思っております。

福岡県久留米市・筑後・八女・佐賀県鳥栖市にお住まいの方、東京都を初め関東近隣にお住いの方で病院でも治らず、もしくは病院に相談する内容でもないようなことでお困りの方は、4万人を超える臨床経験がありますので、安心してあなたのお悩みをお聞かせ下さい。

なお、電話、メール、コメントでの症状に関するご相談には応じておりませんので、ご理解のほどをよろしくお願い致します。

あなたと出会い、笑顔を取り戻してくださる日を心より楽しみにしております。