なぜ?人は病気になるのか?

6月 10, 2016

こんにちは。

「家庭の医学 in 久留米」を運営している
トータルケア太陽(福岡県久留米市)
心身療法士の中尾和人です。

さて、今回の「家庭の医学 in 久留米」
「なぜ?人は病気になるのか?」
というテーマでお届けいたしますね。

病気に悩む夫婦

なぜ?人は病気になるのか?

今は2人に1人がガンで死んでいく時代です。
でもこれも本当なのか?と私は思っています。

なぜ?人は病気になるのでしょうか?
病気になるのは悪い事なのでしょうか?

病気になりたい人はいないけども
病気にならなければいけなかったあなたは
そこで何を気付くのでしょうか?

病気はあなたがこの世の中と
調和をしていない事を教えてくれています。

どこに問題があり、何がきっかけなのか?
そろそろ気付きなさいよ!
と言われている事はなんでしょうか?

人にはそれぞれ周波数があり、それを波動と言います。

波動が低い状態だと人は病気になりやすいですね。

波動が低くなる原因は数多くありますが
ひとつは我がままで自分の事ばかりを考えていると
頭蓋骨の呼吸のリズムが狂ってしまいます。

頭蓋骨の呼吸のリズムは人間の周波数を
高めたり、低めたりしているようです。

それは人間の体液の循環をさせるために必要な
頭蓋骨の呼吸のリズムという役割からもわかります。

頭蓋骨は呼吸する事で、
全身にくまなく体液を循環させています。

水の流れない所は腐るといいますが
川の水は流れているから腐らないけど、
動きがないところは腐る。

人間の身体の中を巡るこの体液の流れが悪いと
そこの細胞は腐り始めるわけです。

では、この頭蓋骨の呼吸のリズムが狂ってしまったら
どのようにして調整するのかというと
自分でするのならヨガがお勧めです。

ヨガをして、最後に瞑想をします。
その時に呼吸法を行う事で頭蓋骨の動きと
全身の体液の流れを感じる事ができるでしょう。

そして、自分の身体が自分の体ではない感覚を
味わう時にあなたの波動は調整されます。

心には至福の安らぎを持ち、生産性が向上し
目の前に見えたいたことがまるで違うように
感じる不思議な感覚になります。

ですけど、ここまでヨガを習得し、その領域まで
行くにはちょっと時間がかかります。

私の施術でこの調整をすると、ほんのわずかの時間で
この最高の領域までご案内する事ができます。

受けた方は、全身に何かが流れているのを感じ
何とも言えない不思議な感覚を味わう事になります。

話を戻すと、

人はなぜ?病気になるのか?

それは気付きを与えてもらっているという事です。

その気付きを気付くためには頭蓋骨の呼吸のリズムを
整えるという事が大事な方法の一つであるという事です。

呼吸の仕方を教えてもらわずに、
呼吸ができているから我流になっているわけです。

教えてもらわずに出来ている事をもう一度
きちんと教えてもらうという事の大事さを
私は伝えていきたいな~と思います。

さて、今回の「家庭の医学 in 久留米」
「なぜ?人は病気になるのか?」
というテーマで書いていきました。

少しでもお役にたてれば幸いです。

同じようになぜ?人は病気になるのか?とお悩みのあなた!
是非、痛みの原因発見と解決の当院へご連絡下さい。

予約先

当院は、カイロプラクティック、整体、カウンセリングなどを
融合させた徹底的に解剖学に基づいた独自の施術態勢を取って
おります。

福岡県久留米市・筑後・八女・佐賀県鳥栖市にお住まいの方で
病院でも治らず、いい整体・カイロプラクティックをお探しの方、
当院はその枠に留まらずにあなたの健康を支える方法を
アドバイスしております。

4万人の臨床経験をありますので、
安心してあなたのお悩みをお聞かせ下さい。