便の出が悪いなら右の下腹部に原因があるかも?

5月 11, 2018


さ~て、今回ご紹介する症例は、

便の出が悪い状態が続いていて、切れ痔になって
困っているという筑後市在住の80代女性

が診察でお見えになる内容です。

気になっているあなたは是非読んでくださいね!

便の出が悪い

こんにちは。

「家庭の医学 in 久留米」を運営している
トータルケア太陽(福岡県久留米市)
心身療法士の中尾和人です。

さて、今回の「家庭の医学 in 久留米」
「便の出が悪い」
というテーマでお届けいたしますね。

同じように便の出が悪いと感じている方の
お役に立てるのではないか思います。

福岡県久留米市の整体師が診た!
【便の出が悪い原因について】

問診自分

福岡県久留米市の整体師:
「今日はなんか右のお腹が変ですね。」

便の出が悪い患者様:
「そうですか。おかしいですか?」

福岡県久留米市の整体師:
「ここを押えると痛いでしょう?」

便の出が悪い患者様:
「あっ!痛い!痛いですね。」

福岡県久留米市の整体師:
「そうでしょう?」

便の出が悪い患者様:
「なんですか?それは?もしかして…?」

福岡県久留米市の整体師:
「ガン?じゃないですよ。多分!?
腸の動きが悪くなっているみたいです。
最近、便秘していませんか?」

便の出が悪い患者様:
「そうです。トイレに行くたびに少しづつは出るんですよ。
でも、便の出が悪いみたいで踏ん張り過ぎたのか?
切れ痔になって、血が出ていましたものね。」

福岡県久留米市の整体師:
「う~ん。やっぱりそうですか。
腸の動きをよくしておきますから」

便の出が悪い患者様:
「そうですか?お願いします。」

福岡県久留米市の整体師:
「やっていてトイレに行きたくなったら
遠慮せずに行くようにしてくださいね。
便秘には我慢が一番よくないですからね。」

便の出が悪い患者様:
「わかりました。しかし、なんで腸の動きが悪くなるの?」

福岡県久留米市の整体師:
「色々とありますけど、腸のこの部分は上に向かって
食べ物を移動させないといけない部分なんですよね。
だから、重力がかかっていて、上に持っていく力が
弱っている可能性がありますね。」

便の出が悪い患者様:
「重力ね。腹筋が足らないからかしら?」

福岡県久留米市の整体師:
「う~ん。それもあるけど、腸自体の運動が少し
悪くなっているといった方がいいかもしれませんね。」

便の出が悪い患者様:
「どうしたらいいのかしら?」

福岡県久留米市の整体師:
「ひとつは腸自体を直接軽く動かして刺激すること。
もうひとつは首からの迷走神経という神経の働きを
よくすることをしていけば、だいぶ変わると思います。」

便の出が悪い患者様:
「それはやってくれるのかしら?」

福岡県久留米市の整体師:
「もちろん、やっておきますから安心して下さい。」

便の出が悪い患者様:
「あ~よかったわ。お願いしますね。」

福岡県久留米市の整体師:
「はい。わかりました。」

と、ここまでが、患者様と私との問診のやり取りです。

この女性は、施術の途中からお腹がゴロゴロと
音がなり始めて、施術が終わってから30分も
しないうちにトイレに駆け込んでいき、便が出ました。

右の下腹部に詰まった感じを感じている方は
仰向けに寝て、右側の下腹部を上腹部へ持ち上げるように
軽くマッサージしてみて下さい。

決して強くせずに、軽く、何度も下から上に
マッサージをしてみて下さいね。

かなり便が出やすくなると思います。

さて、今回の「家庭の医学 in 久留米」
「便の出が悪い」
というテーマでお届けいたしました。

同じように便の出が悪いと感じている方は
下腹部の腸の動きの悪さが原因かもしれませんよ!

同じようなご経験でお悩みのあなた!
是非、痛みの原因発見と解決の当院へご連絡下さい。

予約先

当院は、病院では治らない症状でお悩みのたくさんの方にご来院いただいております。身体の構造を解剖的観点から論理的にアプローチするのはもちろん、心が身体に及ぼしているものをセッションを通して、または栄養面から診たりと、その方にあったトータルケアをあらゆる方面から探り、健康へのアドバイスを行っております。もっと言うなら人生を生きる喜びを思い出して欲しいとそう思っております。

福岡県久留米市・筑後・八女・佐賀県鳥栖市にお住まいの方、東京都を初め関東近隣にお住いの方で病院でも治らず、もしくは病院に相談する内容でもないようなことでお困りの方は、4万人を超える臨床経験がありますので、安心してあなたのお悩みをお聞かせ下さい。

なお、電話、メール、コメントでの症状に関するご相談には応じておりませんので、ご理解のほどをよろしくお願い致します。

あなたと出会い、笑顔を取り戻してくださる日を心より楽しみにしております。