東京営業日バナー

東京営業日バナー

長引く咳が止まらない原因がここにあった!

5月 11, 2018

さ~て、今回ご紹介する症例は、

もう数年間も咳が止まらずに
咳きが出る度に胸や肋骨が痛み
寝る時にも咳が出てよく寝れないで
朝から無気力になる60代女性

が診察でお見えになる内容です。

気になっているあなたは
是非読んでくださいね!

こんにちは。

「家庭の医学 in 久留米」
を運営している
福岡県久留米市と東京都中央区で
病院では治らない症状を改善しまくる
トータルケア太陽の中尾和人です。

さて、
今回の「家庭の医学 in 久留米」
「長引く咳の原因」
というテーマでお届けいたしますね。

同じように咳きが長く続いている方の
お役に立てるのではないか思います。

【長引く咳の原因について】

私:
「こんにちは。
今日はどんな事でお悩みですか?」

長引く咳で苦しむ患者様:
「どこから話していいのか?」

私:
「どこからって?」

長引く咳で苦しむ患者様:
「色々と悪い所があるから。」

私:
「じゃあ一番気になる
辛いことから話してみて下さい。」

長引く咳で苦しむ患者様:
「一番は咳が出るんです。ゴホゴホ。
ほら?こうやって話したりすると…。
ゴホゴホ。ゴホゴホ。」

私:
「随分、変な咳ですね?」

長引く咳で苦しむ患者様:
「そうなんです。
もう何年もこんな状態で…。」

私:
「何年もですか?」

長引く咳で苦しむ患者様:
「何かウイルス性か?細菌とか
何か知らないけど、それが悪さを
してるって言われてるんです。」

私:
「ふ~ん。寝れてるんですか?」

長引く咳で苦しむ患者様:
「それが仰向けになると
咳きが止まらなくて寝付きも悪いし
寝たと思ったら咳で目を覚めすのを
繰り返していて寝れてません。」

私:
「あ~それは辛いですね。
今は治療は何かしてるんですか?」

長引く咳で苦しむ患者様:
「それが薬で抑えるだけで
前は強いやつを飲んでいたけど
あまり効果がなかったから
身体にもよくないって止めてます。」

私:
「じゃあ、何にも薬は?」

長引く咳で苦しむ患者様:
「睡眠薬と精神安定剤を少し。」

私:
「そうなんですね。」

長引く咳で苦しむ患者様:
「肺にも影があるって言われてます。」

私:
「あ~それはあるでしょうね。
水は溜まったことはあります?」

長引く咳で苦しむ患者様:
「それはないと思いますけど。」

私:
「どこか痛いとか苦しいとかは?」

長引く咳で苦しむ患者様:
「それは咳をする度に呼吸も苦しいし
肋骨が痛いというか喉も痛いし
肩とか首も痛くなりますよね。」

私:
「咳をしていない時には
胸とか背中とかは痛くないですね?」

長引く咳で苦しむ患者様:
「それはありませんけど
咳が出る時はあちこちが痛いです。」

私:
「なるほど。鼻水とかは?」

長引く咳で苦しむ患者様:
「それがあんまり出ないんです。」

私:
「そうなんですね。
息がしづらさそうですね。」

長引く咳で苦しむ患者様:
「はい。深く息をしようとすると
咳が出ますので、浅くするように
自然としてるみたいで…。」

私:
「そうですね。」

長引く咳で苦しむ患者様:
「免疫力をつけるためとかで
色々飲んだり、色々とやってきた
けど、なかなかですね。
何でなのかな~って思います。」

私:
「そうですね。
奥さん、呼吸の仕方がちょっと
問題があるんですよ。

長引く咳で苦しむ患者様:
「呼吸の仕方ですか?」

私:
「はい。何か腹で呼吸をする?
というか何て言えばいいのか?
胸が全く動いてないんです。」

長引く咳で苦しむ患者様:
「えっ?どういうことですか?」

私:
「咳きが出ないようにしてるのか?
そういう癖なのかはわかりませんけど
それだと多分、咳が出ると思います。」

長引く咳で苦しむ患者様:
「ん???」

私:
「ちょっと仰向けに出て下さい。」

長引く咳で苦しむ患者様:
「あっ、はい。」

私:
「今からちょっとあることを
体験してもらいますからね。」

長引く咳で苦しむ患者様:
「あること?」

私:
「簡単に言うと咳が出る原因を
身体で体験してもらうんです。」

長引く咳で苦しむ患者様:
「ん???」

私:
「仰向けに寝て、その状態から
深呼吸をしてみ下さい。」

長引く咳で苦しむ患者様:
「深呼吸ですか?はい。
すう~~~ゴホゴホ…。
あ~すいません。ゴホゴホ…。」

私:
「いやそれでいいんです。
仰向けで深呼吸すると咳が出ますね。
すいませんけど、もう一回。」

長引く咳で苦しむ患者様:
「深呼吸ですか?
すう~~、ゴホゴホ…・。
やっぱりダメですね。」

私:
「じゃあ、僕がお腹を押えますから
お腹が膨らまないように深呼吸を
してみてもらっていいですか?」

長引く咳で苦しむ患者様:
「はい。スウ~~~~~。」

私:
「ねっ?咳が出ないでしょ?
試しにもう一回して下さい。」

長引く咳で苦しむ患者様:
「はい。スウ~~~。
あ~本当だ。咳が出ない。
不思議ですね?何でなんですか?」

私:
「これ呼吸の仕方がおかしいんです。
何でお腹を膨らますんですか?」

長引く咳で苦しむ患者様:
「いや腹式呼吸がいいって聞くから
なるべく腹式呼吸をしようと思って
こう言う呼吸をしてるんですけど?」

私:
「いや、その腹式呼吸は違いますね。
よくお腹を膨らませて~?とか
教えてるみたいですけど、あれは
腹式呼吸を間違ってるんです。」

長引く咳で苦しむ患者様:
「え~でも、そう言いますよね?」

私:
「まあ間違っているとかないとか
今を置いておいて、咳が出ない
という事に着目して下さい。
咳が出なかったでしょ?」

長引く咳で苦しむ患者様:
「はい。そうです。」

私:
「じゃあ咳が出ないように呼吸を
することを身につけるんです。

咳をする度に、口から吸い込み
咳をする度に、喉を傷めて

喉に炎症が起きて

口呼吸で菌が繁殖し

それが咳をする度に
肺に体内に入り込んでいくわけです。

それが肺の影とかウイルス、菌と
いうものに繋がっているわけです。

だから、何年も咳が続いている
というわけなんです。」

長引く咳で苦しむ患者様:
「なるほど…。
でも、こんな簡単なことで?」

私:
「この簡単な事に
気づいていないのが問題なんですよ。
気づいていないから症状が長く
続いてしまっているわけですよ。」

長引く咳で苦しむ患者様:
「そうなんですけど、どうして?
病院とかでは教えてくれないの?」

私:
「それは病院に聞いてもらうとして
するべきことは呼吸を身につける
ただそれだけのことです。」

長引く咳で苦しむ患者様:
「わかりました。でも、難しい。
この呼吸の仕方は…。」

私:
「練習あるのみです。」

長引く咳で苦しむ患者様:
「わかりました。」

と、ここまでが、患者様と
私との問診のやり取りです。

この咳きが長く続くという症状は
何かウイルスとか菌とか色々と
言われています。

ですが、私は違うと思います。

全否定ではありませんが
それはただの結果であって
原因ではありません。

原因は間違った呼吸法にあります。

巷で出回っている腹式呼吸。

これがとてもクセモノなのです。

呼吸には解剖生理的には2種類

胸式呼吸と言って胸で呼吸する方式

これは女性に多いと言われてます。

次に腹式呼吸ですが
これが呼吸を狂わす根本です。

腹式呼吸は別名:横隔膜呼吸です。

つまり、腹式呼吸は
お腹で呼吸をするのではなく
横隔膜でする呼吸というわけです。

それを指導でお腹を膨らませて~
ということが大々的に広まってから
呼吸法がおかしくなりました。

本来は胸式、腹式を合わせた呼吸が
一番の理想的な呼吸です。

咳が長く続く理由というのは
間違いなく呼吸法にあると言えます。

この患者さんはその後しばらくして
咳は治まって、様々な症状が改善し
すごく元気になりました。

それはそうです。

呼吸は息すること。

生きることなんです。

酸素を十分に体内に取り込み

脳がしっかりと働いてくれる

元気にならないわけがないのです。

ぜひとも咳が長く続いているなら
腹式呼吸をしていないか?を確認して
しているのなら改めて下さい。

きっと症状は改善されます。

腹式呼吸をしていないとしたら
他にも原因があるかもしれませんが
それはまた見つけていけばいいだけ。

やれることはやっていきましょう。

さて、
今回の「家庭の医学 in 久留米」
「長引く咳の原因」
というテーマでお届けいたしました。

同じようなご経験でお悩みのあなた!
病院では治らない症状に対する対応力
を徹底的に高めた当院へお越し下さい。

当院は、病院では治らない症状でお悩みのたくさんの方にご来院いただいております。身体の構造を解剖的観点から論理的にアプローチするのはもちろん、心が身体に及ぼしているものをセッションを通して、または栄養面から診たりと、その方にあったトータルケアをあらゆる方面から探り、健康へのアドバイスを行っております。もっと言うなら人生を生きる喜びを思い出して欲しいとそう思っております。

福岡県久留米市・筑後・八女・佐賀県鳥栖市にお住まいの方、東京都を初め関東近隣にお住いの方で病院でも治らず、もしくは病院に相談する内容でもないようなことでお困りの方は、4万人を超える臨床経験がありますので、安心してあなたのお悩みをお聞かせ下さい。

なお、電話、メール、コメントでの症状に関するご相談には応じておりませんので、ご理解のほどをよろしくお願い致します。

あなたと出会い、笑顔を取り戻してくださる日を心より楽しみにしております。