大阪施術バナー

大阪施術バナー

医者に質問して、きちんと答えてくれないなら?

5月 11, 2018


さ~て、今回ご紹介する症例は、

自分の症状のことを医者に質問しても、
きちんと答えてもらえず挙句の果てに怒られた
という久留米市在住の60代女性

が診察でお見えになる内容です。

気になっているあなたは是非読んでくださいね!

医者に質問

こんにちは。

「家庭の医学 in 久留米」を運営している
トータルケア太陽(福岡県久留米市)
心身療法士の中尾和人です。

さて、今回の「家庭の医学 in 久留米」
「医者に質問すること」
というテーマでお届けいたしますね。

同じように自分症状について医者に質問したい方の
お役に立てるのではないか思います。

福岡県久留米市の整体師が診た!
【医者に質問することについて】

この患者様は、お尻の痛みを抱えていて
病院では股関節の痛みということで、股関節の手術を
勧められていて、迷っていたところで当院を受診され
私は腰からきているから、もう一度よく診てもらう
ことを勧めていたという経緯があった後の話です。

問診自分

福岡県久留米市の整体師:
「こんにちは。どんなでしたか?」

医者に質問したい患者様:
「それが違う先生に診てもらおうとして、
病院に行って、違う先生に診てもらいたいと
伝えたのに、同じ先生が出てきて、

この前、説明したでしょ?

と言われて、なんか怒られたみたいになって
なんか腹が立ったから、院長先生が知り合いだったから
直接、言ったら、その先生がすぐに出てきて
えらい丁寧になってからですね。

何やろうか~?という感じですね~。」

福岡県久留米市の整体師:
「でっ、腰のMRIは撮ってもらったんですか?」

医者に質問したい患者様:
「それが撮ってくれんとですよ。

そんなことはありません。
これは股関節から痛みが来てます。

そう言って、帰されたんですよ。」

福岡県久留米市の整体師:
「じゃあ、別の病院に行きましょう?」

医者に質問したい患者様:
「どこに?行ったらいいですかね?」

福岡県久留米市の整体師:
「大学病院で改めて診てもらったら?
その時にこうやって症状を伝えないかんですよ。」

・・・・・

医者に質問したい患者様:
「なるほど…わかりました。」

数日後

医者に質問したい患者様:
「行ってきましたよ。先生。」

福岡県久留米市の整体師:
「どうでしたか?」

医者に質問したい患者様:
「脊柱管狭窄症と言われました。」

福岡県久留米市の整体師:
「ほうら?やっぱりね?」

医者に質問したい患者様:
「どれくらい刺さってるそうですか?」

刺さってるというか、かなり神経には当たってる
けど、注射で様子を見ましょう!ということでした。」

福岡県久留米市の整体師:
「なるほど、これで股関節ではないか?という
不安は消えましたね。これからはそういう方面で
少し良くなるように並行してやっていきましょう!」

医者に質問したい患者様:
「はい。ありがとうございます。」

と、ここまでが、患者様と私との問診のやり取りです。

こんな風に医者に質問をするときに思うように
質問をできないという方はかなり多いです。

質問をする雰囲気ではないところもあるし

医者に質問をすると、怒られる

けんか腰で言われて、びっくりした

こんな話はよく聞く話です。

ですが、私は声を大にして言いたいです。

気の済むまで質問して下さい。

簡潔にわかりやすく状態を
説明をするのが私たちの務めです。

決して、楽観的に説明するのではなく
考えうる事態をそのまま伝える必要があるのです。

ですから、みなさんは遠慮することなく
どんどん質問すればいいと思います。

ただ、質問をするということと
自分の治りたい思いをぶつけることは違いますから
そこは誤解のないように。

さて、今回の「家庭の医学 in 久留米」
「医者に質問するということ」
というテーマでお届けいたしました。

同じように医者に質問をしたいと感じている方は
思うぞ存分に質問をしてくださいね。

同じようなご経験でお悩みのあなた!
是非、痛みの原因発見と解決の当院へご連絡下さい。

予約先

当院は、病院では治らない症状でお悩みのたくさんの方にご来院いただいております。身体の構造を解剖的観点から論理的にアプローチするのはもちろん、心が身体に及ぼしているものをセッションを通して、または栄養面から診たりと、その方にあったトータルケアをあらゆる方面から探り、健康へのアドバイスを行っております。もっと言うなら人生を生きる喜びを思い出して欲しいとそう思っております。

福岡県久留米市・筑後・八女・佐賀県鳥栖市にお住まいの方、東京都を初め関東近隣にお住いの方で病院でも治らず、もしくは病院に相談する内容でもないようなことでお困りの方は、4万人を超える臨床経験がありますので、安心してあなたのお悩みをお聞かせ下さい。

なお、電話、メール、コメントでの症状に関するご相談には応じておりませんので、ご理解のほどをよろしくお願い致します。

あなたと出会い、笑顔を取り戻してくださる日を心より楽しみにしております。