大阪施術バナー

大阪施術バナー

口が開かなくなったのは筋肉のせい!?

5月 11, 2018


さ~て、今回ご紹介する症例は、

口が開かなくなって、味見ができなくなり
廃業をすることまで考えた料理人

が診察でお見えになった内容です。
気になっているあなたは是非読んでくださいね!

料理人

今回の記事は、顎に関する具体的な事例をみながら
解決方法が知りたい方のために対話形式で書いてます。

もし、事例よりも顎周りのお悩みに対する
知識と解決方法が知りたい方は
その内容が存分に盛り込まれている
こちらをご覧ください。

顎の痛みはどこで解決するべきか?

また、他の具体的な事例もありますので
その
解決方法が知りたい方はそちらもご覧ください。

「ものを噛むと顎に痛みが出る女性」

「顔の歪みが気になるヨガ好きな女性」

こんにちは。

「家庭の医学 in 久留米」を運営している
トータルケア太陽(福岡県久留米市)
心身療法士の中尾和人です。

さて、今回の「家庭の医学 in 久留米」
「口が開かなくなったのは筋肉のせい!?」
というテーマでお届けいたしますね。

口が開かなくなって、当院を受診された
【50代女性(八女市在住】
との問診でのやり取りです。

同じように口が開かなくなった方の
お役に立てるのではないか思います。

私が診た!
【開かなくなった口を開けるポイントとは!?】

問診自分

私:
「こんにちわ。今日はどんなふうにありますか?

口が開かない患者様:
頭をぺこりと下げて、下を向いています。

気のせいか?お酒の匂いがします

私:
「ん!?どうしました?
どんなふうにありますか?

口が開かない患者様:
「※▼◇※▼◇※▼◇※▼◇※▼◇※▼◇」

私:
「ん!?ん!?」

口が開かない患者様:
口を指差して、手を×をする動作をしています。

私:
「ん!?耳が聞こえないんですか?」

口が開かない患者様:
すると、違うと手を横に振っています。

私:
「ん!?紙に書いてもらえますか?」

ペンと紙を差し出して、書いてもらいました。
そこに書いてあったのが、

口が開かない患者様:
「口が開きません。」

私:
「あ~!?
えっ?口が開かなくなったのはいつからですか?」

口が開かない患者様:
「いっしゅうかんまえ(一週間前)」

私:
「どこか痛みはありますか?」

口が開かない患者様:
「口を開けようとすると痛い」

私:
「どこか行きました?」

口が開かない患者様:
「びょういんと、はいしゃ(病院と歯医者)」

私:
「どんなふうでした?」

口が開かない患者様:
「がくかんせつしょうでくすり(顎関節症で薬)」

私:
「なるほど、仕事は何ですか?」

口が開かない患者様:
「お店をしている」

私:
「えっ!?何系ですか?」

口が開かない患者様:
「仕出しと飲み屋」

私:
「えっ!?接客ですか?」

口が開かない患者様:
「料理も」

私:
「えっ~!?それはいかんですね。
どこまでいけるか?わかりませんけど
とりあえず、仰向けに寝てもらっていいですか?」

口が開かない患者様:
「コクン・・・。」

顎の周りを触ってみました。

どこの筋肉が悪いのか?
顎の関節面が悪いのか?
首からきているのか?

どうやら、口を開く筋肉が反応していないようです。

口を開く時の筋肉

その口を開く筋肉が
きちんと反応するように刺激を与えてあげました。

その他、色々と触って…

私:
「ちょっと口を開けれるなら、開けてみて下さい。」

さあ~口は開くかな?と興味津々。

すると声が

口が開かない患者様:
「うっあ~ん。」

感動

口を開けたと同時に声を出されました。
そして、そのまま大泣きです。

私:
「あれ!?痛いんですか?大丈夫ですか?」

口が開かない患者様:
「え~ん、え~ん、え~ん。
違うの。口が空いたから余りにも嬉しくって…」

ひとしきり涙を流されて

口が開かない患者様:
「口が開かなくなって、味見もできないし
口を動かすと痛くて話も出来なくなって
もうこれだと店を閉めないといけないかな?
なんてかなり落ち込んでいたの…。」

私:
「そうですよね。口が開かないと
商売できないですもんね。よさそうですか?」

口が開かない患者様:
「うん!まだ完ぺきじゃないけど、
口は開くし、なんとかしゃべれるわ。
ありがとうございます。」

私:
「いえいえ。あんまり酒飲んだらいかんですよ。」

口が開かない患者様:
「あら!?匂いしよったね!?」

私:
「してますよ。まあ仕方ないですよね。」

口が開かない患者様:
「少し通って、悪くならんごとしていかやんめ?」

私:
「はい!」

と、ここまでが、患者様と私との問診のやり取りです。

この方の口が開かなくなった原因は筋肉でした。

どうやら口を開く筋肉が反応していないようです。

さらに口を強く噛みこむ癖があるようで、
噛むために使う筋肉が異様に硬直していました。

本人は虫歯が原因とか色々と言われていましたけど
おそらく料理をする時に、かなり歯を食いしばって
いるようです。

これを何とか勤めて、噛みこまないように
指導をして、帰っていただきました。

これが、この患者様の口が開かなくなった原因と
解決に導いたやり取りの内容です。

同じように口が開かなくなっている方は
顎を動かす筋肉が原因なのかもしれませんよ。

同じようなご経験でお悩みのあなた!
是非、痛みの原因発見と解決の当院へご連絡下さい。

当院は、病院では治らない症状でお悩みのたくさんの方にご来院いただいております。身体の構造を解剖的観点から論理的にアプローチするのはもちろん、心が身体に及ぼしているものをセッションを通して、または栄養面から診たりと、その方にあったトータルケアをあらゆる方面から探り、健康へのアドバイスを行っております。もっと言うなら人生を生きる喜びを思い出して欲しいとそう思っております。

福岡県久留米市・筑後・八女・佐賀県鳥栖市にお住まいの方、東京都を初め関東近隣にお住いの方で病院でも治らず、もしくは病院に相談する内容でもないようなことでお困りの方は、4万人を超える臨床経験がありますので、安心してあなたのお悩みをお聞かせ下さい。

なお、電話、メール、コメントでの症状に関するご相談には応じておりませんので、ご理解のほどをよろしくお願い致します。

あなたと出会い、笑顔を取り戻してくださる日を心より楽しみにしております。