大阪施術バナー

大阪施術バナー

足の甲が痛いのは、足の骨がズレているから。

5月 11, 2018


さ~て、今回ご紹介する症例は、

何もしていないのに、ある日から
足をつくと痛くて歩けなくなった
という80代女性

が診察でお見えになる内容です。

気になっているあなたは是非読んでくださいね!

足の甲が痛い

こんにちは。

「家庭の医学 in 久留米」を運営している
トータルケア太陽(福岡県久留米市)
心身療法士の中尾和人です。

さて、今回の「家庭の医学 in 久留米」
「足の甲が痛い」
というテーマでお届けいたしますね。

同じように足の甲が痛いという方の
お役に立てるのではないか思います。

福岡県久留米市の整体師が診た!
【足の甲が痛い原因と治療法について】

足の甲の痛みを診る私:
「こんにちは。今日はどうされましたか?」

足の甲が痛い患者様:
「こんな風な感じで足をつくと痛いので
びっこひくようにしてしか歩けなくなって
しまって、困っているんです。」

足の甲の痛みを診る私:
「なんで足をつくと痛くなったんですか?」

足の甲が痛い患者様:
「それが足をつくと痛い原因が
心当たりがないんですよ。
足をぶつけたわけでもないし、
長く歩いたわけでもない。」

足の甲の痛みを診る私:
「いつから足をつくと痛くなったんですか?」

足の甲が痛い患者様:
「足をつくと痛くなってから、
もう2週間くらいなりますね。」

足の甲の痛みを診る私:
「足をつくと痛くなった日は
何をしていたんですか?」

足の甲が痛い患者様:
「何をしたっていうか、普通に買い物行って
あっ?友達の家に行った時に足が引っ掛かって
転びそうになって、転ばなくてよかった
と思ったことはありましたけどね。」

足の甲の痛みを診る私:
「どんな風にして転びそうになったんですか?」

足の甲が痛い患者様:
「足先が部屋の敷居に引っかかってですね。」

足の甲の痛みを診る私:
「なるほど…。」

足の甲が痛い患者様:
「それで歩いて帰ってきたんですけど
その時に帰ってくるときに足の調子が
おかしいな~とは思っていたんです。」

足の甲の痛みを診る私:
「どんな風に足がおかしかったんですか?

足の甲が痛い患者様:
「どんな風にというか、足をつくと痛い
ような感じがしていたんですよね。」

足の甲の痛みを診る私:
「なるほど…。」

足の甲が痛い患者様:
「そして、家について椅子に座って
テレビを見ていて、トイレに行こうと
思って、立ち上がろうとして足をついたら
この痛みが出てきたんです。」

足の甲の痛みを診る私:
「足をつくと、どこが痛いんですか?」

足の甲が痛い患者様:
「足の甲のところが痛いんです。」

足の甲の痛みを診る私:
「じっとしていては足の甲に痛みは?」

足の甲が痛い患者様:
「それはないですよ。」

足の甲の痛みを診る私:
「じゃあ、足をつくと甲に痛みがあるんですね。」

足の甲が痛い患者様:
「そうです。足をついた時だけ甲が痛いです。」

足の甲の痛みを診る私:
「病院には行ったんですか?」

足の甲が痛い患者様:
「行きましたよ。骨はどうもなってないって。」

足の甲の痛みを診る私:
「骨に異常はなかったんですね。それで?」

足の甲が痛い患者様:
「いや、捻挫だろうということで湿布もらって
帰ってきたんですけど、全然よくならないからね。」

足の甲の痛みを診る私:
「病院には通っているんですか?」

足の甲が痛い患者様:
「毎日行っていますよ。電気当たりに。」

足の甲の痛みを診る私:
「足をつくと痛くなってから、しばらく経つけど
全然足をついた時の痛みに変化はないんですか?」

足の甲が痛い患者様:
「全然ないですね~。だから先生に聞いたんです。」

足の甲の痛みを診る私:
「そしたら何て言われたんですか?」

足の甲が痛い患者様:
「もう歳なんだから、しばらくかかるよって。」

足の甲の痛みを診る私:
「まあ、しばらくかかるでしょうね。」

足の甲が痛い患者様:
「それにしたって、全然痛みが引かないからですね。」

足の甲の痛みを診る私:
「ですよね。じゃあ、ちょっと診てみましょうか?」

足の甲が痛い患者様:
「はい。お願いします。」

検査中

足の甲の痛みを診る私:
「これはここがおかしいみたいですね。」

足の甲が痛い患者様:
「そうそう!そこが一番痛いの!」

足の甲の痛みを診る私:
「ここの骨が完全にズレていますね。」

足の甲が痛い患者様:
「骨がズレている?なんでかしら?」

足の甲の痛みを診る私:
「いや、友達の家で引っかかった時じゃないですか?」

足の甲が痛い患者様:
「あ~あの時ね~?たったあれだけで?」

足の甲の痛みを診る私:
「いや、ひっかかったことじゃなくて
強く脚を踏み出して、転ばないようにしたでしょ?」

足の甲が痛い患者様:
「そうそう転んだら大変なことになると思って
必死になって足を前に出したわよ。」

足の甲の痛みを診る私:
「だからその時に強く足をついた時に
ここの骨に無理な力がかかったんだと思います。」

足の甲が痛い患者様:
「なるほどね~。骨がズレたのはどうにかなるの?」

足の甲の痛みを診る私:
「なりますよ。というか、もう元の位置にしました。」

足の甲が痛い患者様:
「えっ?いつしたの?」

足の甲の痛みを診る私:
「今、してたじゃないですか?」

足の甲が痛い患者様:
「触っていただけみたいだけど…?」

足の甲の痛みを診る私:
「まあ、立ってから足をついて
甲の部分が痛いか確認をしてみて下さい。」

確認中

足の甲が痛い患者様:
「あ~足の甲の部分は痛くないですね。」

足の甲の痛みを診る私:
「足の甲の部分は?というと?」

足の甲の部分はというか、
足をついても痛くないみたいですね。」

足の甲の痛みを診る私:
「いいということですか?」

足の甲が痛い患者様:
「はい。足の甲の痛みはいいです。
体重をかけれます。痛くないです。」

と、ここまでが、患者様と私との問診のやり取りです。

足の甲の骨は片足に7個もあります。

その骨がきちんと動いていてこそ
体重を分散させることができるのです。

その骨は急な衝撃やひねりには
非常に弱い性質を持っています。

足をくじいたり、ジャンプした時
転びそうになって、足を出した時
に容易にズレてしまいます。

足の甲の部分が痛いという方は
その部分の骨がズレていることを
疑ってみるのもひとつの診方です。

さて、今回の「家庭の医学 in 久留米」
「足の甲が痛い」
というテーマでお届けいたしました。

同じようにいる方は、
かもしれませんよ!

同じようなご経験でお悩みのあなた!
是非、痛みの原因発見と解決の当院へご連絡下さい。

予約先

当院は、病院では治らない症状でお悩みのたくさんの方にご来院いただいております。身体の構造を解剖的観点から論理的にアプローチするのはもちろん、心が身体に及ぼしているものをセッションを通して、または栄養面から診たりと、その方にあったトータルケアをあらゆる方面から探り、健康へのアドバイスを行っております。もっと言うなら人生を生きる喜びを思い出して欲しいとそう思っております。

福岡県久留米市・筑後・八女・佐賀県鳥栖市にお住まいの方、東京都を初め関東近隣にお住いの方で病院でも治らず、もしくは病院に相談する内容でもないようなことでお困りの方は、4万人を超える臨床経験がありますので、安心してあなたのお悩みをお聞かせ下さい。

なお、電話、メール、コメントでの症状に関するご相談には応じておりませんので、ご理解のほどをよろしくお願い致します。

あなたと出会い、笑顔を取り戻してくださる日を心より楽しみにしております。