旦那の介護と腰の痛みと、一生懸命さのもたらすものとは?


さ~て、今回ご紹介する症例は、

旦那さんの介護をするようになって
腰から足に引きつったような痛みが
出るようになった60代女性の心の
葛藤と介護のひとつのあり方が
見える内容です。

気になっているあなたは
是非読んでくださいね!

旦那の介護

こんにちは。

「家庭の医学 in 久留米」
を運営している
トータルケア太陽(福岡県久留米市)
心身療法士の中尾和人です。

さて、
今回の「家庭の医学 in 久留米」
「旦那の介護」
というテーマでお届けいたしますね。

同じように一生懸命に旦那さんの介護
をしている方に参考になれば幸いです。

福岡県久留米市の整体師が診た!
【旦那の介護と心身の関係】

問診自分

私:
「こんにちは。
今日はどんな風にありますか?」

旦那さんの介護をする患者様:
「はい。
腰から足に痛みがあるんです。」

私:
「どんな痛みですか?」

旦那さんの介護をする患者様:
「筋肉が引きつったような痛みと
いうのでしょうかね~?」

私:
「引きつったようなですね~。」

旦那さんの介護をする患者様:
「あの~MRIの画像を持ってきて
ますので、診てもらえますか?」

私:
「あっ。そうですか。
ぜひ、診せて下さい。」

確認中

私:
「あ~なるほど~
ヘルニアがあるんですね?」

旦那さんの介護をする患者様:
「ヘルニア?病院の先生からは
すべり症と言われました。」

私:
「確かにすべってますね。」

旦那さんの介護をする患者様:
「あ~そうですか?
私にはよくわからないんですよ。」

画像の説明中

旦那さんの介護をする患者様:
「なるほどですね~。」

私:
「痛くなったのはいつからですか?」

旦那さんの介護をする患者様:
「2~3年前から段々と痛みが出る
ようになって、一年半、針灸に
一日おきに通いました。」

私:
「あ~結構通ったんですね~?」

旦那さんの介護をする患者様:
「そうですね~。昔、20代の頃に
膝が痛くなった時にも針灸にだいぶ
通って、自然と良くなったものです
から、信じて通いました。」

私:
「2~3年前から痛くなったって
言われていましたけど、痛みが出た
何かきっかけとかはあるんですか?」

旦那さんの介護をする患者様:
「主人の介護をしているんです。」

私:
「あ~それは大変ですね。」

旦那さんの介護をする患者様:
「あっいえ。半身不随でずっと
つきっきりで、食事もトイレも
全部、介護が必要なので、それで
腰に来ているのかな?と…。」

私:
「なるほどですね。じゃあちょっと
体の具合を検査してみましょうか?」

旦那さんの介護をする患者様:
「はい。お願いします。」

検査中

私:
「万歳してみて下さい。」

旦那さんの介護をする患者様:
「万歳ですか?はい。」

私:
「ちょっと引っ張りますよ。
肩は痛いとかないですね?」

旦那さんの介護をする患者様:
「はい。大丈夫です。」

私:
「ほら?左の手がこんなに
短くなってしまってるでしょう?」

旦那さんの介護をする患者様:
「あら?本当ですね?」

私:
「これは見かけ上、そう見えるだけで
本当の手の長さはこんなには違うはず
はないですよね?胸の前で合わせると
普通になるでしょう?」

旦那さんの介護をする患者様:
「あ~本当ですね。」

私:
「これは肩の関節を動かせる範囲は
水平よりもちょっと上のここらへん
なんですけど、それ以上はお腹の方の
筋肉が伸びてこないと万歳はできない
んですよ。」

腕が挙がらない原因

旦那さんの介護をする患者様:
「あ~なるほど。」

私:
「だから、このお腹の中の筋肉が
緊張し過ぎているために
万歳ができないだけじゃなくて
このすべり症の原因にもつながって
きているわけですよ。」

大腰筋

旦那さんの介護をする患者様:
「すべり症にですか?」

私:
「この筋肉が緊張すると
こういう風に腰の骨を引っ張る力が
かかるから、すべり症になります。」

すべり症の原因

旦那さんの介護をする患者様:
「あ~なるほど。」

私:
「そして、ダルマ落としみたいに
腰の骨が滑って、右側の神経に
影響して、右の腰から足の痛みが
出ているということになるんです。」

旦那さんの介護をする患者様:
「あ~そういうことですか~。
主人の介護をしているときに
していることが関係してますか?」

私:
「ご主人はいつもどちらにいます?」

旦那さんの介護をする患者様:
「え~と主人の介護は、
いつも主人の左側からしています。」

私:
「あ~そうでしょう。
だから左のこの筋肉が緊張する
ということになるんでしょうね。」

旦那さんの介護をする患者様:
「じゃあ、これを気を付ける方法は
なんかありますか?」

私:
「まあ、ありますけど、とりあえず
この筋肉の緊張を私が取りますから
何回か来てもらって、様子をみる
ようにしてみませんか?」

旦那さんの介護をする患者様:
「そうですよね。一度ではですね。」

私:
「じゃあ、調整しておきましょう。」

旦那さんの介護をする患者様:
「はい。私、すごく冷え性で
何枚もズボンをはいているんです
けど、脱いだ方がいいですか?」

私:
「いえ、そのままでいいですよ。」

施術中

私:
「これは調整をしておきました。」

旦那さんの介護をする患者様:
「ありがとうございます。」

私:
「少しお時間をいいですか?」

旦那さんの介護をする患者様:
「はい。何でしょうか?

私:
「ちょっとお見えになった時から
気になることがあるんです。」

旦那さんの介護をする患者様:
「えっ?何かありますか?」

私:
「う~ん。あの~
頭蓋骨のおでこのところが全然
動いてないんですよね~。」

旦那さんの介護をする患者様:
「えっ?頭蓋骨がですか?」

私:
「う~ん。ちょっとこれはダメ
なんですよ~。」

旦那さんの介護をする患者様:
「ダメ???何がですか?」

私:
「余りに張り詰めすぎていて
頭に血が上っているんです。
このままだとちょっと良くない
と思うので、調整させて下さい。」

旦那さんの介護をする患者様:
「えっ?あっ?はい。」

調整中

私:
「ちょっといいづらいけどですね。
旦那さんの介護を一生懸命にしたいし
悔いのないようにすることは
とても大切だというのは
よくわかるんです。

けど、一生懸命にやりすぎ
じゃないかな~と思います。

なんか~、この時間に、こうして、
この時間になったら、こうして
という具合に決めてるでしょう?」

旦那さんの介護をする患者様:
「えっ?はい。決めてます。」

私:
「120%でやっているようなので
腰のことも考えて、今の60%まで
落として旦那さんの介護をされて
いいと思いますよ。」

旦那さんの介護をする患者様:
「あ~。すぐに
120%でやっちゃうんです。」

私:
「すぐにはできなくても
少しづつ落としていったら
どうですか?」

旦那さんの介護をする患者様:
「そうですね~。う~ん。」

私:
「もっというなら、別に旦那さんが
半身不随になったのはあなたのせい
ではないし、旦那さんの介護だけを
するためにあなたは生きているわけ
ではないはずですよ。」

旦那さんの介護をする患者様:
「・・・・・・涙」

私:
「もっと自分の時間を持っても
全然大丈夫だと思いますよ。」

旦那さんの介護をする患者様:
「・・・・・・涙」

私:
「そうやって涙が出るということは
心の中にある一生懸命に気丈にして
見えないようにしている想いがある
はずだと思いますよ。」

旦那さんの介護をする患者様:
「はい。自分ではお茶会とかもして
おしゃべりしてですね~。
いたつもりだったんですけど…。」

私:
「それはとってもいいことですね。」

旦那さんの介護をする患者様:
「孫がいるんですけど、
孫に会いたいな~と思っても
やっぱり主人を置いては…。」

私:
「いいですよ。
会ってきてあげてください。
待っていると思いますよ。」

旦那さんの介護をする患者様:
「いいですかね~?」

私:
「大丈夫ですよ。
そうじゃないと
あなたも壊れてしまいますよ。
そうなると元も子もないから。」

旦那さんの介護をする患者様:
「あ~本当、そうですよね。」

私:
「とりあえず120%を
90%にでも落としましょう?

旦那さんの介護をする患者様:」
「はい。がんばります。
あっ?(笑)」

私:
「(笑)。ほら、手がこんなに温かく
なってきたじゃないですか?」

旦那さんの介護をする患者様:
「あら?本当だ。(笑)」

と、ここまでが、患者様と
私との問診のやり取りです。

この方は旦那さんの介護を本当に
献身的にされていると思います。

でも、120%でしていたことで
肉体的にも脳機能的にも、
張り詰めていたようでした。

介護の辛さはやったことがある人しか
わからない処があると思います。

でも、確実も身体は悲鳴を上げて
いるということはわかりました。

あんまり考えて、張り詰めていたため
脳に血が集まり、体が冷えてました。

このまま脳に血が集まり、全身の
血流が悪いままだと、何かしら
身体に悪影響が出てきてしまう
ことは間違いありません。

それでは、元も子もないです。

ですから、少し自分の時間を
取るということに罪悪感なく
何気なく取ってもらいたいです。

この話を嫁さんにしたら
子育てしている私と一緒だと
言っていました。

そんな風な思いをしているんだ。
世話をかけているな?と思い
感謝の念が込み上げてきたものです。

この旦那さんもそう思っている
じゃないかな?と思います。

そう思いたいものです。

さて、
今回の「家庭の医学 in 久留米」
「旦那の介護」
というテーマでお届けいたしました。

同じようなご経験でお悩みのあなた!
是非、痛みの原因発見と解決の当院へ
ご連絡下さい。

予約先

当院は、カイロプラクティック、整体、カウンセリングなどを
融合させた徹底的に解剖学に基づいた独自の施術態勢を取って
おります。

福岡県久留米市・筑後・八女・佐賀県鳥栖市にお住まいの方で
病院でも治らず、いい整体・カイロプラクティックをお探しの方、
当院はその枠に留まらずにあなたの健康を支える方法を
アドバイスしております。

4万人の臨床経験をありますので、
安心してあなたのお悩みをお聞かせ下さい。