なぜ?腎臓病の予防と整体が関係あるのか?

12月 16, 2016

さ~て、今回ご紹介する症例は、

腎臓病で透析になるかならないか?
というくらい腎機能が低下している
80代女性

が診察でお見えになる内容です。

気になっているあなたは
是非読んでくださいね!

腎臓病の予防

こんにちは。

「家庭の医学 in 久留米」
を運営している
トータルケア太陽(福岡県久留米市)
心身療法士の中尾和人です。

さて、
今回の「家庭の医学 in 久留米」
「腎臓病の予防と整体」
というテーマでお届けいたしますね。

腎臓病の予防に関心のある方の
お役に立てるのではないか思います。

福岡県久留米市の整体師が診た!
【解剖から診る腎臓病の予防とは?】

私:
「こんにちは。
どんな風にありますか?」

腎臓病の予防をしたい患者の娘:
「はい。母なんですけど、
今年の一月から調子悪くなって
前は外にも歩いていたのが全然
歩かなくなってしまって…。」

私:
「どんな風に調子が悪いんですか?」

腎臓病の予防をしたい患者の娘:
「母は腎臓が悪くて、このままだと
透析をしないといけないとか言われて
貧血もすごいし、あんまり食べれなく
なってきていて、体重も落ちるし
って感じで、なんかですね~。」

私:
「80歳くらいでしょう?
この歳になって透析なんて
5時間くらい週に3回ですからね。
とてもじゃないですよね?」

腎臓病の予防をしたい患者の娘:
「そうなんですよ。
母はあんな風だから。」

私:
「そうそう!とてもじゃないけど
じっとはしておけないでしょうね。」

腎臓病の予防をしたい患者の娘:
「そうです。だから、もし透析に
なったら、誰かが一日付き添う
ことになりますよね。」

私:
「それは本当に大変ですよ。」

腎臓病の予防をしたい患者の娘:
「そうなんです。どうしたらいいか?
姉と話をしていたら、先生のところに
連れていってみようということで
連れてきてみたんですけどね。」

私:
「なるほど。
腎臓が悪くて、透析になるのと
本人が辛そうだということが
問題なんですよね。

腎臓は構造がきちんとしていて
充分な機能が発揮できるという
ことを私はよく言うんです。」

腎臓病の予防をしたい患者の娘:
「構造が機能を…ですか?
なんとなくわかるような…。」

私:
「そう、腎臓は腎臓のあるべき位置
というものがあるんですけど
その場所から腎臓が動いてしまうと
腎臓が機能しなくなるんです。」

腎臓病の予防をしたい患者の娘:
「エコーとかで診てもらったら
大きさとか異常はないって
言われたんですけどね。」

私:
「大きさとかも関係ありますけど
位置というのが大事なんです。」

腎臓病の予防をしたい患者の娘:
「腎臓が下がるとか言いますね。」

私:
「そうそう。
腎臓が下がっていることが
本当に多いんです。」

腎臓病の予防をしたい患者の娘:
「何で下がるんですか?」

私:
「腎臓というのは背中の真ん中の
後ろ側のところにありますよね?」

腎臓病の予防をしたい患者の娘:
「あ~はいはい。」

私:
「背骨は喉のところで前に曲がって
肩甲骨のところで後ろに曲がって
お臍のところで前側に曲がってる
構造をしているんです。」

背骨の湾曲

腎臓病の予防をしたい患者の娘:
「あ~そうですね。」

私:
「このお臍のところで一番前に腰骨が
曲がっているところの上に腎臓が
引っかかるようにくっついて
落ちないようになっているんです。」

腎臓位置

腎臓病の予防をしたい患者の娘:
「へえ~なるほど。」

私:
「でっ、それだけではなくて
腎臓がズレ落ちないように下から
支えている筋肉があるんですけど
歩かないとその筋肉が痩せて
腎臓が落ちやすくなるんです。」

腎臓と腸骨筋

腎臓病の予防をしたい患者の娘:
「あ~歩かないからですね。」

私:
「今は便利なもので歩かなくて
よくなってしまっているんで
腎臓が悪い人が多いんですよ。」

腎臓病の予防をしたい患者の娘:
「あ~そうなんですね~。」

私:
「で、腎臓が下がる原因ですけど
座っていることが多かったり
腰が曲がったり、姿勢が悪かったり
猫背のまま過ごしていたりしてると
腰骨の前側の曲がりが少なくなって
さっきの引っ掛かりが機能しない。」

腎臓病の予防をしたい患者の娘:
「それで腎臓が下がるんですね。」

私:
「でっ、さらに都合の悪いことに
背骨が曲がってくるところから
腎臓を動かしている神経が出ている
から、その神経も機能しない」

腎臓病の予防をしたい患者の娘:
「なんか悪いことばかりですね。」

私:
「悪くなる原因を言っているから
それを正してあげればね!」

腎臓病の予防をしたい患者の娘:
「あっそっか?そうですね。」

私:
「だから姿勢を良くするために
背骨とか筋肉の調整とかをして
神経の流れも整えるということを
していくと長くかかりますし、
完全ではありませんけど
次第に回復していくと思いますし
悪くならないようにしないとですね。」

腎臓病の予防をしたい患者の娘:
「あ~よろしくお願いします。」

と、ここまでが、患者様と
私との問診のやり取りです。

腎臓は一度、悪くなると
回復しないと言われています。

でも、そうでもない例が
いくつか見られるようです。

確かに今回の記事で書いた
背骨の調整と歩くという運動だけ
では、もちろんダメです。

飲酒、喫煙、運動、睡眠、ストレス
など様々な生活習慣を見直す必要が
あります。

今回のように腎臓というものを
体の構造という観点から診ると
回復の糸口も見えてくる気がします。

構造がきちんとしていてこそ
その機能は十分に発揮されます。

さて、
今回の「家庭の医学 in 久留米」
「腎臓病の予防と整体」
というテーマでお届けいたしました。

同じようなご経験でお悩みのあなた!
病院では治らない症状に対する対応力
を徹底的に高めた当院へお越し下さい。

予約先

当院は、カイロプラクティック、整体、カウンセリングなどを融合させた病院では治らない症状の対応力を徹底的に高めた神心仁整体メソッドを独自に開発、技術向上を日々、図っております。

福岡県久留米市・筑後・八女・佐賀県鳥栖市にお住まいの方で病院でも治らずお困りの方は4万人の臨床経験をありますので、安心してあなたのお悩みをお聞かせ下さい。