東京営業日バナー

東京営業日バナー

喉の痛みや違和感がずっと続くわけは?

5月 11, 2018

さ~て、今回ご紹介する症例は、

喉の違和感や痛みが出てから
色々と受診するも原因は不明で
ようやく見つけた原因が口呼吸?
それでも続く喉の違和感が気になる
50代女性

が診察でお見えになる内容です。

気になっているあなたは
是非読んでくださいね!

こんにちは。

「家庭の医学 in 久留米」
を運営している
福岡県久留米市と東京都中央区で
病院では治らない症状を改善しまくる
トータルケア太陽の中尾和人です。

さて、
今回の「家庭の医学 in 久留米」
「喉の違和感と痛み」
というテーマでお届けいたしますね。

同じように喉の違和感や痛みがある
方のお役に立てると思います。

【喉の違和感と痛みについて】

私:
「こんにちは。
今日はどんな事でお悩みですか?」

喉の違和感と痛みのある患者様:
「喉の調子が悪くてですね。」

私:
「どんな風にあるんですか?」

喉の違和感と痛みのある患者様:
「喉の中に何かが張り付いたように
なっている感じがしてるんです。」

私:
「あ~何となくわかります。
喉が調子悪いのは何時からですか?」

喉の違和感と痛みのある患者様:
「昔から喉は弱くて違和感はずっとで
一昨年の10月に何か痛くなってきて
その時は放置してたんです。」

私:
「何でですか?」

喉の違和感と痛みのある患者様:
「風邪かな?とか思って
自然に治るだろうって思って。」

私:
「治ったんですか?」

喉の違和感と痛みのある患者様:
「いやどんどんひどくなってきて
去年の2月に耳鳴りまで始まって
これはやばいと思って病院に行って
検査をしてもらったけど…。」

私:
「けど?」

喉の違和感と痛みのある患者様:
「聴力に異常はないからって言われて
薬を飲んでいるので、それで何とか
押さえている感じなんですけど?」

私:
「症状は変わらない?」

喉の違和感と痛みのある患者様:
「喉に何かが張り付く感じと
喉をう~んってすると痰なのか?
鼻水なのか?何か出るし
何なのかな~?って感じで。」

私:
「何が一番辛いんですか?」

喉の違和感と痛みのある患者様:
「それが何で?というのと
喉に張り付く感じがですね~。」

私:
「喉に張り付く感じですね~。」

喉の違和感と痛みのある患者様:
「それで自分で色々と調べてから
症状とか全部入れて、検索して
出てきた病院に行ったら、ようやく
そこで病名がわかってですね。」

私:
「何て言われたんですか?」

喉の違和感と痛みのある患者様:
「上咽頭炎って。」

私:
「あっ?そのままなんですね。」

喉の違和感と痛みのある患者様:
「いやそれが私の症状と一緒で
ようやく病名というか原因が
はっきりしたんです。」

私:
「原因がわかったなら何で?」

喉の違和感と痛みのある患者様:
「それがお医者さんも不思議って
言って、首を傾げてるんです。」

私:
「原因って何なんですか?」

喉の違和感と痛みのある患者様:
「口呼吸が原因なんですって。」

私:
「あ~それは間違いないですね。」

喉の違和感と痛みのある患者様:
「あっ?そうですか?」

私:
「いつ口呼吸してるか?
自分でわかってますか?」

喉の違和感と痛みのある患者様:
「それが自分ではわからなくて
寝てるときにしてるらしくて
テープ貼ってから寝てます。」

私:
「苦しくないでしょう?」

喉の違和感と痛みのある患者様:
「そう苦しくないんですよ。
普通は苦しくなるらしいんだけど
私は苦しくないんです。」

私:
「なるほどね~。
あの~口呼吸は間違いないけど
いつしてるのか?というのが
大変問題なんですよ。」

喉の違和感と痛みのある患者様:
「いつしてるか?って言われても
自分で全然そのつもりがないから
どうしたらいいのでしょう?」

私:
「僕はわかりますよ?
しゃべり始める時に口で吸って
それから話し始めてるんです。」

喉の違和感と痛みのある患者様:
「えっ?うそ?本当に?」

私:
「ほら?今もスウ~って話す前に
口から吸い込んだでしょう?」

喉の違和感と痛みのある患者様:
「えっ?うそ?わからない?」

私:
「ほら?今も?スウ~って?」

喉の違和感と痛みのある患者様:
「えっ?全然わかりません。」

私:
「やってますよね?」

喉の違和感と痛みのある患者の友達:
「そう言われたら確かに?
あなた確かにやってるよ?」

喉の違和感と痛みのある患者様:
「え~?本当に?」

私:
「ほら?今も?」

喉の違和感と痛みのある患者の友達:
「本当だ?やってる???」

喉の違和感と痛みのある患者様:
「え~本当に?そうなの~?
そうなんだ~。そうか~。」

私:
「口呼吸は確かに万病の元ですけど
いつしてるのか?がわかっていない
という人は結構多いですからね。
それだと気づかずにやってるから
なかなか治らないんですよ。」

喉の違和感と痛みのある患者様:
「確かに・・・。」

私:
「大体、医療事務なんだから
患者さんの対応で一日話すでしょ?
その話す度に口呼吸ですからね?
そりゃ~調子悪いでしょうね。」

喉の違和感と痛みのある患者様:
「う~ん。なるほど~?
でも、何でそうしてるんだろう?」

私:
「そりゃ~簡単ですよ?
前に何かを言おうとした時に
お前は黙っておけ!とか言われたり
口にする時に勇気がいったとか
しゃべれなかった事とかが
子供の頃にあるでしょ?」

喉の違和感と痛みのある患者様:
「・・・・・・。涙。」

私:
「ねっ?あるでしょ?」

喉の違和感と痛みのある患者様:
「・・・・・・。確かにいい家では?
もうずっと親がケンカばかりして
姉妹で怖いし、隅の方でじっとして
過ごしていました。(涙)」

私:
「だからですよ?」

喉の違和感と痛みのある患者様:
「あ~思い出した。
私お婆ちゃんっ子だったんです。
おばあちゃんが一昨年亡くなって
それから症状がひどくなったんです。
そうそう。お婆ちゃんが…。(涙)」

私:
「そういうのを一つ一つ解決して
口呼吸を治していけば、結構簡単に
治ると思いますよ?」

喉の違和感と痛みのある患者様:
「そうなんですか~?」

私:
「そういうもんです。」

喉の違和感と痛みのある患者様:
「でも、確かに小さいころから
喉が痛かったのも思い出した。」

私:
「今からでも大丈夫。治せますよ。」

喉の違和感と痛みのある患者様:
「はい。よろしくお願い致します。」

と、ここまでが、患者様と
私との問診のやり取りです。

喉の違和感や痛みがあるという方は
結構多くて、薬で誤魔化しているとか
そのまま放置とか、飴玉となめるとか
そういうことでしか対応できてない。

そういう方が多いと思います。

喉の痛みや違和感は口呼吸に
その原因があることは多いです。

この方のように寝ている時に
口呼吸をしているという事で
テープを貼ったり、マウスピースを
したりとか一般的にはします。

それで治ればいいですけど
この方のように効果がイマイチの
場合もあると思います。

ポイントは
それをしている時に
苦しくなるかどうか?

この方も
話す前に息を吸い込んでいる
という指摘をすると

話づらく、息苦しくなる

ということを言われてました。

大事なことは
いつ口呼吸をしているのか?
それに尽きます。

漠然と口呼吸してます!

では、私は治効が低いと思います。

ぜひ、喉の痛みや違和感がある方は
自分がいつ口呼吸をしているのか?
そのことを突き止めてみて下さい。

この方のように口呼吸を始めた
きっかけとか原因を突き止めるのは
すれば止めるきっかけになりますが

それよりもいつしているのか?

それを見極めるのが肝となります。

喉の違和感や痛みはこんな処から
来るというひとつの症例です。

さて、
今回の「家庭の医学 in 久留米」
「喉の違和感や痛み」
というテーマでお届けいたしました。

同じようなご経験でお悩みのあなた!
病院では治らない症状に対する対応力
を徹底的に高めた当院へお越し下さい。

当院は、病院では治らない症状でお悩みのたくさんの方にご来院いただいております。身体の構造を解剖的観点から論理的にアプローチするのはもちろん、心が身体に及ぼしているものをセッションを通して、または栄養面から診たりと、その方にあったトータルケアをあらゆる方面から探り、健康へのアドバイスを行っております。もっと言うなら人生を生きる喜びを思い出して欲しいとそう思っております。

福岡県久留米市・筑後・八女・佐賀県鳥栖市にお住まいの方、東京都を初め関東近隣にお住いの方で病院でも治らず、もしくは病院に相談する内容でもないようなことでお困りの方は、4万人を超える臨床経験がありますので、安心してあなたのお悩みをお聞かせ下さい。

なお、電話、メール、コメントでの症状に関するご相談には応じておりませんので、ご理解のほどをよろしくお願い致します。

あなたと出会い、笑顔を取り戻してくださる日を心より楽しみにしております。