大阪施術バナー

大阪施術バナー

捻挫して3週間経つのに足首の外側が痛い原因とは?

10月 25, 2015


さ~て、今回ご紹介する症例は、

スポーツをしていて、足首を捻挫して
3週間固定しているけど、痛みが
取れない10代男性

が診察でお見えになる内容です。

今回の症例も興味深いですよ~。

気になっているあなたは
是非読んでくださいね!

足首の外側の痛み

こんにちは。

「家庭の医学 in 久留米」
を運営している
トータルケア太陽(福岡県久留米市)
心身療法士の中尾和人です。

さて、
今回の「家庭の医学 in 久留米」
「足首の外側の痛み」
というテーマでお届けいたしますね。

同じように捻挫をして、足首に痛みが
ある方のお役に立てるのではないか
と思います。

福岡県久留米市の整体師が診た!
【足首の外側の痛み原因について】

問診自分

私:
「こんにちは。
足首は痛みが取れんやった?」

足首の外側に痛みがある患者様:
「そうなんですよ~。」

私:
「電話をもらってから
どれくらい経つとかな~?」

足首の外側に痛みがある患者様:
「あの時から、そうですね~?
3週間くらい経ちますね~。」

私:
「ずっと足首は固定しとったと?」

足首の外側に痛みがある患者様:
「はい。足首を痛めてから、
すぐに病院に行ったんですけど
レントゲンでは骨に異常はない
ということで、固定するように
言われていたものですから。」

私:
「どんな感じで足首を痛めたわけ?」

足首の外側に痛みがある患者様:
「ラグビーで、タックルもらって
その時に、あっ痛って感じで…。」

私:
「なん?踏まれたと?」

足首の外側に痛みがある患者様:
「いや!もうどうなったのか?
全然わからなくて、倒れた後に
起き上がろうとしたら、あっ痛って
なってたみたいな感じで…。」

私:
「ふ~ん。でっ、どこが痛いと?」

足首の外側に痛みがある患者様:
「足首の外側っていうか…。
病院では前距腓靭帯?とか
あともう一つがなんとか靭帯の
二か所を傷めてると言われました。」

私:
「まあ、ここら辺やろうね。
MRIかなんか検査したとかね?」

APVXJdZmmwL3YRL1445726249

足首の外側に痛みがある患者様:
「いや、足首を引っ張ったりして
グレードが2とかなんとか言われて
ましたけどね。」

私:
「なるほど。それで固定しているけど
痛みがあるということなんやね?」

足首の外側に痛みがある患者様:
「そうです。痛めた時ほどじゃない
けど、歩くときもまだズキッて
足首に痛みが走りますもんね。」

私:
「その状態でラグビーしよると?」

足首の外側に痛みがある患者様:
「いやまだ、全然痛くて
そんな事は全然無理ですよ。」

私:
「そんなに痛いという事ね。
じゃあちょっと診てみようか?」

足首の外側に痛みがある患者様:
「はい。お願いします。」

私:
「仰向けになってもらってよか?」

足首の外側に痛みがある患者様:
「あっ、はい。仰向けですね。」

私:
「足首をこう動かして痛みはある?」

足首の外側に痛みがある患者様:
「いや特に痛みはないです。」

私:
「動かして痛みはないね。
自分で動かしてみて?」

足首の外側に痛みがある患者様:
「こうですかね?」

私:
「その時に痛みは?」

足首の外側に痛みがある患者様:
「いや、別にないです。」

私:
「どんな時に痛いとやったかね?」

足首の外側に痛みがある患者様:
「歩くときに踵を離す時に
うわっっていうか、ズキッていうか
足首のところに痛みが走るんです。」

私:
「ふ~ん。なるほど。ところで
今は足に力を入れてないとかね?」

足首の外側に痛みがある患者様:
「えっ?全然入れてないですよ。」

私:
「ほお~なるほど~。
この指に力を入れてみて?
ちょっと押すけん、堪えてね?」

vnNrLHQXsjOkymi1445726229

足首の外側に痛みがある患者様:
「あっいや!力が入らないです。」

私:
「あ~やっぱりね?
これは足首ではなくて、腰からきて
いるみたいやね~?」

足首の外側に痛みがある患者様:
「腰からですか?」

私:
「この筋肉を動かしているのは
腰のところから出ている神経で
そこがタックルの時におかしく
なったんじゃないかね~。」

足首の外側に痛みがある患者様:
「あ~。そういうことですか~。」

私:
「まあとりあえずわからんやろうけん
とりあえず、調整してみようか?」

足首の外側に痛みがある患者様:
「はい。お願いします。」

施術中

私:
「よしゃ~。立って足首の痛みが
どうなったのか?教えてくれんね?」

足首の外側に痛みがある患者様:
「あっ!はい。
あっ、だいぶいいです。」

私:
「あっそうか?こっちの筋肉の調整を
忘れとったばい。ごめんごめん。」

調整中

私:
「もう一回やってみて?」

足首の外側に痛みがある患者様:
「あっ!もうかなりいいです。」

私:
「少し固定していた分の筋力が落ちた
分の不安定感はあるやろうけど、
もう軽くジョギング位から始めて
良いと思うよ。」

足首の外側に痛みがある患者様:
「うわ~!よかった~。
母親が骨とかに異常がないなら
もう先生のところに行った方が
早いし、原因がわかるけん、
行ってこんね?と言われたんです
けど、本当によかったです。」

私:
「そうね。お母さんは腰は?」

足首の外側に痛みがある患者様:
「痛がってます。言われた体操も
してないから、きづらいとか
言ってましたよ。(笑)」

私:
「ははは。そうね。じゃあちょっと
外に出て挨拶をしようかね。(笑)」

と、ここまでが、患者様と
私との問診のやり取りです。

この患者様は足首の捻挫はもちろん
していたのかもしれませんが、足首を
動かしている筋肉の動きが悪くなって
いることが痛みの原因でした。

タックルの時に、足首を動かしている
神経が出ている腰のところがおかしく
なってしまったようです。

それによって、足の指を動かす筋肉が
誤作動を起こして、筋肉のバランスを
乱したことで骨の位置が無理やりに
固定された状態になっていました。

なかなか足首の痛みが取れない時には
筋肉バランスや神経の流れも考慮して
診る必要があるという貴重な症例だと
思います。

さて、
今回の「家庭の医学 in 久留米」
「足首の外側の痛み」
というテーマでお届けいたしました。

同じようなご経験でお悩みのあなた!
是非、痛みの原因発見と解決の当院へ
ご連絡下さい。

予約先

当院は、カイロプラクティック、整体、カウンセリングなどを
融合させた徹底的に解剖学に基づいた独自の施術態勢を取って
おります。

福岡県久留米市・筑後・八女・佐賀県鳥栖市にお住まいの方で
病院でも治らず、いい整体・カイロプラクティックをお探しの方、
当院はその枠に留まらずにあなたの健康を支える方法を
アドバイスしております。

4万人の臨床経験をありますので、
安心してあなたのお悩みをお聞かせ下さい。