大阪施術バナー

大阪施術バナー

腰の痛みが教えてくれる過去の心の傷との清算時期!?


さ~て、今回ご紹介する症例は、

一年前から腰の左側に鈍痛があり
治療に行くも全然改善しないという
久留米市在住の50代女性

が診察でお見えになる内容です。

気になっているあなたは
是非読んでくださいね!

腰の痛み

こんにちは。

「家庭の医学 in 久留米」
を運営している
トータルケア太陽(福岡県久留米市)
心身療法士の中尾和人です。

さて、
今回の「家庭の医学 in 久留米」
「腰の痛みと過去の心の傷」
というテーマでお届けいたしますね。

同じようにずっと消えない腰の鈍痛が
ある方のお役に立てるのではないか
と思います。

福岡県久留米市の整体師が診た!
【腰の痛みと過去の心の傷について】

問診自分

私:
「こんにちは。
今日はどうされましたか?」

腰の痛みのある患者様:
「左の腰が痛いんです。」

私:
「左の腰がですか?
いつから腰は痛いんですか?」

腰の痛みのある患者様:
「一年くらい前からです。」

私:
「一年も前からですか?
辛いですね?病院は?」

腰の痛みのある患者様:
「行きました。
レントゲンでは異常はないと
言われて、湿布張ったりしてます。」

私:
「腰が痛いといっても
どんな風に痛いですか?」

腰の痛みのある患者様:
「どんな風に?と言われても…。」

私:
「例えば、こんな動作が痛いとか?
捩じるとか立つ時とか反るととか?
なんかありませんか?」

腰の痛みのある患者様:
「いや!こうやって座っている時も
左の腰のところに鈍痛があります。」

私:
「座っている時も…ということは
立っていても、何をしていても
左の腰のところに鈍痛があると
いうことですか?」

腰の痛みのある患者様:
「そうです。ずっとです。」

私:
「内臓はどうもないんですよね?」

腰の痛みのある患者様:
「内臓ですか?
検査では別に言われたことはない
ですけど、胃の薬を飲んでます。」

私:
「何で胃の薬なんですか?」

腰の痛みのある患者様:
「逆流性食道炎なんです。」

私:
「それはいつから?」

腰の痛みのある患者様:
「今年の四月になりました。」

私:
「4月からですね。今、お仕事は?」

腰の痛みのある患者様:
「6月まではしていましたが
今はしていません。」

私:
「その仕事はどんな内容ですか?」

腰の痛みのある患者様:
「家政婦みたいなものです。」

私:
「そんなに重労働ではないですね?」

腰の痛みのある患者様:
「はい。別に。」

私:
「その仕事は何年していました?」

腰の痛みのある患者様:
「5年ほどですかね~。」

私:
「なるほど~。
一年前に腰が痛くなった時に
何かありませんでしたか?」

腰の痛みのある患者様:
「痛くなった原因ですか~?
う~ん。特に思い当たることが
ないんですよね~。」

私:
「いやいや!
腰が痛くなった原因ではなくて
その時に嫌なことがなかったか?
ということを聞いてるんです。」

腰の痛みのある患者様:
「嫌な事?何でですか?」

私:
「いや!本当に
嫌なことがなかったですか?」

腰の痛みのある患者様:
「え~。
・・・ありました。」

私:
「それを話してください。」

腰の痛みのある患者様:
「え~。いや~あの~。
そこの家の子が三人いてですね。
二番目の子に彼氏が出来たんです。

その彼が居候するようになって
居候のなのに、私が作る食事が
どうだのこうだの言いだして

何かそれがすごく嫌だったんです。」

私:
「あ~なるほど~。
それで辞めたんですね?」

腰の痛みのある患者様:
「はい。
もうお世話になっていたのに
申し訳ないんですけどね~。」

私:
「兄弟はいるんですか?」

腰の痛みのある患者様:
「兄がいます。」

私:
「お兄さんはどうしています。」

腰の痛みのある患者様:
「どうしていますって?
出世しています。」

私:
「そのお兄さんとは
仲がいいですか?」

腰の痛みのある患者様:
「えっ?兄とですか?
えっ?何でですか?」

私:
「お兄さんとは仲がいいですか?」

腰の痛みのある患者様:
「え~?なんですか~?先生~?」

私:
「お兄さんにはどんな気持ちを
持っているのですか?」

腰の痛みのある患者様:
「先生~。嫌だ~。(涙)」

涙を流している最中

腰の痛みのある患者様:
「兄は私と母親のことを馬鹿にして
いて、馬鹿にするだけではなくて
全然、家にも寄り付かないんです。」

私:
「なるほどね。
お父さんはどうしているんですか?」

腰の痛みのある患者様:
「13年前に亡くなりました。」

私:
「どんなお父さんでした?」

腰の痛みのある患者様:
「え~?またですか~?先生~?」

私:
「どんなお父さんでした?」

腰の痛みのある患者様:
「父にとっては躾だったんだ
と思います。」

私:
「なるほど。それ以上はいいですよ。
それで、今、腰は痛いんですか?」

腰の痛みのある患者様:
「えっ?腰?痛くないです。」

私:
「ねっ?痛くないでしょ?」

腰の痛みのある患者様:
「どういうこと?」

私:
「その腰の痛みは脳が作り出したもの
もっと言うと、神様が教えてくれた
心の傷を癒しなさいということ」

腰の痛みのある患者様:
「え~?」

私:
「もうそろそろ、そういう想いも
清算できる齢になったんじゃない
ですか?」

腰の痛みのある患者様:
「そうですよね。
私、すごい嫌な人間ですよね?」

私:
「いや!?普通ですよ。大丈夫!」

腰の痛みのある患者様:
「そうですか~?」

私:
「生きていたら色々とありますよ。」

腰の痛みのある患者様:
「うん!そうですよね。」

と、ここまでが、患者様と
私との問診のやり取りです。

この方の腰の痛みは
何もしていなくても、ずっと感じる
鈍痛という少し不思議な症状でした。

でも、器質的な面からはそうでも
気質的な面からすると、充分に
理解できるところがあります。

もちろん解剖的にも後から
理屈はつけられるのですが…。

簡単に言うと、消化できていない
感情や想いというものは簡単に
症状を作り出すという事です。

この方のようにお父さんから始まる
男性への嫌悪感という奥に潜む
感情というものを手放す赦すことで
腰の痛みは無くなってしまいます。

そのためにも、まずはその存在に
気付かなければいけません。

普段はいい家族を、いい人間関係を
良い人でなければいけないという
ペルソナをもって生きていますので
なかなか表面化してきません。

この方は少々、辛かったですが
自己を見つめるいい機会になられた
ようだったので、よかったです。

さて、
今回の「家庭の医学 in 久留米」
「腰の痛みと過去の心の傷」
というテーマでお届けいたしました。

同じように原因がわからない症状を
持っている方は、同じようなことが
原因なのかもしれませんよ!

同じようなご経験でお悩みのあなた!
是非、痛みの原因発見と解決の当院へ
ご連絡下さい。

予約先

当院は、カイロプラクティック、整体、カウンセリングなどを
融合させた徹底的に解剖学に基づいた独自の施術態勢を取って
おります。

福岡県久留米市・筑後・八女・佐賀県鳥栖市にお住まいの方で
病院でも治らず、いい整体・カイロプラクティックをお探しの方、
当院はその枠に留まらずにあなたの健康を支える方法を
アドバイスしております。

4万人の臨床経験をありますので、
安心してあなたのお悩みをお聞かせ下さい。