身体のメンテナンスの見えない効果とは?

5月 11, 2018

さ~て、今回ご紹介する症例は、

どこも悪い所はないけど
身体のメンテナンスに来たものの
実はボロボロだったという30代女性

が診察でお見えになる内容です。

メンテナンスが必要な意味と
自分で出来る骨盤の維持管理法を
紹介しています。

気になっているあなたは
是非読んでくださいね!

骨盤矯正

こんにちは。

「家庭の医学 in 久留米」
を運営している
トータルケア太陽(福岡県久留米市)
の中尾和人です。

さて、
今回の「家庭の医学 in 久留米」
「身体のメンテナンス」
というテーマでお届けいたしますね。

同じようにどこにも異常はないと
思っている方の
お役に立てるのではないか思います。

福岡県久留米市の整体師が診た!
【身体のメンテナンスについて】

私:
「こんにちは。
今日はどこか気になるところは?」

身体のメンテナンスに来た患者様:
「いや~。これと言って
別にないんですけどね~。
身体全体が疲れているというか
そんな感じです。」

私:
「ほお?身体全体が疲れている?」

身体のメンテナンスに来た患者様:
「そうですね~。
毎日、通勤時間も長いし
仕事も色々とですね~。」

私:
「なるほどですね~。
じゃあ、身体全体を整えるように
していきましょうかね?」

身体のメンテナンスに来た患者様:
「はい。お願いします。」

私:
「神経の乱れを整えるために
土台の骨盤から診ていきますね。」

身体のメンテナンスに来た患者様:
「はい。」

私:
「ほら?こんなに歪んでいますよ?」

身体のメンテナンスに来た患者様:
「え~?そうなんですか?」

私:
「こっちに行って、こっちにいって
ここはこうなって?」

身体のメンテナンスに来た患者様:
「ええ~?そんなに?
なんでですかね?」

私:
「そりゃ~そんだけ通勤でも
座っているし、仕事でも座っているし
全然、運動はしていないしですね。」

身体のメンテナンスに来た患者様:
「あ~、でも、そしたら
骨盤は、ずっと歪みますよね?」

私:
「そりゃそうですよ。
だから定期的に通ってください
ってことになるわけです。」

身体のメンテナンスに来た患者様:
「自分でよく骨盤調整するとか
いうじゃないですか?あれって
どうなんですか?」

私:
「あれはどう歪んでいるのかも
わからない状態で無理やり体操しても
歪んままで動かしているので妙に
筋肉が使われて反ってダメだと
僕は思いますけどね。」

身体のメンテナンスに来た患者様:
「じゃあ、自分で気を付ける事とか
歪まないようにするとか
歪んだのを整えることはできない
んですか?」

私:
「歪んだのを整えるのは難しいです。

だって、どうして自分の骨盤が歪んだ
のかもわからないし、

どんな風に歪んでいるかも
自分ではわからないでしょ?」

身体のメンテナンスに来た患者様:
「そうですよね。

私:
「それから歪む癖とかいうけど
ここでこういう癖がありますよ?
って、昔は教えて自分である程度
気をつけてもらっていたんですけど

それでいいことも多いんですけど
なかなかそれって実践しづらいし
癖が見つけにくいことがあるんです。

だから、30分に一回ルールを
実践してもらようにしています。」

身体のメンテナンスに来た患者様:
「30分に一回ルール?」

私:
「はい。そうです。
何でも同じことを30分したら
一度やめて、立ち上がってから
その場で良いので足踏みをして
もらうのです。」

身体のメンテナンスに来た患者様:
「え~30分に一回にですね。」

私:
「そう、人間の身体は
大体30分位したら
固まり始めて、疲労が溜まります。

だから、30分位で一度
同じことを止めて身体を動かして
あげることで、骨盤が歪むのを防いで
身体全体の流れを良くするのです。」

身体のメンテナンスに来た患者様:
「なるほどね。30分に一回ね~?」

私:
「もう集中するとすぐに30分とか
経ちますからね?タイマーでもして
おかないとなかなかですよ?」

身体のメンテナンスに来た患者様:
「確かに・・・。」

私:
「ここで動きが悪くなった骨盤を
整えたのを、良い状態で保つためには
この30分に一回ルールは最適です。

歩くことで骨盤は動いて、自然と
整えられるようになっています。

逆にしないと、すぐに固まってしまう
ので、また歪んだ状態になります。」

身体のメンテナンスに来た患者様:
「簡単なんですけどね。
何回位足踏みすればいいですか?」
私:
「もう10回くらいで十分です。」

身体のメンテナンスに来た患者様:
「えっ?10回?
それだけでいいんですか?」

私:
「そうですよ。
でも、これがなかなかやらない。」

身体のメンテナンスに来た患者様:
「うん。確かに。」

私:
「身体のメンテナンスをしたら
その後のセルフメンテナンスが
とっても大事なんですよ。」

身体のメンテナンスに来た患者様:
「なんかどうもないと思っていたけど
結構、歪みひどかったみたい…。」

私:
「そうなんです。
歪んでいるって自覚もない場合も
あるし、あっても放っておく人も
多いですよね?」

身体のメンテナンスに来た患者様:
「気にはなっているけどですね。
別に何か悪い処があるわけでは
ないので、放置してしまうかな。」

私:
「そうですよね。
でも、それって、とっても身体の
構造を知っている人からすると
怖いことなんですよ?」

身体のメンテナンスに来た患者様:
「えっ?どうしてですか?」

私:
「だって、例えば何かを食べます。
それを消化して、吸収して、排泄する
ことを意識したことありますか?」

身体のメンテナンスに来た患者様:
「う~ん?ないですね?
胃が痛くなったり、便秘になったり
なんか調子が悪くなった時だけは
意識したりしますけどね?」

私:
「そうでしょう?悪くなった時だけ。
調子の良い時は意識なんてしません。
それを勝手にやってくれているのが
神経の働きなんですよね。」

身体のメンテナンスに来た患者様:
「あ~そうですね。」

私:
「その神経は脳から出て、
背骨から骨盤まで太い中枢神経が
通っていて、そこから枝葉に別れ
内臓とか筋肉とかを動かしてます。

ということは、土台である骨盤が
歪んでしまうと、その背骨が歪んで
神経の通り道が悪くなっていくので
内臓とか筋肉の働きが悪くなる。」

身体のメンテナンスに来た患者様:
「あ~なるほど~。」

私:
「自分では意識していないけど
毎日、休むことなくしてくれている
その働きが落ちているという事は
全然、健康な状態ではないわけで

気付いた時にはあらま?
という感じでいい状態ではなくなって
病気を意識するわけですね。」

身体のメンテナンスに来た患者様:
「あ~怖いですね~。」

私:
「人間は意識して出来ることは
意外と少ないことが多いですから
違う意味で意識的にメンテナンスを
してあげないといけないんです。

呼吸だって、心だって
24時間休むことなく、働いている
わけですから、当然メンテナンスが
必要になるわけです。」

身体のメンテナンスに来た患者様:
「どこにも異常ないと思ってきたけど
色々と考えたら、ありそうですね。」

私:
「卑屈になる必要はないけど
少し意識してあげるだけで
身体の状態にはいいことだらけ
だと思います。」

身体のメンテナンスに来た患者様:
「やっぱり定期的に
身体のメンテナンスに来ないとね。」

私:
「はい。お待ちしております。」

と、ここまでが、患者様と
私との問診のやり取りです。

今回は身体のメンテナンスについて
詳しくお話をさせていただきました。

本当に骨盤ひとつから考えても
身体の構造としても、脳の働きも
自律神経の働きもすべては関連して
全てに繋がっています。

身体を定期的にメンテナンスする
ということは、とても健康を維持する
ためには大切なことです。

「構造や形がその機能を決める」

という言葉がありますが
骨盤が正常な状態であるからこそ
背骨の状態が安定して、脳からの
指令が全身に行き渡らせることが
できます。

これは無意識にしている事なので
悪くなって気付いた時には大変です。

意識的にメンテナンスをしてあげる
それが病気にならないために必要な
事だと思います。

機能がしっかりしていないのに
食べ物をいくら入れたとしても
それを吸収して、うまく使うことが
出来なかったら、何もなりません。

だからこそ、神経の働きをよくする
身体のメンテナンスを定期的に
する必要があるわけです。

ぜひ、健康管理に取り入れてみて
下さい。とっても身体が喜びますよ。

さて、
今回の「家庭の医学 in 久留米」
「身体のメンテナンス」
というテーマでお届けいたしました。

同じようなご経験でお悩みのあなた!
病院では治らない症状に対する対応力
を徹底的に高めた当院へお越し下さい。

予約先

当院は、病院では治らない症状でお悩みのたくさんの方にご来院いただいております。身体の構造を解剖的観点から論理的にアプローチするのはもちろん、心が身体に及ぼしているものをセッションを通して、または栄養面から診たりと、その方にあったトータルケアをあらゆる方面から探り、健康へのアドバイスを行っております。もっと言うなら人生を生きる喜びを思い出して欲しいとそう思っております。

福岡県久留米市・筑後・八女・佐賀県鳥栖市にお住まいの方、東京都を初め関東近隣にお住いの方で病院でも治らず、もしくは病院に相談する内容でもないようなことでお困りの方は、4万人を超える臨床経験がありますので、安心してあなたのお悩みをお聞かせ下さい。

なお、電話、メール、コメントでの症状に関するご相談には応じておりませんので、ご理解のほどをよろしくお願い致します。

あなたと出会い、笑顔を取り戻してくださる日を心より楽しみにしております。