大阪施術バナー

大阪施術バナー

脊柱管狭窄症と診断されても、実はもどきが多いんです。

5月 11, 2018

 
さ~て、今回ご紹介する症例は、

10年ほど前から脊柱管狭窄症と診断されて
それ以来ずっと太ももの後ろに痛みを抱えている
久留米市在住の50代女性

が診察でお見えになる内容です。

気になっているあなたは是非読んでくださいね!

脊柱管狭窄症

こんにちは。

「家庭の医学 in 久留米」を運営している
トータルケア太陽(福岡県久留米市)
心身療法士の中尾和人です。

さて、今回の「家庭の医学 in 久留米」
「脊柱管狭窄症の診断されても」
というテーマでお届けいたしますね。

同じように脊柱管狭窄症と診断されている方の
お役に立てるのではないか思います。

福岡県久留米市の整体師が診た!
【脊柱管狭窄症もどきが多いについて】

私:
「こんにちは。今日はどんな風にありますか?」

脊柱管狭窄症と診断された患者様:
「若い時にヘルニアになって手術して、10年前に
脊柱管狭窄症と診断されて、痛みがあります。」

私:
「痛みというのはじっとしていても痛いんですか?」

脊柱管狭窄症と診断された患者様:
「こうしてじっとしているのは痛くはないけど
太ももの裏が硬いという意識はあります。」

私:
「どうした時に痛みが出るとかありますか?」

脊柱管狭窄症と診断された患者様:
「立ったりしゃがんだりする時とか痛いです。」

私:
「しゃがむ時?しゃがむ時にはどこが痛いですか?」

脊柱管狭窄症と診断された患者様:
「腰の真ん中付近のここらへんです。」

私:
「手術してからずっと痛いんですか?」

脊柱管狭窄症と診断された患者様:
「手術をしたのは立てなかったから手術をしたんです。
その痛みは取れていますが、痛いのは痛いし
何よりも太ももの裏側が硬いという感じがしています。」

私:
「硬いという感じなんですね。わかりました。
でっ、脊柱管狭窄症というのは病院では
はっきりとそう診断されたんですか?」

脊柱管狭窄症と診断された患者様:
「そうです。そう言われました。」

私:
「他に何か病気とか手術したことはありますか?」

脊柱管狭窄症と診断された患者様:
「2年前に子宮の全摘と左の足の甲に水が溜まったので
その水を抜く手術をしました。」

私:
「子宮全摘に、足に水ですか~?ふ~ん?
でっ、事故とかに遭うことはありますか?」

脊柱管狭窄症と診断された患者様:
「20歳の頃に追突されて、ひどかったです。」

私:
「ふ~ん、追突ですね~。
結構大変ですね~。色々あるみたいですね。」

脊柱管狭窄症と診断された患者様:
「色々?そうですね。」

私:
「色々とあるけど、まずは腰の痛みをどうにかしてほしい
という希望があることはわかっているんですけど
これが追突された時から始まっているみたいです。」

脊柱管狭窄症と診断された患者様:
「あ~やっぱりひどかったですからね~。」

私:
「それもそうですけど、今は全身の水の流れが悪いです。」

脊柱管狭窄症と診断された患者様:
「あっ?水の流れ?子宮も水が溜まったからなんです。」

私:
「ほら?やっぱり?でも何とかしてみますね。」

脊柱管狭窄症と診断された患者様:
「はい。お願いします。」

私:
「まずは脊柱管狭窄症の症状を診てみましょう!」

脊柱管狭窄症と診断された患者様:
「はい。お願いします。」

施術中

私:
「骨盤が下がっているために、痛みが出ている
みたいですから、そこを調整してます。
立って確認してもらっていいですか?」

脊柱管狭窄症と診断された患者様:
「今?立つんですか?」

私:
「そうですよ。立って、しゃがんだりしてください。」

脊柱管狭窄症と診断された患者様:
「はい。」

確認中

脊柱管狭窄症と診断された患者様:
「あっ?痛いけど、全然動きやすくなりました。
いや、太ももの裏の痛みはありません。
腰のところだけですね。」

私:
「これは脊柱管狭窄症じゃないかもしれませんね。」

脊柱管狭窄症と診断された患者様:
「えっ?そうなんですか?」

私:
「いや?だって、太ももの裏側の痛みが無くなるんでしょ?
本当に骨が神経に当たっているんであればね?」

脊柱管狭窄症と診断された患者様:
「あ~そうですよね?それだったら嬉しいな~。」

私:
「まあ何とかしていきましょう!」

脊柱管狭窄症と診断された患者様:
「はい。お願いします。」

と、ここまでが、患者様と私との問診のやり取りです。

この方はかなり複雑な絡み合った症状です。

ただ、ここで特筆すべきことは
脊柱管狭窄症と診断されている方のかなり多くが
実際にそうではないことが多いということです。

脊柱管狭窄症ではないのに、手術を勧められて
ボルトを入れたりして、取り返しのつかないことに
なっているという残念な現実もあることも事実です。

脊柱管狭窄症もどきの主な原因は骨盤と
下半身の筋肉に
あると臨床経験から感じています。

現にそれで数多くの方が
脊柱管狭窄症もどきの痛みから解放されています。

脊柱管狭窄症と診断されたからと言って
注射や薬や手術だけが回復の手段ではありません。

また、やみくもに腹筋と背筋を鍛える運動すればいい
というわけでもなく、バランスを整えればいいと
いうわけでもありません。

まずはなぜ?
脊柱管狭窄症と言われるような症状が出ているのか?
それをとことん突き止める
ということが大事なんです。

ぜひ、私に診せてみてください。
きっとお役に立てると思います。

さて、今回の「家庭の医学 in 久留米」
「脊柱管狭窄症と診断されても」
というテーマでお届けいたしました。

同じように脊柱管狭窄症と診断された方は
脊柱管狭窄症もどきなのかもしれませんよ!

同じようなご経験でお悩みのあなた!
是非、痛みの原因発見と解決の当院へご連絡下さい。

予約先

当院は、病院では治らない症状でお悩みのたくさんの方にご来院いただいております。身体の構造を解剖的観点から論理的にアプローチするのはもちろん、心が身体に及ぼしているものをセッションを通して、または栄養面から診たりと、その方にあったトータルケアをあらゆる方面から探り、健康へのアドバイスを行っております。もっと言うなら人生を生きる喜びを思い出して欲しいとそう思っております。

福岡県久留米市・筑後・八女・佐賀県鳥栖市にお住まいの方、東京都を初め関東近隣にお住いの方で病院でも治らず、もしくは病院に相談する内容でもないようなことでお困りの方は、4万人を超える臨床経験がありますので、安心してあなたのお悩みをお聞かせ下さい。

なお、電話、メール、コメントでの症状に関するご相談には応じておりませんので、ご理解のほどをよろしくお願い致します。

あなたと出会い、笑顔を取り戻してくださる日を心より楽しみにしております。