東京営業日バナー

東京営業日バナー

階段を降りるとき膝が痛いのは、膝が悪いのではない!?

5月 11, 2018


さ~て、今回ご紹介する症例は、

今まで病気すらした事がなかったのに
階段を降りるとき膝が痛くなり、落ち込んでいる女性
が佐賀県神埼市から診察でお見えになる内容です。

気になっているあなたは是非読んでくださいね!

膝の痛み

こんにちは。

「家庭の医学 in 久留米」を運営している
トータルケア太陽(福岡県久留米市)
心身療法士の中尾和人です。

さて、今回の「家庭の医学 in 久留米」
「階段を降りるとき膝が痛い」
というテーマでお届けいたしますね。

同じように階段を降りるとき膝に痛みを感じている方の
お役に立てるのではないか思います。

福岡県久留米市の整体師が診た!
【階段を降りるとき膝が痛い理由について】

問診自分

福岡県久留米市の整体師:
「こんにちは。今日はどうされましたか?」

階段を降りるとき膝が痛い患者様:
「膝が痛くてですね。」

福岡県久留米市の整体師:
「いつから膝は痛いんですか?」

階段を降りるとき膝が痛い患者様:
「今年の初め頃から段々と痛くなってきてですね。」

福岡県久留米市の整体師:
「病院は行かれたんですか?」

階段を降りるとき膝が痛い患者様:
「いや行ってません。好かんですもん。」

福岡県久留米市の整体師:
「そうですか。では、どういう時に膝は痛いんですか?」

階段を降りるとき膝が痛い患者様:
「歩く時も少しは痛いですけど、階段を降りるとき
膝が痛くて、一段づつしか階段を降りれません。」

福岡県久留米市の整体師:
「膝は曲げるのは、どうですか?」

階段を降りるとき膝が痛い患者様:
「膝は曲がりません。正座ができないです。」

福岡県久留米市の整体師:
「正座をしたいんですか?」

階段を降りるとき膝が痛い患者様:
「はい。仏様の前に座ったりする時にですね。」

福岡県久留米市の整体師:
「なるほど、左の膝が痛いんでしょう?」

階段を降りるとき膝が痛い患者様:
「はい。左の膝が痛いです。」

福岡県久留米市の整体師:
「見た目から少しおかしいですね。
早速、ちょっと診てみましょうか?」

階段を降りるとき膝が痛い患者様:
「はい。どうしたらいいですか?」

福岡県久留米市の整体師:
「ここのベットに上向きに寝て下さい。」

検査中

福岡県久留米市の整体師:
「曲がるのは、曲がるようですけどね。
膝に水が溜まっているようです。」

階段を降りるとき膝が痛い患者様:
「やっぱりそうですか?
何か熱を持っていたと思ってはいました。
あ~やっぱりそうですか~。」

福岡県久留米市の整体師:
「今は膝の皿の上に水が溜まっていますけど
多分、初めは膝の皿の下の外側が痛かったんじゃ?」

階段を降りるとき膝が痛い患者様:
「そうです。初めはそこが痛かったです。」

福岡県久留米市の整体師:
「やっぱりそうですか。
これは骨盤が歪んでいるために
この膝の外側に負担がかかっているようです。
それで水が溜まっているんです。」

水が溜まるのはその負担がかかっている所が炎症を
起こしているからなんですけど、それ以上に
動かせないように体を守るためなんです。

でも、それでも我慢して動いていたために
今度は太ももの裏の筋肉が頑張りすぎているために
階段を降りるときに膝に痛み出ているようです。」

階段を降りるとき膝が痛い患者様:
「あ~そうですか~。」

福岡県久留米市の整体師:
「という説明をしても、なんですから調整しましょうかね?」

階段を降りるとき膝が痛い患者様:
「はい。よろしくお願いします。」

施術中

福岡県久留米市の整体師:
「はい。起きて~、階段の上り下りをしてきて下さい。」

階段を降りるとき膝が痛い患者様:
「えっ?今ですか?」

福岡県久留米市の整体師:
「そうですよ。ベットの上で調整しましたなんて
言われてもよくわかんないでしょう?実際にどうぞ!」

確認中

階段を降りるとき膝が痛い患者様:
「全く痛くないじゃないけど、さっきよりかなりいいです!」

福岡県久留米市の整体師:
「うん。よかった。」

膝に水が溜まっているので、これから冷やしながら
その炎症が起きている部分を回復させながら、骨盤の
歪みを調整していきましょう!

膝に水が溜まっているので、少し長引きますけど
なんとかなりそうですね!がんばりましょう!」

階段を降りるとき膝が痛い患者様:
「はい。よかったです。ありがとうございます。」

と、ここまでが、患者様と私との問診のやり取りです。

この方は病院嫌いで、しかも全然病気をした事がなく
初めてこんなに痛くて、生活に不自由さを感じて
生きる事が辛くなってきているということでした。

この症例も病院ではレントゲンで骨が変形しているから
炎症があるから水が溜まっているという診断を受けて
水を抜いて、ホットパックで温めて、電気を当てる
という治療法が採用された事でしょう。

病院に行くな!とは言いませんが、
なかなか結果がでないのではないか?と思います。

だって、原因が違うから。

見立てがきちんとしていないと痛いばかりか
生きる希望すら失ってしまうことすらあります。

膝の治療は本当にうまくいっていませんね。

私はこの状況を何とかしたいと思っています。

他にも膝の症例をたくさん書いていますので
よろしければご覧下さい。

さて、今回の「家庭の医学 in 久留米」
「階段を降りるとき膝が痛い」
というテーマでお届けいたしました。

同じように階段を降りるとき膝が痛いと感じている方は
骨盤の歪みが原因なのかもしれませんよ。

同じようなご経験でお悩みのあなた!
是非、痛みの原因発見と解決の当院へご連絡下さい。

予約先

当院は、病院では治らない症状でお悩みのたくさんの方にご来院いただいております。身体の構造を解剖的観点から論理的にアプローチするのはもちろん、心が身体に及ぼしているものをセッションを通して、または栄養面から診たりと、その方にあったトータルケアをあらゆる方面から探り、健康へのアドバイスを行っております。もっと言うなら人生を生きる喜びを思い出して欲しいとそう思っております。

福岡県久留米市・筑後・八女・佐賀県鳥栖市にお住まいの方、東京都を初め関東近隣にお住いの方で病院でも治らず、もしくは病院に相談する内容でもないようなことでお困りの方は、4万人を超える臨床経験がありますので、安心してあなたのお悩みをお聞かせ下さい。

なお、電話、メール、コメントでの症状に関するご相談には応じておりませんので、ご理解のほどをよろしくお願い致します。

あなたと出会い、笑顔を取り戻してくださる日を心より楽しみにしております。