東京営業日バナー

東京営業日バナー

繰り返す圧迫骨折と腰の痛みで不安なら知っておいて欲しいこと

5月 11, 2018

さ~て、今回ご紹介する症例は、

8年前に圧迫骨折をして
その3年後にまた圧迫骨折をして
今は寝返りするのも痛くて
また圧迫骨折をするんじゃないか?
と不安な毎日を過ごす60代女性

が診察でお見えになる内容です。

気になっているあなたは
是非読んでくださいね!

こんにちは。

「家庭の医学 in 久留米」
を運営している
福岡県久留米市と東京都中央区で
病院では治らない症状を改善しまくる
トータルケア太陽の中尾和人です。

さて、
今回の「家庭の医学 in 久留米」
「繰り返す圧迫骨折と腰の痛み」
というテーマでお届けいたしますね。

繰り返して圧迫骨折をして治療後に
腰が痛くて不安な毎日を送ってる方の
お役に立てるのではないか思います。

【繰り返す圧迫骨折と腰の痛み】

私:
「こんにちは。
今日はどんなことでお悩みですか?」

圧迫骨折と腰の痛みに悩む患者様:
「腰が痛いんです。」

私:
「腰が痛いんですね?
いつから腰は痛いんですか?」

圧迫骨折と腰の痛みに悩む患者様:
「私、圧迫骨折してるんです。」

私:
「あ~圧迫骨折ですか?
痛かったでしょうね~。」

圧迫骨折と腰の痛みに悩む患者様:
「はい。それはもう!」

私:
「それはいつ位の話ですか?」

圧迫骨折と腰の痛みに悩む患者様:
「一回目は8年くらい前に?」

私:
「ん?一回目は?というと?」

圧迫骨折と腰の痛みに悩む患者様:
「あっ?圧迫骨折は二回してます。」

私:
「えっ?何でですか?若いのに?
そんなに無理してるのかな?」

圧迫骨折と腰の痛みに悩む患者様:
「本当ですよ?もう…。」

私:
「8年前の一回目は
どんなことしてて折れたんですか?」

圧迫骨折と腰の痛みに悩む患者様:
「漬物石を運んでいたんです。
重たいのに何個も何個も運んだのが
よくなかったじゃないかな?」

私:
「漬物石を持った時に
グキッてなったんですか?」

圧迫骨折と腰の痛みに悩む患者様:
「それが違うんです。
その日はよかったけど、朝起きて
顔を洗おうとして、下を向いたら
ズキ~ンとした痛みが走って
もう動けなくなってしまって
そのまま入院ですよ。」

私:
「なるほど。それで二回目は?」

圧迫骨折と腰の痛みに悩む患者様:
「二回目はテニスをしていて
スマッシュを空振りした時に
またズキ~ンって痛みが走って…。」

私:
「ズキ~ンって(笑)
あっ?すいません。
笑い事じゃないですよね。」

圧迫骨折と腰の痛みに悩む患者様:
「そうですよ。
本当に今はもう寝がえりをするのが
辛くなってしまってですね。」

私:
「えっ?二回目は5年前ですよね?」

圧迫骨折と腰の痛みに悩む患者様:
「そうなんですけどね。
でも、寝返りの時とかに同じような
痛みが走るし、急には動けないし
またいつ骨折するかもしれない
という恐怖で用心してます。」

私:
「圧迫骨折の折れている時の
痛みは独特ですもんね?
ズ~ンって、拡がっていくみたいな
あれが染みついてるんですね。」

圧迫骨折と腰の痛みに悩む患者様:
「そうです。圧迫骨折になろう
としているんじゃないかな?って
怖くて仕方ないんです。
こんなんじゃなかったんだけどね。」

私:
「こんなんじゃなかったって?」

圧迫骨折と腰の痛みに悩む患者様:
「いや、私、体育の教員やってて
体動かすのはすごく好きだったし
得意だったんですけどね…。」

私:
「そうですか。へえ~。
でっ、どこに痛みが走るんですか?」

圧迫骨折と腰の痛みに悩む患者様:
「背中というか腰全体というか…。」

私:
「ふ~ん、なるほど。
ところで今、座ってますけど
その時に背中というか腰というか
痛みはあるんですか?」

圧迫骨折と腰の痛みに悩む患者様:
「えっ?今ですか?」

私:
「はい。そうです。
もしくは、座った状態で
捻ってみて痛みがあるか?」

圧迫骨折と腰の痛みに悩む患者様:
「いえ、それはないですけどね。
とにかく寝返りとか寝る時に
痛みがひどくてですね。」

私:
「昔、ぎっくり腰をした事は?」

圧迫骨折と腰の痛みに悩む患者様:
「昔、いつだったかな?
24歳時だったかな~?
ひどいやつを一度してます。」

私:
「その後は腰は痛くなかった?」

圧迫骨折と腰の痛みに悩む患者様:
「いや、腰は元々、悪くて
ずっと痛みはありましたよ。」

私:
「ふ~ん。大体わかりました。」

圧迫骨折と腰の痛みに悩む患者様:
「そうですか。
よろしくお願いします。」

私:
「あの~驚くかもしれないけど
それ圧迫骨折と関係ないです。」

圧迫骨折と腰の痛みに悩む患者様:
「えっ?関係ない???」

私:
「いや、あの~圧迫骨折になろう
としている寸前の痛みではない
という意味ですよ。」

圧迫骨折と腰の痛みに悩む患者様:
「圧迫骨折になろうとしていて
こんなに痛いんじゃないんですか?」

私:
「今の痛みは圧迫骨折になろうして
出ている痛みではないということ
圧迫骨折はした時に痛いですから」

圧迫骨折と腰の痛みに悩む患者様:
「ん?どういうことですか?」

私:
「折れようとしているから
腰が痛いんじゃないんです。」

圧迫骨折と腰の痛みに悩む患者様:
「えっ?そうなんですか?」

私:
「うん。違うと思います。」

圧迫骨折と腰の痛みに悩む患者様:
「え~???」

私:
「これはふたつの要因があると
私は仮説を立てていますので
それを調べてから診てみますね。」

圧迫骨折と腰の痛みに悩む患者様:
「はい。よろしくお願いします。」

検査中

私:
「はい。やっぱりそうです。
今、寝返りの時に痛いって言うのは
仙骨の引張りから来ているのが一つ

もうひとつ骨折したところについてる
小さい筋肉が固まってしまっている
ので、それが動きを制限している

だから、全体として腰と背中に
痛みが出てきていると診た方が
自然なんだと思います。」

圧迫骨折と腰の痛みに悩む患者様:
「でっ、治りますかね~?」

私:
「まあ、調整してみましょう?
多分、大丈夫だと思いますけど。」

圧迫骨折と腰の痛みに悩む患者様:
「はい。お願いします。」

調整中

私:
「はい。いいですよ。
寝返りをして下さい。」

圧迫骨折と腰の痛みに悩む患者様:
「えっ?寝返り?痛いですよ?」

私:
「今、調整してみましたから
やってみてください?」

圧迫骨折と腰の痛みに悩む患者様:
「えっ?調整?」

私:
「まあ、いいから寝返り?」

圧迫骨折と腰の痛みに悩む患者様:
「あっ?はい。」

寝返り中

圧迫骨折と腰の痛みに悩む患者様:
「えっ?えっ?痛くないかも?
えっ?反対もいいんですか?」

私:
「どうぞ?」

圧迫骨折と腰の痛みに悩む患者様:
「えっ?本当に痛くないかも?
何で?嫌だ?すごい?」

私:
「いいですか?
じゃあ仰向けから起きてください?」

圧迫骨折と腰の痛みに悩む患者様:
「えっ?仰向けから?
出来るかな?怖いんですけど?」

私:
「出来るかやってみないと?」

圧迫骨折と腰の痛みに悩む患者様:
「はい。あ~できる。できます。
すごい。すごい嬉しい。」

私:
「よかったですね。」

圧迫骨折と腰の痛みに悩む患者様:
「こんな動きしたの何年ぶりかしら?
もう本当にうれしいです~。」

と、ここまでが、患者様と
私との問診のやり取りです。

圧迫骨折

圧迫骨折をしたことがある方は
わかると思いますが、相当に痛い。

しかも、場合によっては痛くて
動けない日が続くことがあるので
年齢を重ねていると足腰が弱くなる
という二次被害まで出てきます。

さて、この方が寝返りがしづらく
なっていた痛みの原因は?

圧迫骨折になろとしていた?

違います。

単に骨盤の歪みから生じたもの

昔、ぎっくり腰をしていた

その後も腰痛に悩まされていた

以上のことを踏まえると
容易に察しがつくことだと思います。

ただ圧迫骨折という痛みの強さと
それが続いたために再発の恐怖が
圧迫骨折になるのではないか?

そう思わせていたようです。

そもそもこの方は61歳にも関わらず
なぜ?二度も圧迫骨折になったのか?

それは痛みを生じさせている骨盤が
歪んでいて、そのために上半身を
支えられる状態になってないから

だから

ある腰骨に負荷がかかって折れる。

だけど

安静にしていれば、骨は治る

でも、負荷がかかっている
身体の構造は全く変わっていない。

だから、別のところがまた骨折する。

これを繰り返していたのです。

また、悪いことに寝返りの痛みを
作る要素がたくさんありました。

その1つは
圧迫骨折になって身体を動かせない
期間があったこと。

その時から骨折した周辺の筋肉が
もろくなった骨を守るために一斉に
硬くなってボディガードをしたため
腰骨の動きが悪くなってしまった。

2つ目は二度目の圧迫骨折をした時に
三度目が来るのではないか?という
恐怖から身体の使い方が変わった事

用心して自分ではよかれと思って
やっていた身体の動きだったけど
私からすると身体が動きにくくなる
変な体の使い方をしていたわけです。

それにより
ますます症状は悪化していました。

このように少し複雑に要素が絡み合い
寝返りしづらい状態になっていた。

これがこの症状の主な原因です。

今回は簡単にうまくいきましたけど
もちろん、実際には少し時間がかかる
場合もあるし、色々あります。

大事な事は
なぜ?その症状が起きているのか?
ということを知ることが大切です。

そして

治っていないのなら見方が間違って
いるという認識を持てるといいかも
しれないですね。

楽になっているならいいですけど
それが一向に変わっていないなら
それは間違っているかもしれません。

今回のようにいくとは限りませんが
回復させる方向性というのは絶対
とは言いませんが、あるはずです。

ぜひとも探してみて下さい。

人の身体は複雑で繋がっています。
ですが、わかれば単純です。

ぜひとも圧迫骨折だからと諦めないで
楽しく生活を送っていただければと
本当に思います。

さて、
今回の「家庭の医学 in 久留米」
「繰り返す圧迫骨折と腰の痛み」
というテーマでお届けいたしました。

同じようなご経験でお悩みのあなた!
病院では治らない症状に対する対応力
を徹底的に高めた当院へお越し下さい。

予約先

当院は、病院では治らない症状でお悩みのたくさんの方にご来院いただいております。身体の構造を解剖的観点から論理的にアプローチするのはもちろん、心が身体に及ぼしているものをセッションを通して、または栄養面から診たりと、その方にあったトータルケアをあらゆる方面から探り、健康へのアドバイスを行っております。もっと言うなら人生を生きる喜びを思い出して欲しいとそう思っております。

福岡県久留米市・筑後・八女・佐賀県鳥栖市にお住まいの方、東京都を初め関東近隣にお住いの方で病院でも治らず、もしくは病院に相談する内容でもないようなことでお困りの方は、4万人を超える臨床経験がありますので、安心してあなたのお悩みをお聞かせ下さい。

なお、電話、メール、コメントでの症状に関するご相談には応じておりませんので、ご理解のほどをよろしくお願い致します。

あなたと出会い、笑顔を取り戻してくださる日を心より楽しみにしております。